« ダイビング・ログ 2006 Nov. 牟岐 | トップページ | Was it all planned from the start? »

2006/11/20

聞く耳のありか

「鞭声 粛々 夜河を渡る」
子どもの頃、隣家のおばあさんが吟じていた川中島。

鞭声って何なのか、粛々ってどういうことなのか。
小学生に理解できるはずもなく。

「弁慶 シクシク 夜河を渡る」
ずいぶん長いこと、そう思っていた。

弁慶が川で滑って、向こう脛を打って、痛くて泣いてる。
そんな場面を想像しつつ。


できることなら、当時の自分に言ってやりたい。
そんな光景、詩になんかしないし、大声で吟じないだろう。
川中島と弁慶も、ぜんぜん関係ないし。

焦げよマイケル」の例にしてもそうなんだけど。
人間、自分の理解できる範囲でしか話を聞かないもの。

よく説明したつもりが、ぜんぜん理解されてなかったり。
質問がないと思ったら、判らないところが判ってなかったり。

他人に物事を説明するのは、本当に難しい。
そうはいっても、説明しなければ物事始まらない。

分かりやすい説明ができる方法。
分かりやすく説明してほしい。

聞く耳持ってない人には、どう説明しても無駄なんだろうけど。

【おすすめ】
 Book 「記憶の技法」 吉野朔実
 Music 「1985」 THE BLUE HEARTS

|

« ダイビング・ログ 2006 Nov. 牟岐 | トップページ | Was it all planned from the start? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/12759058

この記事へのトラックバック一覧です: 聞く耳のありか:

« ダイビング・ログ 2006 Nov. 牟岐 | トップページ | Was it all planned from the start? »