« 師も走る季節? | トップページ | 風の子? »

2005/12/04

Pretend to know "some"thing.

露天風呂から海に沈む夕陽を見て、ふと考えた。
地球半周くらい向こうに行ったら、今同じ瞬間に朝日が昇ってるわけだ。
地球は広い。

また考えた。
でも、それは地球が丸いという前提に立ったうえでの話。
もしかしたら、水平線の向こうには太陽の墓場があるのかもしれない。
そして、明日の朝、新しい太陽が東から昇ってくるのかもしれない。

どっちの考えが正しいか。
学校で答えを教えてもらった気がするけど。
海に沈む太陽を見てる限り、どちらが正解なのかよく判らない。

地球は丸いとか。
24時間周期で自転してるとか。
365日周期で太陽の周りを公転してるとか。
自分の目や体験を通じて確かめたことは、1つもない。
考えようによっては、壮大な知ったかぶり。

と、そんなことを考えている間にも、地球は廻っているのだろうけど。

【おすすめ】
 Book 「テレヴィジョン・シティ」 長野まゆみ
 Music 「天体観測」 BUMP OF CHICKEN

|

« 師も走る季節? | トップページ | 風の子? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/7463932

この記事へのトラックバック一覧です: Pretend to know "some"thing.:

« 師も走る季節? | トップページ | 風の子? »