« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

【おすすめ】のまとめ

ブログのおまけ、【おすすめ】Bookのまとめ、3月&4月分。
毎年のことながら、なんだか忙しい2ヶ月。
読書も「斜め読み」と「繰り返し読み」が多くなってるような…。

連休後半は、ゆっくり読書できるかな。

「和食と器の本」          オレンジページ
「岩宿遺跡のなぞ」         たかしよいち,寺島竜一
「夕鶴・彦市ばなし」        木下順二
「アマニタ・パンセリナ」      中島らも
「The Dark Is Rising」       Susan Cooper
「ドミノ」               恩田陸
「海潮音―上田敏訳詩集」    上田敏
「うるさい日本の私」        中島 義道
「Say Hello! あのこによろしく。」 イワサキユキオ
「はじめてわかる国語」      清水義範・西原理恵子
「いきものがたり」          Think the Earth Project
「失はれる物語」          乙一
「声に出して読みたい日本語」  斉藤孝
「シルクロード・宇宙ゆく帆船」   神坂智子
「インターネット的」         糸井重里
「小さいことばを歌う場所」     糸井重里
「13ヶ国ゆうたらあかんディクショナリイ」 開高健
「タマリンドの木」          池澤夏樹
「木」                 幸田文
「街道を行く 沖縄・先島への道」 司馬遼太郎
「未来いそっぷ」           星新一
「対話する生と死」          河合隼雄
「死者の書・身毒丸」        折口信夫
「注文の多い料理店」        宮沢賢治
「沈黙のフライバイ」         野尻抱介
「推理小説」             秦建日子
「憲法第九条を世界遺産に」   太田光 中沢新一
「食あれば楽あり」         小泉武夫
「音の晩餐」             林望
「老後がこわい」          香山リカ
「経済ってそういうことだったのか会議」 佐藤雅彦,竹中平蔵
「人間はどこまで動物か」     日高敏隆
「ロミオとロミオは永遠に」     恩田陸
「日本語へそまがり講義」     林望
「鷺娘―京の闇舞―」       菅浩恵
「たそがれに還る」         光瀬龍
「闇の左手」             アーシュラ・K・ル・グィン

Concert "BEGIN TOUR 2007
        ~オキナワン フール オーケストラ コンサート~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/29

Greenery Day has been changed to Showa day.

「天皇誕生日」改め「みどりの日」改め「昭和の日」になった4月29日。
そんなことには関係なく、野鳥&植物観察。

場所:岡山県和気町
時間:10:00~12:00

観察した(声を聴いた)鳥
 カイチブリ カルガモ アオサギ トビ キジバト コゲラ ツバメ
 セグロセキレイ ヒヨドリ (ウグイス) シジュウカラ ホオジロ
 メジロ カワラヒワ イカル スズメ ハシブトガラス

観察した植物
 ガマズミ ミヤマガマズミ コバノガマズミ ヤブデマリ
 ゴマギ ニシキギ ウツギ タニウツギ 
 ザイフリボク リョウブ コバノミツバツツジ モチツツジ
 コナラ アラカシ シラカシ スダジイ
 ヤマザクラ カスミザクラ ヤマブキ フジ ヤマフジ
 シャリンバイ ヤマモモ ナワシログミ アキグミ
 タラヨウ
 スミレ ヒメスミレ コスミレ アリアケスミレ

快晴&さわやかなお天気。
新芽や花がいろいろ楽しめて、自然観察が楽しい季節。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/27

あたらしい?単位

BOOT CAMP。
帰りが遅くなって、出来ない日を挟みつつ、基礎プログラム4日目。

基礎プログラム2日、応用2日、腹筋2日、最終1日で、7日間。
とはいうけど、基礎はしっかりやる方が良さそうな気がするので。

ところで。
プログラムをこなす回数は、ビリーで数えるといい。
知り合いがそう言ってた。

プログラム1回が、1ビリー。
基礎2ビリー、応用2ビリー、腹筋2ビリー、最終1ビリー。
合わせて7ビリーで、全プログラム終了。

普通は1日1ビリー。
運動不足気味の時は、2ビリーするといいんだとか。

単位にまでなってしまうなんて。
さすがは、ビリーさん。

" I'm your leader. "
なんて台詞が、様になるだけのことはある…。

のかな。

【おすすめ】
 Book 「和食と器の本」 オレンジページ
 Music 「イイカンジ」 DIAMANTES

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/04/26

発掘

「発掘」っていう言葉。
結構好きで、よく使ってしまう。

「その本、家の本棚にある筈なんで、忘れなかったら発掘しときます。」
「ちょっと倉庫に行って、○○年頃の書類、発掘してきます。」
「ど忘れしたけど、記憶を発掘してみます。」

普通には「探します」って言えばいいようなものなんだけど。
つい使ってしまう。

「発掘」。
掘って発見するから、発掘っていうのかどうか。
その辺のことは、よく分からないけど、「発掘」。


初めて知ったのは、子供の頃読んだ「岩宿遺跡のなぞ」っていう本で。
貝塚とか石器とか、関東ローム層なんて言葉も同時に知ったんだけど。
一番気に入ったのが、「発掘」。

その本を、ずいぶん久しぶりに読みたくなって。
実家のMY書庫(イナバの物置)発掘したけど、見つからなかった。
両親に聞いたら、地元の小学校に寄付してしまったとか…。

まあ、しかたない。
でも、できることなら。
その本を読んで、「発掘」っていう言葉。

気に入ってくれる子がいたらいいな。

【おすすめ】
 Book 「岩宿遺跡のなぞ」 たかしよいち,寺島竜一
 Music 「ミーファイユー」 BEGIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/25

I’ve missed you so much!

18:30から21:30まで、3時間のコンサート。

楽しかった。

BEGINの歌、トーク。
琉球国祭り太鼓の演舞。
客席からの指笛やかけ声。
一緒に踊った、カチャーシー。

全部が本当に、楽しかった。

ただ一つ残念なこと。
オリオンビール(缶)仕込んでいくの、忘れた…。

次は、忘れないようにしよう。

【おすすめ】
 Concert "BEGIN TOUR 2007
        ~オキナワン フール オーケストラ コンサート~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/24

千年の縁起かな

ちょっと季節はずれな気もするけど、タンチョウの話。

タンチョウ
学名はGrus japonensis、英名はJapanese Crane。
学名英名いずれにしても、日本を代表するツルって感じでしょうか。

漢字では丹頂、鶴を付けて丹頂鶴とも書きます。
丹頂の丹は赤い顔料、頂は言うまでもなく、てっぺんのことですね。
頭のてっぺんが赤いから丹頂。わかりやすい名前です。

タンチョウには白と黒の羽根が生えています。
でも、赤い羽根はありません。
では、頭のてっぺん、どうして赤いんでしょう?

あえて、答えは書かないことにしておきます。
タンチョウが近くにいたら、よくよく観察してみて下さいね。

話は変わりますが、タンチョウの好物は魚や虫です。
またまた話が変わりますが、魚食いの鳥、肉はおいしくありません。

その昔、大名だか殿様だかが、正月料理にタンチョウの肉を使った。
そんな話を聞いたことがありますが、おいしかったかは疑問ですね。

全然関係ないけど、鶴で思い出した。
ももけ」いまだに観察できてないなあ…。

【おすすめ】
 Book 「夕鶴・彦市ばなし」 木下順二
 Music 「ウージの唄」 かりゆし58

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/23

柔軟甘口系

ぎゅうひ、羽二重餅。
すあま、大福餅の皮。

岡山名物吉備団子。
山陰銘菓大風呂敷。
甲州土産は信玄餅。
静岡名産安倍川餅。
その他いろいろ餅系土産。

きな粉かかってるとか、白い粉が振ってあるとか。
餡や黒蜜つけて食べるとかって話は別として。
中身だけ見たら、ほとんど同じ気がするんだけど。
実際のところ、どうなんだろう。

目の前にある、いただき物の大福餅。
どうしようかと、思い悩みつつ。
酒のつまみには、ならないしなあ…。

【おすすめ】
 Book 「アマニタ・パンセリナ」 中島らも
 Music 「逆光」 BRAHMAN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/22

I copy.

来るべきウェットスーツ・シーズンに向けて。
ビリーさんと、お友達になってみることにした。
ビリーさんは私を知らないけど、まあいいか。

"BILLY'S BOOT CAMP"
7日間集中エクササイズ。
今日で2日目。

DVD、ビリーさんの後ろで踊ってるお姉さん達。
みなさん見事に腹筋割れてて、何者なのか、すごく気になる。
初心者って設定の人でも、三角筋&上腕三頭筋、結構ついてるし。

それはともかく。
今のところの効果は、ビールがおいしく飲めること。
そんなことでいいのかな…。

【おすすめ】
 Book 「The Dark Is Rising」 Susan Cooper
 Music 「You Raise Me Up」 Celtic Woman

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/21

とりあえず。

アドバイスメールをいただいて、カーナビ黙らせることに無事成功。
これで、普通にドライブができる。

ありがとうございました&うれしいなー。

【おすすめ】
 Book 「ドミノ」 恩田陸
 Music 「花」 中孝介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/19

たかが、されど、

地域の見所ガイドを見ていて、「皿洗の滝」って場所を見つけた。

その昔、滝の周りに村の娘たちが集って、仲良く皿を洗った。
そんないわれがある場所らしい…。
じゃなくて、「血洗の滝」の誤植。

須佐之男命尊が出雲で大蛇を退治した後、剣についた血を洗った。
そんな伝説のある場所。

皿洗と血洗。
たかが点1つとはいえ、あるとないとでは、ずいぶん違うもの。

でも、皿洗の滝。
あったらあったで見てみたい気もするな…。

【おすすめ】
 Book 「声に出して読みたい日本語」 斎藤孝
 Music 「Again」 アンジェラ・アキ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/18

Anywhere else

どこかへ行きたい。
無性に、そう思う時がある。

北海道とか、沖縄とか。
そんな具体的な場所ではなく、どこか。

今、自分がいる場所ではない、どこか。
ここじゃない、どこか。

行ったら行ったで、「そこ」が新しく「ここ」になるだけだと。
「そこ」に行ったところで、また別の「どこか」に行きたくなると。

判っているけど。
でも、どこかへ行きたい。

ここじゃない、どこかへ。


If you cannot find peace within yourself,
 you will never find it anywhere else. by Marvin Gaye

【おすすめ】
 Book 「海潮音―上田敏訳詩集」 上田敏
 Music 「Handan’s pillow」 BRAHMAN

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/17

口にチャック

いま、ものすごく知りたいこと。

「カーナビを、黙らせる方法」

ハードディスクにCDが録音できますよ。
そうセールスされて付けた、HDDのカーナビ。
CDたくさん積む必要が無くなって、確かに便利なんだけど。

問題は、ナビゲーション。

300m先に右折専用レーンとか、左から合流があるとか。
見れば判るようなこと、いちいち喋りすぎ。

エンジン連動だから、電源切ることはできないし。
オーディオ兼ねてるから、音を切る訳にもいかないし。
試しにボリューム0にしたけど、音楽だけ消えて喋りはそのままだし。
取説じっくりと読んでみたけど、今のところ解決策は見つからず。

楽しく音楽を聞きながら、普通にドライブしたいんだけどな。
どうやったら、黙ってくれるのかな。
カーナビの奴。

【おすすめ】
 Book 「うるさい日本の私」 中島 義道
 Music 「LONELY BUTTERFLY」 REBECCA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/16

ためしてみよう

もし、あなたが犬を飼っていたら。
その犬が、「お手」と「お座り」ができるのなら。
一度、試してみてください。

「お手+お座り」=「お手わり」

そう命令したら、どんなリアクションが返ってくるでしょう。

実家の犬で試した結果。

半分ほど前足を上げる。
しばらく考えて、半分くらい腰を下ろす。
で、ものすごく困った顔で、こっちを見る。

「お手」って言ってるから手を挙げないと。
でも、なんか「わり」とも聞こえたから、お座りもしなきゃ。
だけど、お座りとは言われてない気もするし、どうなんだろう?

そんなふうに考えてたのか、どうなのか。
でも、犬のそんなところ。
かわいくて、好き。

【おすすめ】
 Book 「Say Hello! あのこによろしく。」 イワサキユキオ
 Music 「パイぬパティぬ島」  下地勇

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/14

Other people's affairs

世の中の出来事って、自分のこと以外は全部他人事。

とはいえ身近なところで起きた出来事。

他人事といっても気になるような。


大事にはならなかったみたいで。
何はともあれ、なにより。

【おすすめ】
 Book 「はじめてわかる国語」 清水義範・西原理恵子
 Music 「No Need To Argue」 The Cranberries

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/13

ん?

部屋に帰る前に、郵便受け前の掲示板チェック。
この間までなかった、手書きの張り紙が一枚。

「自転車カバー預かってます 管理人」

そのまま通り過ぎようとして、何か引っかかった。
なんだろう。

もう一度、張り紙を見直してみる。
よく見ると、表題部分が何か違う。

 「置し物連絡」

意味はなんとなく判るんだけど、ね…。
管理人さん、毎日お疲れさま。

【おすすめ】
 Book 「The Dark Is Rising」 Susan Cooper
 Music 「ありがとう」 りんけんバンド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/12

春色春音春景色

黄色がゆれる菜の花畑。
やわらかなピンクの桃畑。
ちらほらレンゲの咲く田んぼ。

イロハモミジとケヤキの新芽。
ソメイヨシノは桜色の絨毯。
山は笑って、うっすら緑。

高く低く飛び回るツバメ。
梢でさえずるカワラヒワ。
軒下で鳴くスズメの雛たち。

たくさんの春、見つけた。

【おすすめ】
 Book 「いきものがたり」 Think the Earth Project
 Music 「JOYRIDE」 HOME MADE 家族

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/11

Never too old to learn.

とりあえず、始めてみる。

「そんなの無理」とか「どうせ、できっこない」とか。
そんなこと考えずに、始めてみる。

始めたら、続けてみる。
頑張らなくてもいいけど、あきらめずに続けてみる。

そうこうしてるうちに、結構なんとかなるもの。

人生、長いか短いか。
いまだに、よく解らないけど。

最初から、あきらめる。
それだけは、しないでおこうと思う。

Learn as if you were to live forever.
Live as if you were to die tomorrow.
            Mahatma Gandhi

と、まあ、こんな風に考えてみたのは。
やっぱり、春だからかな。

【おすすめ】
 Book 「失はれる物語」 乙一
 Music 「うたかた。」 Cocco

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/04/10

閑話休題

三脚に石綿付き金網を置いて、水を入れた三角フラスコを乗せる。
アルコールランプにマッチで火を付けて、三脚の下に滑らせる。

お湯を沸かしているあいだに、漏斗台においた漏斗にろ紙をセット。
漏斗台の高さを調節して、漏斗の下に適当な大きさのビーカーを置く。

お湯が沸いたら、アルコールランプの火を消してフラスコを下ろす。
熱くなってるので、フラスコを持つ時は気を付けて。

漏斗にコーヒーの粉を入れて、フラスコからゆっくりお湯を注ぐ。
最初の20秒ほどは、粉が水気を含むよう、特にゆっくりと。
ろ過が終わったら、おいしいコーヒーの出来上がり。

何人分かまとめて淹れるなら、三角フラスコを受け皿に使うのもあり。
適当な大きさのビーカーに注ぎ分けて下さいね。

ミルクと砂糖を入れる場合は、薬さじとガラス管があると便利。
温度計でかき混ぜると、飲み頃温度チェックができて、なおいいかも。

夜の研究室。
小さめのビーカーで飲むコーヒー。
大きめのビーカーで飲むビール。
フラスコで燗つけた日本酒なんてものあって。

なんと言うことはないけど、おいしかった気がする。

今となっては、わざわざしようと思わないけど。
まあ、そんなできごともあったというお話。

【おすすめ】
 Book 「声に出して読みたい日本語」 斉藤孝 
 Music 「遊びションガネー」 ネーネーズ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/09

卯月の八日

花まつりの日に、河原でお花見。
ずいぶん大勢の人出だったけど。

お釈迦様の誕生日、お祝いしてる人。
たぶん、一人もいなかっただろうな。

【おすすめ】
 Book 「シルクロード・宇宙ゆく帆船」 神坂智子
 Music 「花祭り」 DIAMANTES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/07

I'm really fed up with them.

家で使っているメールアドレス。
スパムメールが初めて届いたのは、去年の11月末。
2~3日に1通くらいだったから、フィルタリングで対処してたんだけど。

3月に入ってからというものの、スパムの件数増加の一途。
少ない日で、5通くらい。多い日は30通以上。
今日は、17時現在で17通。

メールアドレスの記入は必要最小限にしてるし。
怪しいサイトでアドレス入力したこともないし。
当然公開もしてない。

なのに、メールアドレス、どうしてスパム業者に流れたんだろう。
と書いてる間に、またスパム到着。

明らかに、あやしいorありえない内容のメールばかり5通。
こんなのに引っかかる人って、いるんだろうか。

なんにしても。
スパムであれチェーンであれ、いらないメールはいらない。
って、ここに書いても無駄だよなあ…。

別の対策、考えよう。

【おすすめ】
 Book 「インターネット的」 糸井重里
 Music 「ロクデナシ」 THE BLUE HEARTS
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/06

不思議なできごと。

体のサイズをいろいろと測って、それに合わせてスーツを作る。
そしたら、大きすぎず、きつすぎず、体にぴったりなものができる。

だいたい、そういうものではないかと思ってたんだけど。
世の中、そうとも限らないらしい。

フルサイズオーダーして作った、ドライスーツ。
一度目は不愉快に大きすぎ、二度目は不愉快に小さすぎ。

どうして、そんなことになるんだろう。
まったくもって、不思議…。

【おすすめ】
 Book 「小さいことばを歌う場所」 糸井重里
 Music 「アンシンメトリー」 スガシカオ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/05

けきょっ

花冷えとはいっても、世の中すっかり春。
ウグイスのさえずりが、あちらこちらから。
 "ほーほけきょ"

時々、鳴き方が下手なのもいたりします。
 "ほー…ほー… ほーーぺちょっ"

ところでウグイス。
最後の "けきょ" 部分だけ繰り返して鳴くこともあります。

"けきょけきょけきょけきょけきょけきょきょきょきょきょっ…"

最初の "ほー" がないと、ずいぶんけたたましい感じ。
谷渡りと呼ばれるこの鳴き方、警戒の気分を表しています。

上空をワシやタカが飛んだり。
生存戦略上の敵であるホトトギスが近寄ってきたり。
何も考えてない人間が、巣の近くに図々しく踏み込んできたり。
そんな危険が迫ったときに、♂ウグイスが出す鳴き声。

ウグイスのさえずりを聞きながらの山歩き。
のどかでいいものですが、鳴き声が谷渡りに変わったら要注意。
♀のウグイスが、近くの巣の中で抱卵しているのかもしれません。
それを見た♂ウグイスが、いたたまれなくて鳴いてるのかもしれません。

そんな時は、鳴いてるあたりから、少し遠ざかってやって下さい。
ウグイスたちが、安心して暮らせるように。

同じ地球の上で暮らす仲間同士。
嫌がらせしあっても、何にもならないですからね。

【おすすめ】
 Book 「13ヶ国ゆうたらあかんディクショナリイ」 開高健
 Music 「姫林檎」 笹川美和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/04

Spring is in the air.

ずいぶん暖かくなったので、上着を一枚減らしてお出かけ。
そう思ったけど、玄関のドア出て2秒で自分の間違いに気が付いた。

風が冷たくて、気温が低め。
花冷え、って言葉がぴったりのお天気。

とはいえ、戻って着替えるほどの時間もなし。
動けば温かくなるだろうと、とりあえず自転車で爆走。

ずいぶんほころんだ桜も、心なしか寒そうな感じ。
寒さで開花が遅めになって、この週末あたり見頃かな。

【おすすめ】
 Book 「タマリンドの木」 池澤夏樹 
 Music 「さくらの花の咲くころに」  渡辺美里

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/02

ダイビング・ログ 2007 Mar. 樫西 生物編

【魚】

 ウツボ トラウツボ クモウツボ

 キビナゴ(群れ)

 オオモンカエルアンコウ(オレンジ・幼魚)
 ハダカハオコゼ

 ウミテング タツノイトコ(ペア)

 カミソリウオ

 ミナミアカエソ オグロエソ マダラエソ

 イシヨウジ

 ハシナガウバウオ 

 アカマツカサ マツカサウオ イットウダイ

 アオヤガラ(黄色)

 カサゴ ハナミノカサゴ

 アザハタ ユカタハタ 
 キンギョハナダイ フタイロハナゴイ

 ミナミハタンポ

 キンセンイシモチ コスジイシモチ オオスジイシモチ ヤライイシモチ 
 クロホシイシモチ(群れ)

 ヤセアマダイ

 ヨスジフエダイ ニセタカサゴ クマザサハナムロ

 コロダイ(成魚・若魚)

 イトタマガシラ

 ミギマキ タカノハダイ カゴカキダイ

 ホウライヒメジ オキナヒメジ オオスジヒメジ
 ヨメヒメジ オジサン

 チョウチョウウオ シラコダイ トノサマダイ ハタタテダイ
 タキゲンロクダイ

 キンチャクダイ レンテンヤッコ タテジマキンチャクダイ(幼魚)
 
 テングダイ

 オキゴンベ

 コガネスズメダイ キホシスズメダイ クロスズメダイ
 ソラスズメダイ ミツボシクロスズメダイ アマミスズメダイ
 クマノミ 

 ホンベラ カミナリベラ コガネキュウセン イトベラ
 ホンソメワケベラ オトメベラ ヤマブキベラ スジベラ
 セジロノドグロベラ タコベラ アカササノハベラ ホシササノハベラ
 キュウセン コガネキュウセン イトヒキベラ テンス(幼魚) イラ

 ブダイ アオブダイ

 トラギス オグロトラギス マダラトラギス

 ニジギンポ ミナミギンポ テンクロスジギンポ カモハラギンポ

 ダテハゼ ネジリンボウ ササハゼ
 
 ニセカンランハギ ニザダイ ツノダシ

 ツマジロモンガラ メガネハギ

 カワハギ

 シマウミスズメ ハコフグ ミナミハコフグ(幼魚)
 ハリセンボン イシガキフグ
 ハナキンチャクフグ キタマクラ 

【イカ・タコ】

 ハナイカ

【エビ・カニ】

 オランウータンクラブ キンチャクガニ ヒメキンチャクガニ
 クモガニ ゼブラガニ
 オトヒメエビ アカシマシラヒゲエビ イセエビ
 コモンヤドカリ

【ウミウシ・貝】

 ウミウサギガイ ホラガイ キリアイ
 ムラサキウミコチョウ ヒロウミウシ クロヘリアメフラシ
 シロハナガサウミウシ アミメウロコウミウシ
 コナユキツバメガイ カメノコフシエラガイ
 ヒラムシ

【その他】

 オニヒトデ 

水温高くなってきたせいか、ハゼの姿がちらほら。
三つどもえになって縄張り争いするトラギス。
なんだかアグレッシブなクロホシイシモチ。
♀争いなのか、やけに牽制しあうベラたち。
よくわからないけど、春なんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/01

ダイビング・ログ 2007 Mar. 樫西

【場所】 高知県大月町周防形

【日程】 2007.3.31~4.1

【コンディション】 
  曇り時々晴れ 気温 22~23℃
  水温21℃ 透明度 10~15m

【ポイント&コメント】

 「海中公園2号」 
  オオモンカエルアンコウ(オレンジ・幼・すくすく成長中)
  カミソリウオ ハダカハオコゼ
  タツノイトコ(ペア) ウミテング(ペア)
  テンス(幼魚)
  マツカサウオ ヨスジフエダイ(若)
  ハナイカ
  ウミウサギガイ ホラガイ
  ムラサキウミコチョウ ヒロウミウシ  

 「シャイなアザハタの根」
  フタイロハナゴイ
  タテジマキンチャクダイ(幼) 
  ヨスジフエダイ(若) ニセタカサゴ 
  大きめテングダイ
  クロホシイシモチ(群れ) キビナゴ(群れ)
  巨大オニヒトデ コモンヤドカリ

 「沖の大島アーチ」
  ミナミハタンポ群れ クロホシイシモチ群れ キビナゴ群れ
  テングダイ(7匹)
  ミナミハコフグ(すごく小さい幼魚)
  群れるムラサキウミコチョウ
  オトヒメエビ イセエビ

 「尻貝」
  猛ダッシュするオジサン
  オランウータンクラブ キンチャクガニ ヒメキンチャクガニ
  クモガニ
  クロヘリアメフラシ シロハナガサウミウシ アミメウロコウミウシ
  コナユキツバメガイ ムラサキウミコチョウ カメノコフシエラガイ

2ヶ月くらい先取りしてるような、気温と水温。
移動の道中はあちこちで桜満開。
春だなあ。

初日1本目は、穏やかな海でのんびりまったり70分ダイブ。
昼から風が強くなって、2本目の水面は波が少々。
でも、水中は快適。

2日目の1本目は、ちょっとした波&流れ&うねりあり。
まあ、時々はこういう海にも潜らないと。
2本目は、浅場のポイントでのんびりと。
ウミウシたくさん。
水中図鑑ウミウシ版を持って行くべきだったな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »