« 缶の内外 | トップページ | ダイビング・ログ 2006 Oct. 牟岐 »

2006/10/13

An apple a day, keeps the doctor away.

リンゴがおいしい季節。
スーパーにも、いろんな種類の林檎が並んでいます。

バラで買ってもいいけど、6個入りパックのほうがお買い得。
だけど、同じ味ばかりで飽きてしまうこともありますね。

そんな時には、焼きリンゴ。
手間暇かけずに、簡単に。

材料
・リンゴ(何でもいいけど、できれば紅玉)
・バター(普通のでいいけど、できれば発酵バター)
・シナモンパウダー(お好みで)
・グラニュー糖(甘党ならお好みで)
・醤油(お好みで)

作り方
・リンゴは水洗いして、厚さ1cmに横スライス
・フライパンを熱して、バターを溶かす
・スライスしたリンゴを入れ、弱火で加熱
・時々ひっくり返して、リンゴ全体に火を通す
・最後に強火にして、両面に軽く焦げ目をつける

以上、できあがり。
(シナモンとグラニュー糖は、強火にする前にお好みで振りかけて)

リンゴの酸味と甘み、バターの塩味と香りがよく合う一品。
ちょっと甘めの白ワインや、トースト&紅茶と一緒にどうぞ。
シェリーやカルバドスと合わせてもいいかな。

グラニュー糖の代わりに、お醤油をほんの少しだけ。
そうすると、豚ヒレ肉のグリルにもよく合う味になります。
この場合は、軽めの赤ワインをどうぞ。

あとは、お気に入りの本と音楽があれば…。

【おすすめ】
 Book 「カードミステリー-失われた魔法の島」 ヨースタイン・ゴルデル
 Music 「Sanctuary」  Secret Garden

|

« 缶の内外 | トップページ | ダイビング・ログ 2006 Oct. 牟岐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/12269621

この記事へのトラックバック一覧です: An apple a day, keeps the doctor away.:

« 缶の内外 | トップページ | ダイビング・ログ 2006 Oct. 牟岐 »