« 東下り | トップページ | Hope for the Future »

2005/01/07

俄に地ふるい出し…

地震波は大きく分けて3つあります。

 P波  最初にユラッとする軽い縦揺れ
 S波  続いてくるユサユサした大きい横揺れ
 表面波 さらに続く大きい揺れ

として感じられることが多いです。

P波はS波より速く地殻内を伝わります。(約1.7倍のスピード)
このため、
最初の縦揺れから続く横揺れまでの時間が長い時は、震源が遠い。
逆に、縦揺れ横揺れが、ほぼ同時に来たら、震源は真下付近。
と考えられます。
また、波がどちらから伝わってくるかで、震源のおよその方角も分かります。
地震のとき、注意して感じとってみてください。

うそです。
地震の時は、まず身の安全の確保。
火の始末も忘れずに。

【おすすめ】
 Book 「OKAGE」 梶尾真治
 Music アルバム 「地球交響曲(ガイア・シンフォニー)第二番」サウンド・トラック 

|

« 東下り | トップページ | Hope for the Future »

コメント

地震を感じた時はいつも、S-P時間(初期微動継続時間)が長いか短いか気にしてます。
あまり意味はありませんが、落ち着くためには役立ちますよ。

投稿: りえぞー | 2005/01/07 22:36

嘘でよかった!(笑)
俄に我もリエゾーの冷静さに震え出しそうになりました。(驚)
まぁ、要するにカミナリの時の光と雷鳴の関係に近いですかなっ??

投稿: ジャニーS | 2005/01/07 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/2498171

この記事へのトラックバック一覧です: 俄に地ふるい出し…:

« 東下り | トップページ | Hope for the Future »