« 朝日を見に行こう | トップページ | 樅に柊、松竹梅 »

2005/12/20

The letter from the sky.

雪の日に黒っぽい服を着て歩くと、雪の結晶が観察できる。

六角形の雪の結晶。
雨と同じ水分子でできているはずなのに、ずいぶんと姿が違う。
同じ水分子が結晶したはずなのに、どの結晶も形が違う。
不思議なことだ。

服に触れては溶ける雪。
眺めていると面白いけど、少々寒いのが難点。
かといって、暖かい部屋では観察する時間がない。
冬の風物詩だから、仕方がないか。

「雪の結晶は、天から送られた手紙であるといふことが出來る。
そしてその中の文句は結晶の形及び模様といふ暗號で書かれてゐるのである。」
(中谷宇吉郎)

【おすすめ】
 Book 「怪談・奇談」 小泉八雲
 Music 「匂いガラス」 中島みゆき

|

« 朝日を見に行こう | トップページ | 樅に柊、松竹梅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/7737055

この記事へのトラックバック一覧です: The letter from the sky.:

« 朝日を見に行こう | トップページ | 樅に柊、松竹梅 »