« 野山を駆けるがごとく。 | トップページ | What time is it? »

2007/08/30

夏をもって旨として

秋雨降って、猛暑も過ぎて、終わりが来つつあるクールビズ。

ノーネクタイ、開襟シャツとか、かりゆしウェア。
いろいろ言われるけど、基本的に上着系の話ばかり。

ビジネスっていう制約があるとはいえ。
亜熱帯化してるとさえ言われ始めた、蒸し暑い日本。

クールを追求するなら、ボトムも、短パン、サンダル。
それくらい徹底してしまえばいいのに。

女性はスカートや五分丈パンツを普通に着てるわけだし。
いろんなサンダルだって、夏のファッションで定着してる。

男性の短パン、サンダルも、それなりのスタイルになってれば、
NGな理由ってないんじゃないかな。


ちなみに、それなりのスタイルってところがポイント。
一つ間違うと、単なるだらしない人になってしまうから。

もっとも、短パン、サンダルでだらしなく見える一部の人。
スーツ着てても、だらしなかったりする。

なんか話がずれたけど。

なんにしても、暑いときは暑いなりに過ごすのが一番だなと。
夏の終わりに、なんとなく考えてみた。

【おすすめ】
 Book 「空獏」 北野勇作
 Music 「イケナイ太陽」 ORANGE RANGE

|

« 野山を駆けるがごとく。 | トップページ | What time is it? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/16288028

この記事へのトラックバック一覧です: 夏をもって旨として:

« 野山を駆けるがごとく。 | トップページ | What time is it? »