« We are still individuals. | トップページ | 平年より3日遅く… »

2007/07/22

ダイビング・ログ 2007 Jul. 香住

【場所】 兵庫県香美町香住

【日程】 2007.07.21~22

【コンディション】 
 曇り時々雨 気温 24~25℃
 水温 22℃ 
 透明度 5~8m

【ポイント&コメント】

「佐津ビーチ」
 ・砂浜からのビーチ・ダイブ、1日に3本
 ・いろんな生き物の生態観察しつつ、のんびりダイブ

【魚】

砂地
 マガレイ
 ウミタナゴ
 トビヌメリ スナゴチ
 オニオコゼ
 サビハゼ(コロニー)
 ヒメジ
 カゴカキダイ(浅瀬) 
 
オアシス・ロープ周辺
 タツノオトシゴ
 マアジ(群れ)
 ヒゲダイ(成魚・幼魚)
 ニジギンポ
 アミメハギ(幼魚) アオサハギ(幼魚) ウマヅラハギ(幼魚)
 
ゴロタ・テトラポット・岩場周辺
 カサゴ メバル
 キジハタ
 タカノハダイ
 オハグロベラ
 コケギンポ
 チャガラ キヌバリ
 コモンフグ クサフグ

【ウミウシ】
 コモンウミウシ

【その他】
 サザエ ツメタガイの卵

【観察したことなど】
 ・オアシス(絡まったロープ)周辺でコロニー形成するサビハゼ
   →時々、一斉に同じ方を向くのは、どうしてだろう
 ・ロープや海藻の中に、小さな小さな、カワハギの仲間の幼魚
   →いい隠れ家&餌場になってるのかな
 ・砂紋の底で、海藻のくずと一緒にゆらゆら揺れるヒゲダイ(幼)
   →海藻や枯葉に擬態しているらしい。遠目だと確かに…
 ・ヒメジとペアで行動しているサビハゼ
   →採餌のメリットがあるらしい。日本海ならではの現象とか
 ・岩場の上で、数匹そろって上向きに泳ぐメバル
   →なんだか不自然な動きなんだけど、よくあることらしい
 ・砂地やロープ沿い、なにげにオニオコゼ
   →さわるな危険、油断大敵
 ・エキジット寸前、水深1m付近で群れるカゴカキダイ(幼魚)
   →こんなところにも、いたんだなあ

これまでのダイビングで、見たことがない生き物いろいろ。
よって、よく判らない生き物たくさん。
がんばって調べなければ。

魚の生態とか行動とか、貝類とか、海藻とか。
観察してみたいことも、いろいろたくさん。
また、行ってみよう。    

|

« We are still individuals. | トップページ | 平年より3日遅く… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/15848190

この記事へのトラックバック一覧です: ダイビング・ログ 2007 Jul. 香住:

« We are still individuals. | トップページ | 平年より3日遅く… »