« ノック&ファイター | トップページ | Diving LOG 2005 Jul. Fish list »

2005/07/10

ダイビング・ログ 2005 Jul. 慶良間

【場所】 沖縄県慶良間諸島

【日程】 2005.07.08~10

【コンディション】 
 晴れ 気温 33℃ 水温 28℃ 透明度 30~40+m

【ポイント&コメント】

「ガヒ島海底砂漠」
  ・白い砂地と海の青が太陽の光に映えて、とってもきれい。
  ・見渡す限り続くかと思える白い砂地は、確かに海底の砂漠そのもの。
  ・ヤシャハゼ ハナヒゲウツボ(幼) カクレクマノミ など 

「アゲナシク島アダン下」 
  ・エダサンゴのまわりに魚が沢山。
  ・ハダカハオコゼ ツユベラ(幼) など 
 
「ヤカビ湾内トンネル」
  ・洞窟と、そこに射し込む光が印象的。
  ・リュウキュウキッカサンゴ、大きなハマサンゴが見られる。
  ・イセエビ タテジマキンチャクダイ メガネモチノウオ(若) など
  
「阿真ビーチ前」
  ・目の細かい白い砂地にサンゴがきれい。
  ・イトヒキアジ クサハゼ ハナハゼ ホシテンス(幼)
  ・キスジカンテンウミウシ コンペイトウウミウシ など

「マジャ」(ナイトダイブ)
  ・浅い砂地にサンゴの根が点在。
  ・ブダイ(幕を張って寝てる) ヒトヅラハリセンボン(岩陰で寝てる)
  ・イセエビ オトヒメエビ オオイカリナマコ など
 
「男岩」(ドリフトダイブ)
  ・ドロップオフの地形がダイナミック。透明度も良好。
  ・カスミチョウチョウウオ群 キビナゴ群 など

「儀名」
  ・ウミガメ三昧。大中小5~6個体と遭遇。
  ・アオウミガメ(1個体はコバンザメ付き)

「ニシハマ アザハタの根」
  ・白い砂地にサンゴの根がぽつぽつと。
  ・アザハタの根に集まるスカシテンジクダイの群れがきれい。
  ・種類の違う魚達それぞれの関係も、見ていて面白い。 

久しぶりの沖縄。
やや風が強かったものの、天気も海も良コンディション。
ほんとに楽しかった。

見た魚などくわしくは、また明日。

|

« ノック&ファイター | トップページ | Diving LOG 2005 Jul. Fish list »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/4913911

この記事へのトラックバック一覧です: ダイビング・ログ 2005 Jul. 慶良間:

« ノック&ファイター | トップページ | Diving LOG 2005 Jul. Fish list »