« 夏の反対側 | トップページ | After THE WAR »

2005/07/17

拡大

動物や植物の体。
顕微鏡で拡大してみると、細胞が見える。

細胞をさらに拡大すると、細かい器官がいろいろと。
真核細胞の場合。
核、リソソーム、ゴルジ体、葉緑体、ミトコンドリア、小胞体…

小器官をさらに拡大してみると。
ミトコンドリアがエネルギーを生産。
小胞体の上では、リボゾームがタンパク質を合成。
葉緑体は光合成。
核の中には染色体。

染色体を拡大すると、ヒストンに巻き付いたDNA。
DNAを拡大すると、糖とリン酸と塩基。
アデニンとチミン、グアニンとシトシンが手をつないで、二重らせん構造。

拡大を続けていくと、炭素や窒素、鉄などの元素。
さらには、原子と陽子と中性子にたどりつくらしい。

自分の目だけでは、どう頑張っても見えない世界。
でも、自分の中にある世界。

【おすすめ】
 Book 「カエルの城」 ヨースタイン・ゴルデル
 Music 「Analyse」 The Cranberries

|

« 夏の反対側 | トップページ | After THE WAR »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/5007848

この記事へのトラックバック一覧です: 拡大:

« 夏の反対側 | トップページ | After THE WAR »