« How about soup curry? | トップページ | 棚卸し »

2006/06/17

カエルのうた

梅雨真っ盛りの6月半ば。
田植えも順調に進んで、夜道にカエルの鳴き声。

学生時代に済んでいた下宿は、田んぼの真隣。
この時期、カエルの鳴き声には不自由しない毎日だった。

それに加えて、古い木造家屋の下宿。
人間には判らないけれど、あちこち隙間があったらしい。
侵入してきたアマガエルと、思わぬところで遭遇した。

予習をしようと電気を付けたら、勉強机の上に。
洗い物しようとしたら、流しの三角コーナーに。
窓を開けたら、網戸の内側に。

見かける都度、田んぼに向かって放してやるのだけれど。
いつの間にか、また侵入してくるアマガエル。

ある日、お風呂のフタを開けたら、浴槽の中で泳いでいた。
見事な平泳ぎだったけど、たらいで掬って田んぼへ直行。

「ゆでガエルになるな。」
とは、最近ビジネス講座で聞いた話だけど。
あのとき、お風呂のフタを開けずに沸かしていたら。
ゆでアマガエルができあがっていただろうなと、思ってみた。

【おすすめ】
 Book 「カメレオンは大海を渡る」 橋元淳一郎
 Music 「いつの日か」 MONGOL 800

|

« How about soup curry? | トップページ | 棚卸し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/10569799

この記事へのトラックバック一覧です: カエルのうた:

« How about soup curry? | トップページ | 棚卸し »