« Eat it ? | トップページ | ダイビング・ログ 2005 Jul. 慶良間 »

2005/07/06

ノック&ファイター

梅雨が明けたら、夏山シーズン。

オオルリのさえずりを聞きながら歩く沢沿いの道。
草のにおいの中を歩く、草原の道。
きつい登りを越えたあと感じる、風のさわやかさ。

どれをとっても捨てがたいけれど、できれば捨てたいもの。
「スズメバチ」と「ヤマビル」

ついうっかり、オオスズメバチの巣に近寄ってしまった時。
しつこく追撃してくる働きバチを、身を低くしてかわし、逃げる怖さ。
沢へと下る道の先を見通した時。
頭をもたげて、血を吸おうと待ちかまえているヤマビルの気味悪さ。
山に行こうという気力が、一瞬で消えてなくなりそうになる。

でも、世の中良くできたもので。
一応、対応策があったりする。
スズメバチに襲われた時には、「ハチノック」
ヤマビルよけには、「ヤマビルファイター」

広告屋じゃないので、効能など詳しく説明しないけど。
そんなものもあると覚えておくと、いつか役に立つ、かも。

【おすすめ】
 Book 「日本の国立公園」 加藤 則芳
 Music 「山と渓谷」 筋肉少女帯

|

« Eat it ? | トップページ | ダイビング・ログ 2005 Jul. 慶良間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/4855836

この記事へのトラックバック一覧です: ノック&ファイター:

« Eat it ? | トップページ | ダイビング・ログ 2005 Jul. 慶良間 »