« 目に見える過去 | トップページ | チェリーなお酒 »

2005/06/12

No music. No life.

人の声であれ、音楽であれ、はたまた雷鳴であっても。
音は空気の振動にすぎない。
約340m/secで空気中を伝わり、鼓膜を震わせる。
鼓膜の振動が脳で音として認識される。
ただ、それだけ。

でも、そういった仕組みはともかくとして。

耳にすると胸がどきどきする、美しい歌声。
心の琴線に一瞬触れて、通り過ぎるメロディ。
魂ごと連れ去られるのではないかと思う、荘厳な音の連鎖。

世界に音楽があって、本当に良かった。

私の好きな音楽を、私の犬は好きではなかったようだけど。
それは、また別の話。

【おすすめ】
 Book 「ノーライフキング」 いとうせいこう
 Music 「SHIMA-UTA」  IZZY

|

« 目に見える過去 | トップページ | チェリーなお酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/4525991

この記事へのトラックバック一覧です: No music. No life.:

« 目に見える過去 | トップページ | チェリーなお酒 »