« 世界の真ん中で | トップページ | Way of Thinking »

2005/02/10

僕たちの将来は

1億年を1年に換算し、年代を年齢に例えてみましょう。
地球は今、46歳です。

海が誕生したのは6歳の時。
その海に生命が発生したのは2年後。8歳の時。
11歳の時、光合成で酸素をつくる微生物が発生。
27歳の時、最初の超大陸形成。
33歳になった頃、最初の動物が海で誕生。
42歳過ぎ、動物が陸地に進出。
43~45歳にかけて恐竜が出現、繁栄の後、絶滅。
人とサルが分かれたのは、18日ばかり前。
現世人類(ホモ・サピエンス)の誕生は、つい昨日のこと。

2年後、48歳になると、超大陸アメイジアの形成により太平洋が消滅します。
100歳になる頃、赤色巨星化した太陽に飲み込まれて、地球の一生は終わり。

さて、人類と地球のお付き合いは、いつまで続くでしょう?
あと何時間?何日?
何年…は無理だろうな。

【おすすめ】
 Book 「虚無回廊」 小松左京
 Music 「No Man's Land」 Billy Joel

|

« 世界の真ん中で | トップページ | Way of Thinking »

コメント

一寸の虫にも五分の魂。
昔の人は、いいことを言ったもので。
私たちは、私たちに判る時間のスケールで、一生懸命生きています。

天地は悠久。
宇宙はさらに悠久なり。
でも、私は、今、ここで生きている。

56億7千万年年先、弥勒菩薩さまが助けてくれるのは誰だろう…。

投稿: りえぞー | 2005/02/13 23:22

須磨の水族館に行った時のことを思い出しました。
壁に書かれた地球の歴史の年表。
長ーい通路を辿りながら読み進んで行くと最後の1センチくらいに、
数年前なので正確には覚えていませんが、
「私達の歴史はこれだけです」のようなことが書かれていました。
無知な私は呆然としたものです。

う===ん。

その歴史の中で一番賢いはずの私達。
46年(46億年)かけて築き上げてきたものを、
必死になって壊しにかかっている私達。

そして反対に考えれば、
エコロジーも、延命のための医学も、数年後のための改革も、
あの1センチの中のいったい…

て、これはネガティブすぎるか(笑)

とりあえず今日、私と私の周りの人たちが笑っていたいというのが正直な気持ち。
身勝手な人類・わたし。


投稿: かお | 2005/02/12 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/2874603

この記事へのトラックバック一覧です: 僕たちの将来は:

« 世界の真ん中で | トップページ | Way of Thinking »