« 2年後の夏までに… | トップページ | カエルのうた »

2006/06/15

How about soup curry?

最近よく見かける、スープカレー(スープカリー)。
カリーという言葉にスープという意味があるという説もあったりするけど。
世界的には、スープっぽいカレーの方が多数派な気もするけど。
それはそれとして。
とりあえず、適当に作ってみよう。

基本の材料(たぶんこんな感じだろう…)
・鶏ガラ 1羽分
・鶏もも肉骨付き 2本
・ニンジン 1本
・ジャガイモ 2個
・タマネギ 1個
・シメジ 1パック
・ニンニク 1かけ
・ショウガ 1かけ
・ローレルリーフ 2枚
・塩 適量

基本のスパイス(これくらいあれば、カレーっぽくなるはず)
・ガラムマサラ
・クミン
・コリアンダー
・ターメリック
・クローブ
・カルダモン
・セージ
・タイム
・シナモン
・レッドペパー
・後はお好みで

まずは、鶏ガラスープを作る。
・鶏ガラを鍋に入れて、浸るくらい水を入れる
・ニンニク、ショウガ、ローレルを入れて火にかける
・沸いてきたらアクを取りながら骨がばらけてくるまで煮込む
・できあがったスープは、ザルでこして鍋に戻しておく

次に、カレーの具の下ごしらえ。
・鶏もも肉は骨に沿って包丁を入れる
・ニンジン、ジャガイモは皮をむいて2等分する
・タマネギは4等分または6等分する
・シメジは石突きを取って、適当に分ける

下ごしらえができたら、ここからカレー作り。
・鶏ガラスープに鶏もも肉を入れて沸かし、アクを取る
・鶏のアクが取れたら、野菜を入れ、アクを取る
・そのまま弱火にかけておく

肉と野菜を煮ている間に、スパイスのブレンド。
・メインはガラムマサラ、クミン、コリアンダー
・ターメリック、ガラムマサラは苦みが出ない程度に
・レッドペパーは入れすぎると取り返しがつかないので、控えめに
・その他のスパイスは、様子を見ながら少しずつ

スパイスができたら、味付けを
・鍋にスパイスの1/3程度と塩を入れる
・そのまま、肉、野菜が十分柔らかくなるまで煮込む
・煮込み終わったら、残りのスパイスを入れる
・味見をして、塩味を整える
・辛さの調節は、レッドペパーで
・スパイスの香りが足りないようなら、適当に追加
・好みの香りと塩加減になったら、できあがり。

スープ状の、スパイシーなカレー。
適当に作った割には、結構おいしい。

ご飯にかけたり、うどんやパスタを入れたり。
クスクスにかけても、いいかもしれない。
塩味控えめにして、そのままスープとして飲むのもよし。

鶏ガラから出るコラーゲン&スパイス効果で、体に良さそう。
ナスやオクラ、シシトウなどの夏野菜を入れても、おいしいかも。

蒸し暑くて、鬱陶しいこの時期。
よかったら、試してみてね。

【おすすめ】
 Book 「食の世界地図」 21世紀研究会 編
 Music 「ダンス天国」 RAG FAIR

|

« 2年後の夏までに… | トップページ | カエルのうた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/10537715

この記事へのトラックバック一覧です: How about soup curry?:

« 2年後の夏までに… | トップページ | カエルのうた »