« What a influence! | トップページ | むかしむかし、あるところに。 »

2008/01/11

臍噛鼠

そういえば、今年は子年。

ネズミといえば、思い出す。
昔住んでた街のペットショップ。
上昇志向?の間抜けなハムスター。

のんきに餌を食べる仲間を尻目に1匹だけ。
後ろ足で立ち上がって、精一杯伸び上がって。
プラスチック・ケージの空気穴をかじるハムスター。

いくつかあるけど、どれもハムスターより小さい空気穴。
かじっている1つだけは、少しずつ拡大中。

しばらく見ていたけど、かじるのを止める気配はなし
どうなるか気になったので、時間を改めて見に行った。
ハムスター、穴に頭と前足突っ込んで、身動き取れなくなっていた。

外にでようとして、失敗したらしい…。

放置しておくのも可哀想なので、店員さんに知らせてみた。
「あー、こいつ、いつも逃げようとするんですよ~」
店員さんそう言って、ハムスターを空気穴から引き抜いた。

なんでまた、ケージの空気穴をかじろうと思い立ったのか。
首尾良く外に出たとして、イヌもネコもトカゲもいる店内。
いったい、どうするつもりだったのか。

できることなら、ハムスターに聞いてみたかったけど。
残念ながら、ハムスター語は全く判らなかった。

次に見に行ったときには、ガムテープでふさがれた空気穴1つ。
逃げようとしていたのは、どのハムスターだったのか。
いくら見ても区別が付かなくて、こちらも残念。

【おすすめ】
 Book 「鉄鼠の檻」 京極夏彦
 Music 「DOOR」 コブクロ

|

« What a influence! | トップページ | むかしむかし、あるところに。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/17657112

この記事へのトラックバック一覧です: 臍噛鼠:

« What a influence! | トップページ | むかしむかし、あるところに。 »