« ダイビング・ログ 2007 Oct. 柏島・樫西(生物編) | トップページ | まるくなれ。 »

2007/10/29

The pumpkin is botanically classified as a fruit.

もうすぐハロウィン。
というのは、どうだって良いんだけど。
なんだかカボチャがたくさんあるなあという、そんな時。
作り置きしておくと便利なパンプキン・スープの素など。

【材料】
 カボチャ: 1個
 タマネギ: 2個
 バター: 大さじ1くらい
 オリーブ油: 適当
 塩・白胡椒: 適当
 ブイヨンかコンソメ: キューブ2個くらい
 水: 1~2カップの間で適当

・タマネギは薄切り、カボチャは2cm角くらいに切り分ける
・フライパンを熱して、オリーブオイル少々とバターを入れる
・バターが溶けたら、タマネギを入れて弱火で炒める(塩胡椒少々)
・タマネギがしんなりして嵩が減ったら、カボチャを入れる
・フライパンに蓋をして、弱火のままカボチャを蒸し煮にする
 (こうすると、カボチャの甘みが増して美味しくなりますよ)
・カボチャに竹串が刺さるくらいになったら、ブイヨンと水を入れて煮込む
・カボチャが煮崩れるくらいになったら、フライパンの中身を裏ごしにする
 (フードプロセッサを使うと、より簡単)
・裏ごしたカボチャをフライパンに戻して、柔らかめの餡くらいに煮詰める
・味を見て、薄いようなら塩で味を調える
 (スープのもとなので、やや濃いめの味付けにしてくださいね)

できあがったカボチャ餡?のようなもの、大さじ2~3杯。
カップ1杯の牛乳に溶かして温めれば、パンプキン・スープのできあがり。
味加減は、カボチャ餡?の量で調節してくださいね。

カップ1杯分ずつラップに包んで冷凍すれば、日持ちもして便利です。
きれいなカボチャ色に仕上げたかったら、裏ごす前に皮を取り除いて。
よりきれいな色に仕上げるなら、ニンジンを入れるといいですよ。

冬至カボチャにはちょっと早いけど、朝晩冷え込んできたこの頃。
温かいパンプキン・スープで、風邪を予防してくださいね。

【おすすめ】
 Book 「夜の声」 W・H・ホジスン
 Music 「空をこえて 海をこえて」 やなわらばー

|

« ダイビング・ログ 2007 Oct. 柏島・樫西(生物編) | トップページ | まるくなれ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/16912862

この記事へのトラックバック一覧です: The pumpkin is botanically classified as a fruit.:

« ダイビング・ログ 2007 Oct. 柏島・樫西(生物編) | トップページ | まるくなれ。 »