« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/31

Trick or Treat!

よくわからないのだけれど、今日はハロウィンらしい。

ハロウィン、ハロウィーン、Halloween、万聖節の前夜祭。
どう表現してみても、なじみもなければ心当たりもない。
でも、ハロウィンらしい。

カボチャのジャック・オー・ランタン、白いシーツの幽霊。
コウモリに魔女、ほうきと黒猫。
ゾンビにドラキュラ、骨格標本。
どれをとっても、めでたくなさそうな面々。

だけど、祭らしい。
パーティーなんかもあるらしい。
子ども達が仮装して、行列したりもするらしい。

やっぱり、よくわからないなー。
よくわからないけど、とりあえず。

"Happy Halloween!"

で、ハロウィン。
似合うお酒は、なんだろう?

【おすすめ】
 Book 「Tales of Mystery and Imagination」 Edgar Allan Poe
 Music 「WEEKENDER」 吉井和哉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/30

青い鳥、小鳥

チルチルとミチルが探した青い鳥は、自分の家にいたようですが、
日本の青い鳥は、山の中に住んでいます。

木の葉が散り始める頃、人里近い山にやってくる「ルリビタキ」。
ルリ=瑠璃(ラピスラズリ)を冠した名前のとおり、きれいな青い鳥です。

標準和名 ルリビタキ (スズメ目 ツグミ科)
 英名 Red-flanked Bluetail
 学名 Tarsiger cyanurus

頭から背中、尾羽根にかけては青、腹側は白、脇腹にオレンジの縁取り。
つぶらな黒い瞳に、白い眉、細めの黒いくちばし、ピンクがかった黒い脚。
スズメと同じくらいの大きさですが、全体にスマートな雰囲気。

鳴き声は、つぶやくような感じで「ヒーッ、ヒーッ、ゲゲッ」。
同じ仲間のジョウビタキに似ていますが、やや♭がかった哀愁漂う声。

性格は好奇心旺盛。
野鳥の観察中、ふと気付くと近くの枝にからこっちを見ていたり。
山の中で休憩中、脇に置いたザックのボタンをつつきに来たり。

ただ、全体が青いのは、♂の成鳥のみ。
♀や♂の若鳥は、♂成鳥の青い部分が地味な茶色。
なので、実際に出会えるのは青くない個体が大半です。

なかなか出会えない分、きれいな青い個体が見られると嬉しいもの。
幸せの青い鳥かどうか、それはわかりませんが。

夏はまた別の青い鳥、「オオルリ」と「コルリ」が見られます。
こちらはこちらで説明すると長くなるので、また次の夏にでも。

【おすすめ】
 Book 「森の聖者 自然保護の父ジョン・ミューア」 加藤則芳
 Music 「いつかきっと」 渡辺美里

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/28

通り過ぎた場所

現役受験生の時から思っていたんだけれど。
受験って、そんなに重要なことなんだろうか?

入学試験に合格しなければ、高校にも大学にも入れない。
それは確かにそうだけど。

高校なり大学に入って、そこでしかできない勉強や経験をする。
受験は、その段階にたどり着くための通過点にすぎない。

目標でも、目的でもなく、単なる社会的な通過点。
そんなものに振り回されたくない。

そう思ってみたりするんだけど。
そうも、いかないのかな…。

【おすすめ】
 Book 「死の壁」 養老孟司
 Music 「Just My Imagination」 The Cranberries

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/27

What's wrong with it?

10年近く愛用してきた、YAMAHA製のオーディオ・コンポーネント。

ToP-ART(Total Purity Audio Reproduction Technology)シリーズ
・プリメインアンプ AX-10 
・CDプレーヤー  CDX-10
・MDプレーヤー  MDX-9
・カセットデッキ  KX-10
・FM/AMチューナー  TX-10
・スピーカー  NS-5

なんだか、最近調子が悪い。


高い音がきれいに聞こえる、という理由で選んだ製品なのに、
高音域で音が割れる。こもる。

男性ボーカルのパンク・ロックを聴く分には、まあいいとして。
癒し系高音ボーカルが割れてたのでは、ぜんぜん癒されない。

困ったことだ。


MDを聴いても、CDを聴いても同じ現象が起こる。
ということは、原因はアンプかスピーカーかケーブル。

修理に出してもいいんだけど、製造中止になって久しい製品。
電気屋さんの無料保証も、とっくに切れている。

困ったことだ。

さて、どうしたものか。


とりあえず、スピーカーの配置とケーブルを換えてみようか。
あと、インシュレーターでもかましてみて。

それでだめだったら…。
また考えよう。

【おすすめ】
 Book 「北野勇作どうぶつ図鑑<その2> とんぼ」 北野勇作
 Music 「DOOR」 コブクロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/26

けったけったくった?

「今日、けったで行くわー」
そう言っても、通じない人が多いと思うので、ちょっと説明。


「けった」というのは、自転車を指す言葉。
なので、文頭の台詞は「今日、自転車で行く」という意味。

もう少し正確に言うと、自転車=「けったくりマシーン」
それを略して「けった」

「けったくり」というのは「蹴り飛ばす」というような意味。
地面を蹴って走り始めるから「けったくりマシーン」

高校時代、そう言われていたけれど…。

よく考えたら、自転車はマシーンと言えるのか、疑問だ…。

【おすすめ】
 Book 「11人いる!」 萩尾望都
 Music 「さらばし慕情」 ジャパハリネット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/25

誰知烏之…

身近な野鳥と言えば、スズメとカラス。
そんな風に思う人が多いのではないでしょうか。

同じくらい身近な、スズメとカラス。
でも、カラスという名前の野鳥、じつは存在しません。
スズメという名前の野鳥はいるんですけどね。


Q では、そこらでカアカア鳴いている黒い鳥は何なのか。
A カラスの仲間ですが、「カラス」という名前ではありません。

身近に見られるカラスは2種類。
ハシブトガラス と ハシボソガラス です。
野鳥の調査の時など、共通項を省いて ブト ボソ とも。

ちなみに、ハシ=嘴、ブト=太、ボソ=細 の意味。
くちばしの太いカラスと、くちばしの細いカラスということです。

2種類のカラス、その名のとおり見た目の特徴が違っています。
ハシブトガラスは、おでこが出た頭に、太いくちばし。
ハシボソガラスは、なだらかなおでこに、細めのくちばし。

名前とは関係ないですが、鳴き声も違います。
カアカアと澄んだ声で鳴くことが多い、ハシブトガラス。
ガアガアと濁った声で鳴くことが多い、ハシボソガラス。

マンガなどで「アホー」と鳴いて飛び去るのは、ハシブトガラスですね。

住んでいる場所も、少し違っています。
ビルや建物が集中している街中には、主にハシブトガラス。
田んぼや畑が広がる郊外には、主にハシボソガラス。

両方が混じっていることもあるのですが…。
東京都の知事さんを悩ませているのは、ハシブトガラス。
権兵衛さんが播いた種をほじくるのは、ハシボソガラス。
大まかには、そう考えてもいいかと思います。

秋から冬にかけては、さらに違うカラスが見られることもあります。
上記の2種類より一回り小さくて、高い声で鳴く ミヤマガラス。
同じく、二回りほど小さくて、より甲高い声で鳴く コクマルガラス。
いずれも、ハシボソガラスの群れに混じっていることが多いです。
数は決して多くないですが、見つけると、ちょっとうれしい。

真っ黒だし、地味だし、声がきれいなわけでもないし。
好きという人は少ないカラス。
でも、街中でも田舎でも、遭遇率が高い野鳥です。
空いた時間に観察してみると、案外面白いかもしれませんよ。


スズメはスズメで、こちらも1種類ではなかったりします。
が、その話は、また別の機会に。

【おすすめ】
 Book 「雪国のスズメ」 佐野昌男
 Music 「瞳の中の青い海」 上々颱風

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/24

What to eat with wine?

生バジルをいただいたので、ワインによく合うレシピなど。

カプレーゼ風サラダ

<材料>
 生バジル
 モッツァレラ・チーズ
 フルーツ・トマト(またはプチ・トマト)
 (ドレッシング)
  塩
  こしょう(白・黒はお好みで)
  エクストラ・バージン・オリーブオイル
  レモン果汁

・ドレッシングの材料をボウルに入れて、かき混ぜる。
・フルーツトマトは4等分(プチトマトは2等)する
・モッツァレラ・チーズは厚さ5mm程度にスライスし、一口大に切る
・トマトとチーズ、適当にちぎった生バジルをボウルに入れる
・適量のドレッシングをかけて、全体を混あわせる

やや甘口~やや辛口で、フレッシュな白ワインによく合う味。
トーストに乗せて焼いたら、Pizza margherita風に。

生ハムのベーグル・サンド

<材料>
 生バジル
 プレーン・ベーグル
 モッツァレラ・チーズ 
 生ハム

・ベーグルを横に2等分する
・モッツァレラ・チーズは厚さ5mmにスライスする
・ベーグルにチーズを乗せて、軽くトーストする
・生ハムと生バジルをトーストしたベーグルでサンドする

こちらは、軽めの赤ワインに良く合います。
スライスしたプチトマトを一緒に挟んでも。

秋晴れのさわやかな日、ワインとチーズと本を持ってピクニックに行きたい。
時々、そう思ってみたりする。
でも、日本ではそんな場所ないよなあ…。

こんな景色見ながらワイン飲んだら、きっと美味しいと思うんだけど。

Cosmos1

Cosmos4
 
 
 
 
 
 
 
 

【おすすめ】
 Book 「ワイン上手」 田崎真也
 Music 「Scarborough Fair/Canticle」 Simon and Garfunkel

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/23

ダイビング・ログ 2006 Oct. 柏島2 生物編

柏島には、お魚たくさん。
でも、自分で見るのと、人に見せるのは、本当に違うもので。
難しいなあ…。

【魚】

 ホタテウミヘビ

 ウツボ トラウツボ サビウツボ

 キビナゴ(群れ)

 ゴンズイ(群れ)

 ミナミアカエソ

 ワカヨウジ ヒバシヨウジ(幼)

 アオヤガラ ヘラヤガラ(黄色)

 ハナミノカサゴ カサゴ キリンミノ

 キジハタ キンギョハナダイ

 キンセンイシモチ クロホシイシモチ コスジイシモチ 
 オオスジイシモチ 

 ヤセアマダイ

 アジアコショウダイ(幼魚) コロダイ

 イトフエフキ

 ミギマキ タカノハダイ

 イシガキダイ イシダイ メジナ

 ヨメヒメジ アカヒメジ(群れ) ホウライヒメジ オキナヒメジ オジサン

 チョウチョウウオ トゲチョウチョウウオ タキゲンロクダイ シラコダイ 

 キンチャクダイ アブラヤッコ レンテンヤッコ シテンヤッコ

 オキゴンベ

 コガネスズメダイ マツバスズメダイ ナガサキスズメダイ
 クロスズメダイ ソラスズメダイ ミツボシクロスズメダイ
 フタスジリュウキュウスズメダイ ネッタイスズメダイ
 アマミスズメダイ オヤビッチャ クマノミ 

 アカササノハベラ キュウセン ホンベラ カミナリベラ 
 コガネキュウセン コガシラベラ クロヘリイトヒキベラ 
 イトヒキベラ イトベラ ホンソメワケベラ オトメベラ 
 ヤマブキベラ カンムリベラ タコベラ クロフチススキベラ 
 ニシキベラ ムナテンベラ(紺色) アヤタスキベラ

 アオブダイ コブダイ 

 トラギス 

 ニジギンポ ミナミギンポ テンクロスジギンポ カモハラギンポ

 ハシナガウバウオ 

 ハナハゼ ダテハゼ ハタタテハゼ オトメハゼ ガラスハゼ
 
 ニセカンランハギ ニザダイ ツノダシ

 ツマジロモンガラ モンガラカワハギ(若魚)

 カワハギ アオサハギ(幼魚)

 シマウミスズメ ハコフグ(幼魚)
 ハナキンチャクフグ キタマクラ ハリセンボン 

【エビ・カニ】

 オトヒメエビ

 モンハナシャコ

【イカ・タコ】
 アオリイカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/22

ダイビング・ログ 2006 Oct. 柏島2

【場所】 高知県大月町柏島

【日程】 2006.10.21~22

【コンディション】 快晴 気温25℃
          水温25℃ 透明度 10~20m

【ポイント&コメント】

 「竜ヶ浜」 
  ホタテウミヘビ ワカヨウジ ヒバシヨウジ(幼)
  
 「後の浜1番」
  キビナゴ(群れ) 

 「勤崎」
  コブダイ ヘラヤガラ(縦泳ぎ) レンテンヤッコ

 「後の浜3.5番」
  モンガラカワハギ(若魚) イシダイ アカヒメジ(群れ)
  メジナ(群れ) キビナゴ(群れ)
  モンハナシャコ 
   
 気温と水温がほぼ同じになって、そろそろドライスーツの季節。
 と思ったけど、エントリー前に汗没状態…。

 水中は、まだまだ賑やか。
 どのポイントにも、キビナゴの大群。
 自分で見るのと、人に見せるのと、人を見るのは、全く違うものだなと。
 思いつつ、今回も講習三昧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/20

Henrietta has four legs...

教育学部の学生にニワトリの絵を描かせたら、脚が4本あった。
とは、生物学の教授の嘆き節だったけれど。

4本脚のニワトリ、本当にいたらしい…。

元の記事は、こちら(CNN 英語)

日本語の記事は、こちら

養鶏場で飼われている3万6000羽のうちの1羽、とはいえ。
1年半ものあいだ誰も気付かなかったって、すごい話。

記事には詳しく書かれていないけれど。
1年半も飼われている、ということは採卵鶏なんだろうか。
有精卵を産ませたら、もしかして4本脚のヒナが孵るんだろうか。
で、そのヒナがまた卵を産んで、4本脚のニワトリが増殖して…。

なんだか怖い考えになりそうだから、この辺でやめておこう。


フライドチキン的には、お得かなと思ってもみたけれど。
余分な2本は脚として機能してないらしい。
それじゃあ、肉がついてなくて、おいしくないかもしれないな…。

【おすすめ】
 Book 「MOUSE」 牧野修
 Music 「恋するニワトリ」 谷山浩子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/19

「う」と「し」のあいだ

「うっかり」と「しっかり」
1文字しか違わないのに、ずいぶんと意味が違う。

「しっかりやれよ」とは言っても、
「うっかりやれよ」とは言わない。

「うっかりしてまして…」と言い訳しても、
「しっかりしてまして…」は言い訳にならない。

「この人は、しっかり者で」と言ったら、普通はほめ言葉。
「この人は、うっかり者で」と言ったら、あとで喧嘩になるかも。

「うっかり」と「しっかり」
字面も、なんとなく似てるんだけど。
うっかり間違えたら、困ったことになる言葉。

それにしても、ウッカリカサゴ。
ずいぶんな名前を付けられたもの。
うっかりなのは、人間の方だというのに。

もっとも、魚はなにも気にしてないだろうけど。

【おすすめ】
 Book 「The Silver Chair」 C. S. Lewis
 Music 「blue blue」 コブクロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/18

鶏のお買い物

「とり かっけ かい (に) くる」
高校生の時に覚えた、ビタミン欠乏症の語呂合わせ。

ビタミンAが不足すると、鳥目。
ビタミンBが不足すると、脚気。
ビタミンCが不足すると、壊血病。
ビタミンDが不足すると、くる病。

それぞれの欠乏症の最初の何文字かをつないだもの。
買い物カゴ持った鶏の姿とセットで覚えると、より効果的。

「ビタミンA,B,C,Dの欠乏で、鶏、脚気買いに来る。」

ビタミンについて語ることがあるかもしれない。
そんな方がおられたら、参考にどうぞ。

今となっては、何の役にも立たないけれど。
こういうことは、案外忘れない。

「壁に書く緑のミトコンと小さなリボン」
これは、植物細胞だったかな…。

【おすすめ】
 Book 「クローム襲撃」 ウィリアム・ギブスン
 Music 「500 Miles」 PETER,PAUL and MARY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/17

Thank you for the music.

ブログの【おすすめ】 Music のまとめ。

メロディーが好きだったり、歌詞が好きだったり。
なんとなく好きだったり、大好きだったり。
その時の気分に合っていたり、買ったばかりの曲だったり。
レベルはいろいろだけど、気に入った歌を載せてきました。

曲名書くと大変なので、アーティスト名のみで。

【邦楽系】
BEGIN
Cocco
DIAMANTES
MONGOL800
ネーネーズ
りんけんバンド
下地勇
嘉手苅林昌 
夏川りみ
我如古より子
喜納昌吉&チャンプルーズ
元ちとせ
上原知子

BUMP OF CHICKEN
CHAGE and ASKA
HOME MADE 家族
MCU feat.浜崎貴司
ORANGE RANGE
RAG FAIR
THE BOOM
THE YELLOW MONKEY
TM NETWORK
ケツメイシ
コブクロ
ザ・フォーク・クルセダーズ
サザンオールスターズ
さだまさし 
スキマスイッチ
スターダスト・レビュー
スピッツ
たま
バービーボーイズ
ポルノグラフィティー
ゆず
レミオロメン
吉田拓郎
森山直太朗
藤井フミヤ
徳永英明
爆チュー問題
平井堅

BRAHMAN
ELLEGARDEN
GOING STEADY
THE BLUE HEARTS
THE HIGH LOWS
ジャパハリネット
筋肉少女帯
甲本ヒロト
大槻ケンヂ

arp
Bonnie Pink
PSY・S
REBECCA
Rie fu
See-Saw
SINGER SONGER
The Eccentric Opera
おおたか静流
ジッタリンジン
宇多田ヒカル
鬼束ちひろ
笹川美和
紙ふうせん
手嶌葵
松任谷由実
上々颱風
森山良子
赤い鳥
太田裕美
大貫妙子
谷山浩子
中島みゆき
椎名林檎
渡辺美里
桃乃未琴
平原綾香
遊佐未森
林明日香
鈴木祥子
蓮井朱夏

【洋楽系】
ABBA
Belinda Carlisle
Cyndi Lauper
Enya
IZZY
Janet Kay
Joan Baez
Nena
Norah Jones
Olivia Newton-John
Origa
Pat Benatar
Peter,Paul and Mary
Sarah Brightman
SISSEL
The Carpenters   
The Cranberries

Billy Joel
Bob Dylan
BON JOVI
ENIGMA
Eric Clapton
John Lennon
O-Zone
Pink Floyd
Simon&Garfunkel
THE BEATLES
The Knack
Wham!

【ワールド・ミュージック系】
INCANTATION
Khukh Mongol
Nusrat Fateh Ali Khan
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
Pomerium
Secret Garden
ウヨンタナ
オユンナ
タブラトゥーラ
郭英男(Difang)と馬蘭吟唱隊
喜多郎
朱哲琴
東儀秀樹
姫神

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006/10/16

でした。

人間、完璧な生き物では、決してない。
だから、聞き間違ったり、言い間違ったり。
まあ、日常的におこるもの。
それは、仕方のないこととして。


パソコンの機種選定について相談中。
「もうじき、OSが"Windows Vista"になりますからね~。」

そう、コメントしたつもりだったのに。
パソコンが苦手な同僚から帰ってきた返事は。
「ウィンドウズでした?」


Vistaが発売されたら、XPが古くなる。
それは、間違いない事実。
でも、Windowsが過去形になるのは、どうなんだろう。


いろいろ説明した結果。
パソコン購入は、来年以降ということに。
OSは「ウィンドウズでした」で押し通されたけど。
ま、いいか。

【おすすめ】
 Book 「もう一人のチャーリイ・ゴードン」 梶尾真治
 Music 「空耳の丘」 遊佐未森

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/15

ダイビング・ログ 2006 Oct. 牟岐

【場所】 徳島県牟岐町牟岐大島

【日程】 2006.10.15

【コンディション】
 晴れ 気温25℃ 水温25℃ 透明度 5~8m

【ポイント】
 1本目「大島内湾」  2本目「ビシャゴ」 

【見た魚など】 

 カサゴ ウッカリカサゴ (サカナとの遊び方SP)

 キンギョハナダイ 

 キンセンイシモチ クロホシイシモチ オオスジイシモチ
 キンセンイシモチ ヤライイシモチ

 カンパチ

 コロダイ

 イトフエフキ

 タカノハダイ

 ヨメヒメジ

 タキゲンロクダイ シラコダイ チョウチョウウオ
 トゲチョウチョウウオ 

 キンチャクダイ

 クマノミ (サカナとの遊び方SP)
 スズメダイ コガネスズメダイ ソラスズメダイ 
 クロスズメダイ ナガサキスズメダイ ミツボシクロスズメダイ 

 イラ
 アカササノハベラ ホシササノハベラ ホンベラ
 ホンソメワケベラ キュウセン ニシキベラ
 カミナリベラ イトヒキベラ クロヘリイトヒキベラ 
 セジロノドグロベラ ムナテンベラ(色彩変異:紺色)
 タコベラ

 トラギス

 ニジギンポ ミナミギンポ

 クロユリハゼ ダテハゼ 

 ニザダイ

 アオサハギ カワハギ(サカナとの遊び方SP)

 キタマクラ シマウミスズメ

【コメント】

サカナとの遊び方SP受講

・近縁種の分布関係
 ex.)
  ネンブツダイ:北方系 クロホシイシモチ:南方系
  カサゴ:北方系 ミノカサゴ:南方系
  ホシササノハベラ:北方系 アカササノハベラ:南方系
  クマノミ 沖縄型 本州型
・行動の観察
  カワハギのペアリング
  クロホシイシモチの口内保育
・見分け方
  カサゴ ウッカリカサゴ
  ミノカサゴ ハナミノカサゴ
  カンパチ ヒレナガカンパチ
  テンジクダイ ネンブツダイ クロホシイシモチ
  クマノミ 沖縄型 本州型
  アカササノハベラ ホシササノハベラ それぞれの♂♀・中間
  キュウセン ♂♀・中間
  カワハギ ♂♀  

 他にも、参考になるお話、ネタいろいろ。
 久しぶりに、情報で頭が飽和しそうになったような…。
 書き忘れとかは、思い出し次第、随時追加予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/13

An apple a day, keeps the doctor away.

リンゴがおいしい季節。
スーパーにも、いろんな種類の林檎が並んでいます。

バラで買ってもいいけど、6個入りパックのほうがお買い得。
だけど、同じ味ばかりで飽きてしまうこともありますね。

そんな時には、焼きリンゴ。
手間暇かけずに、簡単に。

材料
・リンゴ(何でもいいけど、できれば紅玉)
・バター(普通のでいいけど、できれば発酵バター)
・シナモンパウダー(お好みで)
・グラニュー糖(甘党ならお好みで)
・醤油(お好みで)

作り方
・リンゴは水洗いして、厚さ1cmに横スライス
・フライパンを熱して、バターを溶かす
・スライスしたリンゴを入れ、弱火で加熱
・時々ひっくり返して、リンゴ全体に火を通す
・最後に強火にして、両面に軽く焦げ目をつける

以上、できあがり。
(シナモンとグラニュー糖は、強火にする前にお好みで振りかけて)

リンゴの酸味と甘み、バターの塩味と香りがよく合う一品。
ちょっと甘めの白ワインや、トースト&紅茶と一緒にどうぞ。
シェリーやカルバドスと合わせてもいいかな。

グラニュー糖の代わりに、お醤油をほんの少しだけ。
そうすると、豚ヒレ肉のグリルにもよく合う味になります。
この場合は、軽めの赤ワインをどうぞ。

あとは、お気に入りの本と音楽があれば…。

【おすすめ】
 Book 「カードミステリー-失われた魔法の島」 ヨースタイン・ゴルデル
 Music 「Sanctuary」  Secret Garden

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/12

缶の内外

鯖缶には、鯖が入っている。
カニ缶には、カニが入っている。
ツナ缶には、ツナが入っている。
桃缶には、桃が入っている。
パイン缶には、パインが入っている。
ミカン缶には、ミカンが入っている。
ということは。

猫缶には、猫が入って…

スチール缶は、スチールでできている。
アルミ缶は、アルミでできている。
ということは。

猫缶は、猫でできて…

帰納的推理の落とし穴。


ところで。

"Can you can a can?"
できたところで、どうなるものでもないけど。

【おすすめ】
 Book 「シェイヨルという名の星」 コードウェイナー・スミス
 Music 「クロ」 遊佐未森

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/11

けりけりとけりなきにけり

秋半ば。
稲刈り後の田んぼに、ケリの姿。

ケリ。
ラ行変格活用の助動詞「けり」 …けり けら - けり ける けれ -
じゃなくて、チドリ目チドリ科の野鳥。
ケリケリと甲高い声で鳴くから、ついた名前が「ケリ」。

標準和名 ケリ 
学名 Vanellus cinereus
英名 Grey-headed Lapwing

ハトよりも一回り大きい体。
英名から判るように、灰色の頭。
背中は茶色、腹は白、胸には三日月に似た黒いライン。
先端だけが黒い黄色のくちばしに、赤い瞳。
長めの脚は、くちばしより少しくすんだ黄色。
翼を広げると、先は黒、中程は白。

決して派手な色彩ではないし、体が大きいわけでもない。
だけど、田んぼに佇むだけで、妙に存在感のある鳥。
理由はたぶん、その性格。

気性が激しいというか、負けん気が強いというか。
繁殖期や雛のいる時期、うっかり巣に近づくと怒る。
なにもそこまで、と思うくらい激しく怒る。

人間、野良犬、カラス、ヘビ… 基本的に相手は選ばない。
まずは、けたたましく鳴きながら、接近者の周りを飛び回る。
そこで引き返さないと、直接攻撃も辞さない構え。

飛び回りながら、少しずつ距離を詰める。
脚とくちばしは、徐々に攻撃モード。
ある程度まで近づいたところで、急降下&アタック。

爪とくちばしを使った攻撃は結構激しい。
雛を狙った野良犬やカラスが、鳴きながら退散していくほど。
高校の生物部には、「観察に熱中しすぎてケリに蹴り倒された」
そんな伝説の持ち主もいた。

そんなケリも、繁殖が終わった秋冬は比較的おとなしい。
何羽かが集って、田んぼでのんびり餌を採っていたりする。

だからといって、油断は禁物。
双眼鏡で覗くと、レンズ越しに鋭い一瞥が飛んで来る。
続いて、ケリケリと鳴き声を上げ、こちらに向かって飛び立つ気配。
そんな雰囲気になったら、さっさと逃げるのが一番。

鳥とはいえ、蹴られると相当痛いから。

【おすすめ】
 Book 「土間の四十八滝」 町田康
 Music 「Have You Never Been Mellow」 Olivia Newton-John

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/10

So many fishes, so little time!

柏島で観察できる魚は、1000種類以上。
日本で見られる魚のうち、1/3近い数だとか。

日本で見られる野鳥は全部で600種類ほど。
日常的に見られるのは、そのうち1割もない。
野鳥の見分け方は自信があるのだけれど。
魚の方は、まったく桁が違う話。

しかも魚は、1種類につき姿が1つとは限らない。
雄・雌・その中間、成魚・若魚・幼成魚・幼魚・稚魚…
同じ種類とは思えないほどカラーリングも形も違っていたり。
そうかと思うと、違う種類なのにそっくりだったりもする。

どれだけ潜ったら、全部識別できるようになるんだろう。
そう思いつつ、識別できた&ガイドさんに教えてもらったお魚リストなど。
柏島は講習だったので、樫西メインで。

【魚】

 ダイナンウミヘビ

 ウツボ

 キビナゴ(群れ)

 ゴンズイ(群れ)

 ミナミアカエソ

 ワカヨウジ ノコギリヨウジ

 ハシナガウバウオ 

 アカマツカサ

 アオヤガラ ヘラヤガラ

 ハナミノカサゴ カサゴ キリンミノ

 キジハタ キンギョハナダイ

 ミナミハタンポ(大群)

 キンセンイシモチ クロホシイシモチ コスジイシモチ 
 オオスジイシモチ ヤライイシモチ スダレヤライイシモチ

 ヨスジフエダイ

 アジアコショウダイ(幼魚) コロダイ

 ミギマキ タカノハダイ

 イシガキダイ

 メジナ

 タナバタウオ

 ヨメヒメジ アカヒメジ ホウライヒメジ オキナヒメジ オジサン

 チョウチョウウオ トゲチョウチョウウオ タキゲンロクダイ
 キンチャクダイ サザナミヤッコ タテジマキンチャクダイ

 サラサゴンベ オキゴンベ

 コガネスズメダイ マツバスズメダイ ナガサキスズメダイ
 クロスズメダイ ソラスズメダイ ミツボシクロスズメダイ
 フタスジリュウキュウスズメダイ ネッタイスズメダイ クマノミ 

 アカササノハベラ キュウセン ホンベラ カミナリベラ 
 コガネキュウセン コガシラベラ クロヘリイトヒキベラ 
 イトヒキベラ イトベラ ホンソメワケベラ オトメベラ 
 ヤマブキベラ カンムリベラ タコベラ オグロベラ 
 ツユベラ(幼魚) テンス(幼魚) 

 ブダイ アオブダイ ヒブダイ

 トラギス 

 ニジギンポ ミナミギンポ テンクロスジギンポ カモハラギンポ

 ハナハゼ ダテハゼ ハタタテハゼ クビアカハゼ クサハゼ
 
 ニセカンランハギ ニザダイ ツノダシ

 ツマジロモンガラ

 カワハギ アオサハギ(幼魚)

 シマウミスズメ ハコフグ ミナミハコフグ(幼魚)
 キタマクラ ハリセンボン イシガキフグ

【エビ・カニ】

 ゼブラガニ オランウータンクラブ ナマコマルガザミ

 オトヒメエビ  
 ムチカラマツエビ キミシグレカクレエビ ビシャモンエビ
 オドリカクレエビ オシャレカクレエビ アカホシカクレエビ
 コマチコシオリエビ イソギンチャクモエビ

 モンハナシャコ

【イカ・タコ】
 アオリイカ

【ウミウシ】
 アメフラシ

【死に物】
 風と波で運ばれたのか、ビニールゴミたくさん
 アサヒ スーパードライ(350ml缶)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/09

ダイビング・ログ 2006 Oct. 柏島

【場所】 高知県大月町柏島・周防形

【日程】 2006.10.07~09

【コンディション】 快晴 気温24~25℃
          水温25℃ 透明度 10~20m

【ポイント】

樫西
 「沖の大島アーチ」 
 「海中公園2号」
 「尻貝」

柏島
 「後の浜1番」
 「竜ヶ浜」
 「後の浜3.5番」

【コメント】

前回の8月末から、1ヶ月ちょっと。
夏真っ盛りから一転、気温と風は、すっかり秋。

台風のなごりか、季節風なのか、7日は柏島大荒れ。
樫西に移動したものの、それなりに波はあり。

8日は柏島で潜ったけれど、波&流れ&うねりも少々…。
それ以外は、透明度抜群、お魚がたくさんの良コンディション。

9日は、前2日がウソのような穏やかな海。
山の天気も変わりやすいけど、海もなかなかのもの。

見た魚などは、明日UP予定…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/05

隙間的生物

ここ1ヶ月ほど気になっていた、ビルの隙間
いつもと違う時間に通ってみると、キャットフードを食べる猫の姿。

Cat1_1
 
 
 
 
 
 
 
 

しっぽなど触ってみたけど、逃げる風もない。
でも、食べ終わって水を飲んだら、振り返りもせず去っていった。

Cat2
 
 
 
 
 
 
 
 

この隙間、いったいどこに通じているんだろう。

それにしても、猫という生き物。
つくづく隙間が好きなもの。

これは、別ビルの別猫。
名前は、知らない。

Foma_042
 
 
 
 
 
 
 
 
  

【おすすめ】
 Book 「吾輩は猫である」 夏目漱石
 Music 「ロビンソン」 スピッツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/04

Bebinca Rumbia, pudding and tapioca.

週末にかけて、台風2つ接近中。
進路が気になるところだけれど、ちょっとばかり気分転換を。


台風16号 Bebinca(バビンカ)は、マカオの言葉で「プリン」。
台風17号 Rumbia(ルンビア)は、マレーシアの言葉で「サゴヤシ」。

「プリン」と「サゴヤシ」は、デザートつながりです。
どうつながるかというと、こんな感じ。

・サゴヤシは、タピオカ(デンプン)の原料
・タピオカを球状に加工すると、タピオカ・パール
・タピオカ・パールは、タピオカ・プディングの材料
・タピオカ・プディングは、プリンの仲間
・プリンとタピオカ・プディングは、どちらもデザート

タピオカ・パールは、他にもいろいろなデザートになってますね。
タピオカ・ココナツとか、タピオカ・ミルクティーとか、お汁粉とか。
もっとも、サゴヤシから作られるタピオカは稀少品。
普通に売られてるタピオカは、キャッサバが原料だったりします。

プリンのほうも、種類いろいろ。
カスタード、牛乳、パンプキン、マンゴー、チョコレート、抹茶、ゴマ…
焼いたり、蒸したり、ゼラチンで固めたり、作り方もいろいろと。
クリーム・ブリュレやパンナコッタも仲間に入るでしょうか。

台風は自然現象。
いくら進路を気にしたところで、仕方がないもの。
それより、デザートとお茶を楽しむほうがいいかもしれないですね。

私の場合、おいしいお酒と肴ですが。

【おすすめ】
 Book 「Mother Goose」 
 Music 「Amazing Grace 」 Aled Jones

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/03

合言葉は…

今では移転してしまったけれど。
大学にほど近いところに、韓国家庭料理の店があった。

行き始めたきっかけは忘れてしまった。
でも、遅くまで開いているし、安くておいしいし。
研究室で煮詰まった学生同士、時々飲みに出かけた店。


狭い階段を上った2階、そう広くもない座敷の店内。
厨房を仕切るのは、韓国出身の美人ママ。

いろいろメニューはあったけれど、注文はいつも同じ。
「大腸石鍋」「チャンジャ」「チヂミ」

まずは、大腸石鍋。
平たい石鍋で、牛大腸とキムチ、タマネギを焼きつつ。
香ばしい香りとピリ辛の味付けで、生ビールを何杯か。

ビールはもういいかなと思ったら、韓国焼酎を1本キープ。
こちらも、いつも同じ「木浦(もっぽ)の雫」。

チャンジャ(鱈の内臓の塩辛)をつまみつつ、焼酎を水割りで。
キープといっても、3,4人で行けば1本空いてしまうのが常。

チャンジャだけでは物足りなくなってきたら、チヂミを注文。
調子が良ければ、木浦の雫をもう1本。

たいがい酔っぱらって、研究室に戻っても仕事にならず、帰宅。

「韓国料理屋に大腸石鍋を食べに行かない?」という誘いの言葉。
関西出身者が多かったせいか、いつしか訛って、省略されて。
最終形は 「大腸喰いに行けへん?」


暑いとか、寒いとか。眠いとか、疲れたとか。
実験が失敗したとか、調査結果を集計したら予想外だったとか。

そんな時、夜の研究室で誰かが言い出す。
「なあ、大腸喰いに行けへん?」
反対する人は、いなかったなあ…。

移転先のお店で、久しぶりの大腸石鍋。
変わらない味と、美人ママの笑顔で思い出した、ことなど。

【おすすめ】
 Book 「淋しいおさかな 」 別役実
 Music 「Memories」 OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/02

ダイビング・ログ 山陰 2006 Oct.

【場所】 島根県松江市島根町

【日程】 2006.10.01

【コンディション】 曇り後雨 気温21℃ 水温21℃ 透明度 5~8m 

【ポイント】 フレンズしまね前の湾内

【見た生き物など】

 最大水深2.8m。ダイコンがカウントした潜水時間21分。
 水中より水面にいた時間の方が、圧倒的に長かった…。
 なので、お魚観察はほとんどできず。

 ・上空
  アオサギ ウミネコ トビ イソヒヨドリ ハシブトガラス

 ・水中
  ニジギンポ
  ヨメヒメジ ヒメジ
  イワシ(群れ)
  オハグロベラ キュウセン ホンベラ アカササノハベラ
  チャガラ サビハゼ クツワハゼ
  カワハギ アミメハギ
  クサフグ キタマクラ

【その他】
 レスキュー・トレーニングの要救助者役。
 オハグロベラを観察しつつ、水中で救助を待つこと20分。
 発見してもらえないまま、自力で浮上。
 まあ、時にそういうこともある…。

 やけに攻撃的なオハグロベラ♂
 同種♂だけでなく、他の魚まで追いかけ回していた。
 暇つぶしに見ていると、マスクのすぐ前を行ったり来たり。
 いったい、何を考えているんだろう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/01

What do you recommend?

朝夕涼しくなってきて、そろそろ煮込み料理の季節。
いいタイミングで、牛すじ肉が安く手に入った。
とりあえずは、下ごしらえ。

大きめの鍋にお湯を沸かして、牛すじ肉をゆでる。
浮いてきたアクと脂を取りながら、20分ほど。
一度ゆでこぼしてから、さらに30分ほどゆでる。
アクが出なくなったら、ザルにとって、さっと水洗い。

下ごしらえした牛すじの水気を取って、適当な大きさに切る。
歯ごたえを残して仕上げる料理なら、一口大。
とことん煮込むなら、煮くずれてもいいよう大きめに。

そういえば、まだ何を作るか決めてなかった…。
おでんもいいし、スープカレーに仕上げても面白そう。
ゴボウとコンニャクと煮込むのも、悪くない。
いろいろ思い浮かぶけど。

他に何か、おすすめ牛すじレシピ、ありませんか?

【おすすめ】
 Book 「The Voyage of the Dawn Treader」 C.S.Lewis
 Music 「亀」 MONGOL800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »