« 冬来たりなば。 | トップページ | It's a big mistake ! »

2007/12/15

蝶よ花よと…

寒さが少しゆるんだ、昼休み。
道脇のマメツゲに、黄色い蝶が1匹。
おそらく、キチョウかモンキチョウ。

周りを見渡しても、仲間の姿はないし。
彼らが好む植物も、見たところ生えてない。
蝶にとってはどうか知らないけど、ちょっと不思議。

どこから来て、どこへ向かうんだろう。
木枯らし吹いたら飛ばされてしまわないんだろうか。
私が気にしたところで、蝶は全く関知しないんだろうけど。

ひらひら、ひらひら。
考えてるのか、反応してるのか。
判らないけど、蝶は蝶なりに生きてるんだろうな。

ところで。
アリとキリギリス、アリとセミ。
そんな話もあったりするんだけど。
イソップ童話は、どうして蝶を取り上げなかったんだろう?

【おすすめ】
 Book 「青少年のための自殺学入門」 寺山修司
 Music 「パピル節」 新良幸人

|

« 冬来たりなば。 | トップページ | It's a big mistake ! »

コメント

ずーさん さま

おつかれさまです。
前にも同じコメントいただいたような気もしますね(笑
ブログを拝見するに、ずー=zoo でしょうか?

投稿: りえぞー | 2007/12/16 12:17

私も最近ブログ始めました。よろしくお願いします。

投稿: ずーさん | 2007/12/16 12:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/17374276

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶よ花よと…:

« 冬来たりなば。 | トップページ | It's a big mistake ! »