« 「おしまい」の先の「おはなし」 | トップページ | 北→南 »

2005/11/09

The Ginkgo, a living fossil.

樹木を葉の形で分けると、大まかに2つ。

細長くて、先が尖っているもの… アカマツ、スギ、モミ、ツガなど
平たくて、幅が広いもの… ケヤキ、クスノキ、クリ、サクラなど
前者を総称して「針葉樹」、後者は「広葉樹」。

分類的にも違いがあって。
針葉樹は「裸子植物 針葉樹類」、広葉樹は「被子植物 双子葉類」。

ここで問題。
イチョウは針葉樹、広葉樹どちらの仲間でしょう?

葉が幅広いから、広葉樹。というほど話は単純じゃない。
イチョウは「裸子植物」。
針葉樹の仲間ということになる。
「裸子植物 イチョウ類」なので、針葉樹でもなかったりするけど。

青い空に、イチョウの葉が映える秋。
分類上の話はどうあれ、黄葉を楽しんでこよう。

【おすすめ】
 Book 「樹と森の物語」 西口親雄
 Music 「乾期」 朱哲琴

|

« 「おしまい」の先の「おはなし」 | トップページ | 北→南 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/7000718

この記事へのトラックバック一覧です: The Ginkgo, a living fossil. :

« 「おしまい」の先の「おはなし」 | トップページ | 北→南 »