« If we'd stop trying to be happy … | トップページ | あてどなく »

2006/08/03

次回につづく。

終わった後の続きが知りたい映画や小説のひとつ、「日本沈没」。
本屋の新刊コーナーで、続きを発見した。

「日本沈没 第二部」 小松左京+谷甲州 作

手にとって、何ページか読んでみる。
私が想像していたものとは、ずいぶん違うような気もするけど。
それで、あたりまえか。

ともあれ、せっかくなので購入。
この週末にでも、読んでみよう。

ちょっと話が逸れるけど。
筒井康隆 原作の「日本以外全部沈没」。
「日本沈没」に便乗して映画化されるとか。
どんなことになるのやら。


続きが知りたい作品ついでに、もう一つ。
「宇宙戦争 Part2 戦争後の世界」とか出ないかなあ。
といっても、原作がウェルズさんじゃあ、さすがに古すぎるか…。

【おすすめ】
 Book 「五分後の世界」 村上龍
 Music 「時の鐘」 BRAHMAN

|

« If we'd stop trying to be happy … | トップページ | あてどなく »

コメント

>しろしろ さま

この間は、おつかれさまでした~。
無事に本をお渡しできて良かったです。

宮古に限らず、沖縄、久しく行ってないです。
行きたいです…。
ぜひご一緒しましょう。

その前に、秋の柏島に行けるといいですね。

投稿: りえぞー | 2006/08/16 21:49

わい \(^~^)/
ではお言葉に甘えて・・・楽しみにしてます。

宮古島。
天気良し、海況良し、スタッフの飲みっぷりも素晴らしく・・・言うことなかったんですけど・・・私の体調がいまいちで(>_<)
地形ポイントで夏の日差しを堪能するはずだったのに、残念でした。
帰りの飛行機の中で既にリベンジを誓ってましたので、りえぞーさま、良かったらご一緒して下さいね。

投稿: しろしろ | 2006/08/11 12:52

>しろしろ さま

どもども。こんにちは~。
宮古はいかがでしたか?

そうなんですよね~。
お話の続きに思いを巡らせるのも、読書の楽しみのうちだったりします。

ともあれ、「日本沈没第二部」なかなか面白いですよ。
日本がなくなってしまった後、世界各地に移住した日本人が生きる様を描きつつ、
現在の世界情勢と&日本人の生き方についても考えさせられる内容です。

ちょっと残念なのは、テーマの大きさの割に、文章のボリュームが少ないこと。
「日本沈没」もそうなんですが、詰めが足りなくて、物足りない点が多いです。
(その分、読後に考えることが多いとも…。)

お盆明けでよかったら、いつものお店(笑)に預けておきますので、読んでみてください。

投稿: りえぞー | 2006/08/09 20:39

続きって気になりますよね。
かといって、その余韻が作品の良さであることも多いので、続きを知りたいような知りたくないような・・・。

今まで読んだ中で、どーだかな~?と思った続きは「風と共に去りぬ」の続きでした。
全く別の人が「その後」を書いてたんですが、どうもしっくりこなかった気が。

日本沈没、まだ読んでないです。
お盆の頃に読んでみようかな。

投稿: しろしろ | 2006/08/09 16:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/11246052

この記事へのトラックバック一覧です: 次回につづく。:

« If we'd stop trying to be happy … | トップページ | あてどなく »