« 如臨深淵 如履薄氷 | トップページ | 東下り »

2005/01/05

But a dream.

「こげよマイケル」という歌がありますよね。
キャンプで歌ったことのある方も多いのでは。

Michael,row the boat ashore, Halleluja.

"row the boat"ですから、当然「こげよ」=「漕げよ」となる訳ですが、
漢字も英語も知らない頃「焦げよマイケル」と信じて歌ってました。

マイケル焦がしてどうする。
しかも命令形。


ボートといえば、こんな歌もありますね。
Row, row, row your boat,
Gently down the stream.
Merrily, merrily, merrily, merrily,
Life is but a dream.

高校時代の英語教師曰く、
「ラスト1行の翻訳に、その人の性格が表れます」
みなさん、どんな日本語に訳しますか?

【おすすめ】
 Book 「漂流記の魅力」 吉村 昭
 Music 「モルダウ」(連作交響詩「わが祖国」より) B.スメタナ

|

« 如臨深淵 如履薄氷 | トップページ | 東下り »

コメント

BUT=ONLY
確かに習いました。
習ったうえで、私はこの文章を書いている。

_さま 
あなたにとっては、習ったことがすべてですか?
まあ、それも良し。
でも、それは、貧しい人生ではありませんか?

投稿: りえぞー | 2005/04/22 00:08

この場合、butはonlyのように訳すのでは?「人生はただの夢」と習ったような・・・・

投稿:    | 2005/04/21 20:19

物事のとらえ方は本当に人それぞれなのですね。
ご意見、ありがとうございます。

夢は覚めることで夢とわかります。
が、「今が夢ではない」ということは、どうやったらわかるのか。
考えると、眠れなくなって夢が見られないので、考えないことにしています。

投稿: りえぞー | 2005/04/17 20:49

私は、「人生は夢ではない(実体のあるものだ)」と、今まで固く信じていましたが、訳し方によっては
「人生とは夢(すばらしい希望に満ち溢れている)だ。
Life is nothing but full of wonderful things.」
とか、
「人生はただの夢(一瞬にして過ぎ去る、実体のないもの)だ。
Life is just a dream.」
とか、いろいろ捉え方があるんですね。

投稿: yoshiteru | 2005/04/17 08:38

私は「生きることは、ただ、夢なのです」
としました。
人により、解釈はいろいろ。
それが人生。

投稿: りえぞー | 2005/01/05 22:21

さすがに、リエゾーさんのブログですね(笑)
毎日、楽しく拝読しております。
ところで、ラスト1行の翻訳ですが、『どうせ、人生は夢みたいなものさ!』ではなく、『夢をみているように!』と訳してみましたが・・?

投稿: ジャニーS | 2005/01/05 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/2477999

この記事へのトラックバック一覧です: But a dream.:

« 如臨深淵 如履薄氷 | トップページ | 東下り »