« Spring, Summer, Autumn and Winter. | トップページ | 漢と書いて、なんて読む? »

2007/11/16

長屋と熊と…

人里離れた山奥にある熊ヶ寺(くまがてら)は、知る人ぞ知る古刹。

古典落語は、粗忽長屋。
熊さんがラストで抱き起こした死体が埋葬されているとか、いないとか。
名前のせいか山奥だからか、境内に熊が入り込むのは日常茶飯事。
下手すると、本堂で木魚を叩く熊もいるとか、いないとか。

というのは、今作った話。

"くまがてら"
国際単位系の接頭辞、10のべき乗を覚えたときの語呂合わせ。

キロ(k) メガ(M) ギガ(G) テラ(T)

それぞれの頭を取って "くまがてら"
袈裟懸けのツキノワグマを思い浮かべておくと、なお良し。
前にシスアド取ったときは、これで足りてたんだけど。

最近の問題集見たら、ペタ(P)とかエクサ(E)も出てくるらしい。
ゼタ(Z) ヨタ(Y)なんてのも、そのうち出てきそうだし。
語呂合わせ、どうするかな。

頭を組み合わせると "くまがてらぺえぜよ"
適当に漢字変換したら "熊ヶ寺兵衛ぜよ"
なんか、高知の人みたいになってしまった。

着物に右手を突っ込んだ、熊面のオジサン(熊ヶ寺兵衛)。
ひとり桂浜に立って、海をにらんでる。
そんなイメージでいいか。

別に、覚えなくてもいいんだけどね。
シスアド受ける人いたら、参考に。

それにしても粗忽長屋。
オチの熊さんの台詞がすごい。

「死んだのは確かに俺だが、抱いてる俺は一体誰だろう」

自分が死んだと認識しているとしたら、その自分はいったい誰だろう。
初めて聞いたときから考えてるけど、よくわからない話。

【おすすめ】
 Book 「動物農場」 ジョージ・オーウェル
 Music 「タチムカウ~狂い咲く人間の証明」 筋肉少女帯

|

« Spring, Summer, Autumn and Winter. | トップページ | 漢と書いて、なんて読む? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/17092188

この記事へのトラックバック一覧です: 長屋と熊と…:

« Spring, Summer, Autumn and Winter. | トップページ | 漢と書いて、なんて読む? »