« だしの東西 | トップページ | Don't panic! »

2006/01/06

白やぎさんには、なりたくない。

上海にいる知り合いから、年賀状が届いた。
届いたからには、返事を書かなければ。

幸いにも1枚残っていた年賀状に、メッセージを書いて。
あとは住所を書いて送るだけ。
で、ふと思った。
宛名って、何語で書くんだろう?

国際郵便の出し方を調べると、英語表記の説明ばかり。
だけど、中国は漢字の国。
アルファベットで書くのは、どうかという気がする。

とりあえず、賀状の住所をそのまま転記して、郵便局に持って行った。
郵便窓口に出して訊ねてみる。
「中国に送りたいんですけど、これで大丈夫でしょうか?」
窓口のお姉さん、年賀状の隅に"Par Avion"と書いたシールを貼って、
「料金70円なので、20円追加してくださいね~」

思ったよりも、ずっと簡単だった。
漢字の国あてでも"Par Avion"で送ると判ったのは、1つ収穫。

【おすすめ】
 Book 「Catwings Returns」 Ursula K. Le Guin
 Music 「Linger」 The Cranberries

|

« だしの東西 | トップページ | Don't panic! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/8034555

この記事へのトラックバック一覧です: 白やぎさんには、なりたくない。:

« だしの東西 | トップページ | Don't panic! »