« はるばる来ぬる、旅をしぞ… | トップページ | How many planets orbit the sun? »

2006/08/16

「ブキ」なるもの

スプーン、フォーク、それから箸。
食事に欠かせない、この道具たち。
学生時代の山合宿では「ブキ」と呼ばれていた。

発音は「武器」と同じ。
表記はカタカナで「ブキ」、時にひらがなで「ぶき」。

食事用の道具が、何故に「ブキ」なのか。
現役生も、学部の先輩も、院の先輩も、OBも知らなかった。
だけど、「ブキ」は「ブキ」。

普通に「食器」と呼べば…と思いきや、そうはいかない。
コッフェルやシェラカップなど、食事を盛る器が「食器」。
食事を口に運ぶための「ブキ」とは用途が違うもの。
合宿用持ち物リストでも、きっちり別扱い。


初めて聞いた時こそ驚くものの。
回数を重ねると、普通に「ブキ」と言えるようになる。
が、それはそれで問題もあって。

「すいません、ブキ取ってください」
カレー屋などでつい口走って、店員さんを凍らせたり。

「やばっ、俺、ブキ忘れてきた~」
移動中の電車内で大声出して、周囲の乗客に白い目で見られたり。

他サークルの人も交えたBBQ。
「ブキが要るって聞いたんですけど、これでいいんですか~?」
そう言いつつ、サバイバルナイフを取り出す人がいたり。

この「ブキ」という呼び方。
うちのサークル限定かと思っていたら、そうでもなかったらしい。
アウトドア・ショップにて「和武器」(わぶき)なる商品を見つけた。
あたりまえだけど、日本刀や小太刀ではない。
ステンレスと天然木でできた、2本継ぎの箸。

ちょっとばかり、心引かれるものがあったけど。
「ブキ」はあくまで「ブキ」であって。
「武器」ではなかったなと。
そう思って、買わずじまい。

【おすすめ】
 Book 「武器よさらば」 アーネスト・ヘミングウェイ
 Music 「リンダリンダ」 THE BLUE HEARTS

|

« はるばる来ぬる、旅をしぞ… | トップページ | How many planets orbit the sun? »

コメント

> つよ さま
旅行の時は、フォーク・スプーン・ナイフの3点「ブキ」
を携帯していた学生時代。
(ナイフは食事用の刃のついてないもの)

シンガポール、チャンギ国際空港の手荷物検査で
"You have a knife. You can't carry it in a plane."
のようなことを言われて、止められました。
が、実物を見せて、切れないジェスチャーをして
"It is not knife,not harm!"
のようなことを主張したら、そのまま通してくれました。

ちなみに、伊丹空港、フランスのド・ゴール国際空港、
セネガルのサンゴール国際空港は、ノーチェックでした…。
といっても、ずいぶん前の話。
昨今の情勢では、あり得ないでしょうね(笑)

投稿: りえぞー | 2006/08/17 21:30

(;゚д゚)
お願いですから空港ではそのような発言は
自粛していただきたいです。
o(`ω´*) o 仕事が増えますから。

投稿: つよ | 2006/08/16 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/11467123

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブキ」なるもの:

« はるばる来ぬる、旅をしぞ… | トップページ | How many planets orbit the sun? »