« 「どんより」 | トップページ | A sleep that knows no dawn. »

2006/04/11

風の強い日には…

風が吹いている。
風そのものは目に見えないけれど。

木の葉を揺れていたり、枯葉が舞っていたり。
風が吹いたことは、風によって物が動くことでわかる。

あるいは、髪がなびいたり、顔に風を感じたり。
自分の体で知ることもできる。

でも、風そのものは、目には見えない。

何もない、誰もいない空間があると仮定する。
そこには、誰も入ることはできない。
ただ、離れたところから眺めることはできる。
その場合。

そこで、風が吹いているかどうか。
知る方法があるだろうか。

そこに吹く、風。
その風は、本当に存在しているんだろうか。

風の強い日に、ときどき考える。
でも、答えはわからない。

【おすすめ】
 Book 「不思議な少年」 マーク・トウェイン
 Music 「Blowin' In The Wind」 Bob Dylan

|

« 「どんより」 | トップページ | A sleep that knows no dawn. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/9538837

この記事へのトラックバック一覧です: 風の強い日には…:

« 「どんより」 | トップページ | A sleep that knows no dawn. »