« 長い話、ですが。 | トップページ | 比べてみよう »

2007/08/06

How passionate are You?

Usagi一過。
クマゼミ鳴いて 青空に お日さま燦々 光る夏。
炎天下 日に焼け 暑さに 汗かいて それでも熱く 夏フェスの夏。
意味もなく字数を合わせてみたけど、それはともかく。

情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'07

先行予約のおかげでAブロック、それなりにステージに近い場所キープ。
13:30 葉加瀬太郎さんの挨拶で、ライブ、スタート。

【BONANZA STAGE】の演奏は、akikoさんの歌から。
初めて聴いたけど、ブラジリアン・サウンドが夏らしくていい感じ。

サブの【JOUNETSU STAGE】は、タテタカコさんから。
声の高い男の子かと思ったら「タテタカコです。これでも女です。」って。
透明なヴォーカル、独特の歌詞とピアノで、炎天下の広場が一瞬別世界。
初めて聴いた歌ばかりだけど、よかったなあ。
CD見つけて、また聴くだろうなあ。

【BONANZA STAGE】には、有名なアーティスト次々。

開演早々に登場した秋川雅史さん、赤いシャツが目に鮮やか。
ステージに上がった瞬間の「秋様」コールには驚いた(ていうか秋様なんだ)。
けど、リンゴ追分、千の風になって…テノールの歌声、やっぱりいいなあ。

夏川りみさんの、涙そうそう、天の風~さようなら、ありがとう~、子守歌。
伸びやかな声が青空に吸い込まれるように広がって、本当に気持ちがいい。
ゆったりした島言葉トークと相まって、沖縄の風が吹いたようなひととき。

佐藤竹善さんはコラボ企画満載。
夏川りみさんと一緒に歌ったり、藤井尚之さんのサックスと競演したり。
葉加瀬さんのバイオリンと競演したAmazing Grace 本当に良かった。

HIROMI'S SONICBLOOMはひたすら熱い。
ピアノ、ギター、ベース、ドラムがすごい早さでぶつかりあってるような。
弾くというか叩きつけるような演奏に、ずっと圧倒されっぱなし。
上原ひろみさん、「暑いけど、もっと熱くしてもいいですか~っ」って。
ちっちゃくて、かわいいのに、あのパワーはどこから来るんだろう。

ライブでは初めてお目にかかった、押尾コータローさん。
CD聴いた時からすごい演奏だとは思ってたけど、ステージは想像以上。
2曲目あたりから、会場内ほぼ総立ち状態&煽られてウェーブも。
アコースティックギター1本で、これはすごすぎる。
ライブに行きたいアーティスト、また増えてしまったなあ。

出演者の中で最年長になるという、藤井フミヤさん。
え、そんなに?と少々驚きつつ、久しぶりに聴いた、TRUE LOVE。
尚之さんのサックスで、懐かしのチェッカーズナンバー、NANA。
温暖化が話題になったり、いきなりの「どんだけ~」に笑わされたりしつつ。
ラストは葉加瀬さんとのコラボで、Another Orion。
最初と最後に「イェイ」って一言、フミヤ、やっぱり格好いい。

年齢と言えば、葉加瀬太郎さんと、秋山雅史さん、押尾コータローさん。
3人同い年なんだとか。
人間って、ほんとにいろいろだ。

【JOUNETSU STAGE】は、初めて聴く&お会いするアーティスト多め。

中島卓偉さん、「いつもは、バンド形式でやってるんですけど」って言いつつ。
アコースティックでも迫力十分、歌も上手かったなあ。

大阪出身で万博記念公園にも縁があるという、森大輔さん。
ただただ、っていう曲、またゆっくり聴いてみたい。

藤井尚之さん、歌声聴いたのは初めてだったかもしれないなあ。
お兄さんだけじゃなく、こちらもやっぱり格好いい。
竹善さん曰く「今度生まれるときは、彼みたいにスリムで格好良く」だそうで。

「メティはねえ~ …じゃけん。」って広島弁トークのMetisさん。
梅は咲いたか桜はまだかいな、季節はずれだけどやっぱりいい曲だった。
心をこめて唄ってくれた、花鳥風月も。
レゲエと夏とは、やっぱり相性抜群だなあ。

それから、今回のライブで一番楽しみにしてた2人。
中孝介さんと手嶌葵さん。

サブステージに立ちながら、存在感たっぷり、笑顔が素敵な中孝介さん。
それぞれに、花、と大好きな曲が続いて、最後の曲。
葉加瀬さんとのコラボ、家路は涙が出るくらい素敵な歌とメロディ。
ブログ島ぬ宝に、レポート&写真、いろいろ載ってます。

【JOUNETSU STAGE】のラスト、暮れてきた空をバックに手嶌葵さん。
伴奏なしで始まったテルーの唄、大切な曲だと言う The Rose。
歌もトークも、一言ひとこと言葉を大切しているのが伝わってくる声。
これからどんな歌を唄っていくのか、楽しみだなあ。

【BONANZA STAGE】でライブ全体を締めくくるのは、葉加瀬太郎さん。
ほとんどのステージにコラボで出演してはいるけど、ここから主役。
日暮れてライトが灯ったステージに、眩しい白いスーツで登場。
エトピリカでゆったりと始まって、1曲ごとに上がるテンション。
最後はやっぱり情熱大陸、会場内ほぼ総立ちで手拍子。

最後の最後には、出演者全員登場。
アンコールはなかったけど、余韻を残して終演したのは、19:30。
遠くても、暑くても、混雑してても。
やっぱり野外ライブは楽しい。

帰りの新幹線、車内から淀川花火大会も見えたし。
さらにその後、沖縄料理屋で飲んだりもして、夏満喫の1日。

それにしても、8月の野外ライブは暑い。
ほんっっっっっっっっっと~に、暑い。
半端じゃなく、暑い。

そのあたりの感想などは、またそのうち。

【おすすめ】
 Live 「情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'07」

|

« 長い話、ですが。 | トップページ | 比べてみよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/16027684

この記事へのトラックバック一覧です: How passionate are You?:

« 長い話、ですが。 | トップページ | 比べてみよう »