« マッカ ナ ウソ | トップページ | But a dream. »

2005/01/04

如臨深淵 如履薄氷

双子の先輩がいました。
中学生の時。

学年は一つ上。同じ電車通学。
成績優秀。親しみやすい人柄。
高校は二人とも、県立の進学校。
東京の国立大学を経て、揃ってアメリカ留学。

着実にキャリアを積んで、すばらしい人生を送るのだろうと、
誰もが思うような二人でした。

十数年前、何気なく見ていたTVのニュース。
アメリカ国内線の墜落事故。
乗客は全員絶望、とアナウンサー。
映し出された乗客リスト、見覚えのある二人の名前。

一昨年届いた同窓会名簿。
二人の現況欄「死亡」

悼む言葉を見つけられず、
ただ、途切れた二人の道を想った秋の午後。

どんなに輝かしく、華やかに見えても、
人生は深い淵に張った薄氷を踏んでいるようなもの。
いつ割れるか、誰も知らない。

【おすすめ】
 Book 「あなたの人生の物語」 テッド・チャン
 Music 「Tell Me Sister」 中島みゆき

|

« マッカ ナ ウソ | トップページ | But a dream. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/2465311

この記事へのトラックバック一覧です: 如臨深淵 如履薄氷:

« マッカ ナ ウソ | トップページ | But a dream. »