« ありあわせ実験系料理 | トップページ | It sounds a bit wrong. »

2006/11/16

葡萄酒の季節

小学校の3年か4年の時の、秋のある日。
学校から帰ったら、祖父が葡萄酒を作っていた。
材料は、市場に出荷した残りのデラウェア。

どこで作り方を聞いてきたんだか。
ブドウを樽に詰めて、潰して、砂糖を加えて、蓋をして。
1日に1回かき混ぜつつ、待つこと10日ほど。

できあがったのは、泡立ったグレープジュースのような液体。
子どもは飲むなと言われていたんだけど。
こっそり味見したら、酸っぱくてチクチクして、おいしくなかった。


それから、ずいぶん時が流れて。

昨日の夜、日本酒バーのカウンターにて。
「こんなものを作ってみた」 と、お店のご主人。
少し泡立った葡萄色の液体が入ったガラスビンを見せてくれた。

なんでも、野生のヤマブドウで葡萄酒を作ってみたんだとか。
11月16日に試飲をする、という話。
さて、どんな味がするのやら。

【おすすめ】
 Book 「ワイン生活―楽しく飲むための200のヒント」 田崎真也
 Music 「PHANTOM OF THE OPERA」 SARAH BRIGHTMAN

|

« ありあわせ実験系料理 | トップページ | It sounds a bit wrong. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/12710832

この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄酒の季節:

» 芋焼酎 さつま寿(ことぶき) [芋焼酎のすべて]
焼酎BAR Hide:さつま寿(さつまことぶき) - livedoor Blog(ブログ) からの引用です。これも今は店頭にございませんが、店主の一番のお気に入りと言って良いでしょう。「さつま寿」(尾込商店)です。ピリピリしないスムーズな飲み口と、ふくよかで濃厚な芋の味わい。...... [続きを読む]

受信: 2006/11/23 23:48

« ありあわせ実験系料理 | トップページ | It sounds a bit wrong. »