« September blue | トップページ | 万博に行こう! »

2005/09/03

ばんぱく ばんざい。

1970年 日本万国博覧会 (大阪万博)
月の石とか、太陽の塔とか、すごい人混みだったとか。
話には聞くけれど、なにぶん生まれる前のこと。

2005年 日本国際博覧会 (愛・地球博)
日本での国際博覧会が次に開かれるころ、生きていられる保証はないし。
実家からすぐ近くでもあるし。
とりあえず、行ってみることにした。

「国際」博覧会というくらいだから、やはり各国のパビリオンを見なければ。
ということで、おおよそ見た順に。

グローバル・コモン1(アジア)
・ネパール館
・中央アジア共同館
・ブータン館
・モンゴル館
・中国館
・スリランカ館 (LION LAGER ビールと野菜ゴタンバ)
・パキスタン館
・バングラデシュ館

センターゾーン
・グローバル・ハウス(オレンジ)&マンモス・ラボ

グローバル・コモン6(オセアニア・東南アジア)
・ラオス館
・フィリピン館
・マレーシア館
・ベトナム館 (333ビールと生春巻)
・ブルネイ・ダルサラーム館
・ニュージーランド館
・カンボジア館
・タイ館
・インドネシア館
・南太平洋共同館 (FIJI BITERビール)

企業パビリオンゾーンA
・夢見る山(めざめの方舟)


キッコロ・ゴンドラで移動

グローバル・コモン4(ヨーロッパ)
・チェコ館
・ウクライナ館
・アイルランド館
・リトアニア館
・イギリス館
・ベルギー館
・ルーマニア館
・北欧共同館
・コーカサス共同館 (ターニャ(赤ワインカクテル)とチキンケバブ)

グローバル・コモン5(アフリカ)
・アフリカ共同館
・南アフリカ館
・エジプト館 (MEISTERビール)

グローバル・コモン3(ヨーロッパ)
・チュニジア館
・ボスニア・ヘルツェゴビナ館
・ヨルダン館
・モロッコ館
・クロアチア館
・リビア館
・トルコ館
・ブルガリア館
・スペイン館

ルートと時間の関係でグローバル・コモン2の国々が見られず、残念。
でも、一日でこれだけの国の雰囲気を味わえるのは、万博ならでは。
と思う。

【おすすめ】
 Book 「Rendezvous With Rama」 Arthur C. Clarke
 Music 「Ghingis Khaan」 Khuku Mongol

|

« September blue | トップページ | 万博に行こう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/5769060

この記事へのトラックバック一覧です: ばんぱく ばんざい。:

« September blue | トップページ | 万博に行こう! »