« 投げる。 | トップページ | 「どんより」 »

2006/04/08

Witches' broom on Cherry Trees.

桜前線北上中。

満開のソメイヨシノの下を歩いていたら、花のない枝を見つけた。
葉はついているので、枯れているわけではない。
だけど、不自然なほどに密集して茂っている、何本もの枝。
サクラてんぐ巣病の典型的な症状。

てんぐ巣=天狗巣。
英語の病名は、"Witches' broom" 魔女のほうき。
密集して茂った枝の様子を、この世ならぬ生き物と結びつける発想。
洋の東西を問わず、あるものらしい。

てんぐ巣病の対策は、罹患した枝を切って燃やすこと。
そうしないと、まわりの桜に伝染してしまうので。
枝の切り口には、殺菌剤を塗っておくこと。
てんぐ巣病を取り除いても、他の病気にかかりやすくなるので。

桜切るバカ、梅切らぬバカ。
でも、桜を切った方がいいこともある。というお話。

【おすすめ】
 Book 「ナルニア国の謎」 ナルニア国特別調査隊 編・著
 Music 「非線形のほうき星」 ジャパハリネット

|

« 投げる。 | トップページ | 「どんより」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/9491356

この記事へのトラックバック一覧です: Witches' broom on Cherry Trees. :

« 投げる。 | トップページ | 「どんより」 »