« 春を眠る… | トップページ | 成果、あるいは… »

2007/05/02

In a spring evening

時代は変われど、春は春。
暁を覚えない人がいるかと思えば、あけぼのが好きな人もいる。
そうかと思うと、こんな感慨を抱く人もいるわけで。

春宵一刻値千金
花有清香月有陰
歌管樓臺聲細細
鞦韆院落夜沈沈
 <春夜:蘇東坡>

千年ほど前、北宋の春の夜。
庭で香っていたのは、何の花だったんだろう。


こちらの七言絶句も、漢語のテキスト常連だった。
とはいえ後半2行、漢字で書けと言われると厳しいな…。

【おすすめ】
 Book 「古代幻視」 梅原猛
 Music 「なつかしゃ」 中孝介

|

« 春を眠る… | トップページ | 成果、あるいは… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/14929104

この記事へのトラックバック一覧です: In a spring evening:

« 春を眠る… | トップページ | 成果、あるいは… »