« This is the Nozomi Super Express bound for... | トップページ | ぴかぴか☆ »

2007/12/03

緑なす、烏の濡れ羽

たいしたことではないんだけど。
前髪というのは、悩ましい。

短く切れば切ったで、やたらとはねて困る。
伸びたら伸びたで、目に入ってうっとうしい。

この前髪、なからましかば。

そう思ってみても、切ったところでまた伸びる。
伸びたらまた切る、切ったらはねる。
放っておくと、また伸びる…。

きりがないというか、いたちごっこというか。
まったくもって、悩ましい。

「まだあげ初めし前髪の 林檎のもとに見えしとき…」
                     (島崎藤村「初恋」)

昔の人たちは、前髪のことが気にならなかったんだろうか。
どうなんだろう…。

【おすすめ】
 Book 「倚りかからず」 茨木のり子
 Music 「ニライカナイへ」 池田卓

|

« This is the Nozomi Super Express bound for... | トップページ | ぴかぴか☆ »

コメント

kaory さま

そうなんですよねえ。
いっそ伸びきってしまえば、邪魔にならないのかも。
と思いつつ、その伸びる課程が…(+_+)
まずは、ヘアピンとかギザギザの洗濯ばさみ(名前知らない)とか
そんな道具をゲットするところから、始めてみることにします(笑
と、純米ひやおろし、酒盗をつまみに飲みつつ…

投稿: りえぞー | 2007/12/04 20:21

こうなったら気にならなくなるまで、とことんまで伸ばしてみるのはどうでしょう?・・と黒砂糖かじりながら芋焼酎飲みつつ思う私でありました(笑)

投稿: kaory | 2007/12/04 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/17264699

この記事へのトラックバック一覧です: 緑なす、烏の濡れ羽:

« This is the Nozomi Super Express bound for... | トップページ | ぴかぴか☆ »