« パンに耳あり、馬鈴薯に芽あり。 | トップページ | Long long way to... »

2008/02/28

此岸対岸

帰り道にある、ペットショップ。
気になる犬がいなくなって、はや何ヶ月。
寂しく思いつつ前を通っていたら、また気になる犬が現れた。

「今だけ特価」の札が付いた、ゴールデンレトリバー。
そろそろ子犬から卒業しつつある、大きめの女の子。
やはりというか何というか、タッチコーナーの常連。

「もう少し小さかったらいいのに」
「オスだったら飼ってもいいんだけど」
そんな台詞は気にもとめず、来る人に愛想を振りまく犬。

飼えないことは判りきってるんだけど、気になる。
いなくなったら、それはそれで考えてしまうけど、気になる。
元気でいるのが確認できると、安心なような、でも心配なような。

そうこうしてたら、ペットショップの入ったビルが火事に遭った。
火元は別のフロアで、ペット達は救急隊が助け出したたしい。
だけど、被害なしという訳でもなかったらしい。

閉まったままのシャッターの前を通るたびに、考える。
気になる犬と、その他たくさんいたペット達。
いったい、どうしてるんだろう。

気にしたところで、仕方のないことではある。
それでも、気になる…

【おすすめ】
 Book 「スカイ・クロラ」 森博嗣
 Music 「Knowing Me, Knowing You」 ABBA

|

« パンに耳あり、馬鈴薯に芽あり。 | トップページ | Long long way to... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/40304590

この記事へのトラックバック一覧です: 此岸対岸:

« パンに耳あり、馬鈴薯に芽あり。 | トップページ | Long long way to... »