« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/30

【おすすめ】のまとめ

Blogの下の、おすすめBook。
忙しいのにかまけて3月分のまとめを忘れてた。
ということで、2008年3月、4月分のまとめ。

飛び石ながらも連休の5月。
興味のある本があったら、お暇な時間にどうぞ。

「生物と無生物のあいだ」        福岡伸一
「探して楽しむドングリと松ぼっくり」  片桐 啓子
「きみが住む星」             池澤夏樹
「海を失った男」              シオドア・スタージョン
「光あるうちに光の中を歩め」      トルストイ
「アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書」 村田薫
「倚りかからず」              茨木のり子
「チーズ図鑑」               丸山洋平
「カラスはどれほど賢いか」        唐沢孝一
「純米酒を極める」             上原浩
「日本の歴史をよみなおす」       網野善彦
「アメリカの小学校教科書で英語を学ぶ」 小坂貴志,洋子
「風が吹くとき」               レイモンド ブリッグズ
「木」                     白洲正子
「図説 日本妖怪大全」          水木しげる
「思い出したら、思い出になった。」    糸井重里
「国のない男」                カート・ヴォネガット
「爆笑問題の日本史原論グレート」    爆笑問題
「STAR EGG 星の玉子さま」       森博嗣
「日本語へそまがり講義」         林望
「奇商クラブ」                 G.k.チェスタトン
「はじめての三線」             漆畑文彦
「愛でなく」                  獸木野生
「春の数え方」                日高敏隆
「宇宙で一番優しい惑星」         戸梶圭太
「詞人から詩人へ」             宮沢和史
「夜更かしの凡人」             宮沢和史
「未完詩」                   宮沢和史
「Born on a Blue Day」           Daniel Tammet
「オールスター・プロジェクト」       伸たまき
「フラッタ・リンツ・ライフ」          森博嗣
「樹上の銀」                 スーザン・クーパー
「ナッシング・ハート」            伸たまき
「ダウン・ツ・ヘブン」            森博嗣
「ナ・バ・テア」                森博嗣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/28

No happiness without action.

"千里の道も一歩から" とは言うものの。
歩き出す方向が間違ってたら、どうなるんだろう。

そんなふうに、ふと考えて見たけれど。

"すべての道はローマに通ず" とも言うことだし。
間違ってたところで、そう変わらないのかもしれない。

方向が合ってるのか、間違ってるのか。
そんなこと考えてる暇があるなら、歩き出せ。

そういうことだな。
きっと。

【おすすめ】
 Book 「生物と無生物のあいだ」 福岡伸一 
 Music 「いつの日か」 MONGOL800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/26

今日の良かる日に

仕事帰りに通った、繁華街。
結婚式の2次会と覚しき集まりが、3つ。
今日は、お日柄が良かったんだろうか。

何にしても。
良い日があるのは良いことだ。
幸せな人がいるのは、良いことだ。

良いことがあるから、今日は良い1日。
だったと思うんだけど。
違うかな。

【おすすめ】
 Book 「探して楽しむドングリと松ぼっくり」 片桐 啓子
 Music 「DEEP SOUTH - 祈りの大地 -」 Parsha cluB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/24

なに見て跳ねる

山と谷に挟まれた、田舎の狭い道。
車で走っていたら、山からノウサギが飛び出してきた。
そのまま走り抜けると思ったら、道の真ん中で立ち止まる。

最徐行で近づいて、あと5mばかり。
車に気がついたのかノウサギ、道なりに逃げ始めた。
ぴょんぴょん跳ねて行くところを見ると、結構慌ててるんだろう。

慌ててるとはいえ、車よりは遅い。
追い越すわけにも行かず、最徐行で付いて行く。
一生懸命なノウサギ、山に逃げればいいことに気付かないらしい。

ノウサギの後ろ姿を見ながら走ること、1kmばかり。
急ぐ道ではないけれど、延々と最徐行はつらすぎる。
そう思い始めた頃、三叉路の分岐点。

ノウサギは左に、私は右に。

まあ、ねえ。
ノウサギから見たら、車はきっと巨大な怪物なわけで。
慌てて逃げたくなる気持ちは、すごくよく判る。

よく判るんだけど。
どうして、道なりに逃げるんだろうなあ。

【おすすめ】
 Book 「きみが住む星」 池澤夏樹
 Music 「ひとつしかない地球」 宮沢和史

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/23

What does she mean?

"この闇夜 散歩したれば 光かも"   <まやぐゎー>

なんだか、前向きな内容だし。
ひととおり、五七五になってるし。

BlogPetの日本語学習能力。
結構、侮れない…

【おすすめ】
 Book 「海を失った男」 シオドア・スタージョン
 Music 「99 Luftballons」 Nena

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/04/22

光あれ。

闇夜に烏とまでは、いかないにしても。
夜に散歩してる黒犬も、よく見えないもの。

人間の方は、夜光タスキなんか付けている。
だけど、犬の方は放置だったりするわけで。

危うく避けたからいいようなものの。
例え自転車とはいえ、轢かれたら犬も痛いだろう。

夜のお散歩用、夜光首輪とか。
犬用夜光タスキとか。

そんな商品、ないんだろうかな。

【おすすめ】
 Book 「光あるうちに光の中を歩め」 トルストイ
 Music 「創生児」 THE YELLOW MONKEY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/20

ダイビング・ログ 2008 Mar. 矢井賀

【場所】 高知県中土佐町矢井賀

【日程】 2008.04.20

【コンディション】
 晴れ 気温21℃ 水温17℃ 透明度 ~10m

【ポイント】

1本目 ヤタベ  岩がちなポイント
2本目 ヒランバエ サンゴが広がる浅めのポイント 

【魚】

 ミナミアカエソ

 ハシナガウバウオ

 ヘラヤガラ

 カサゴ

 キビナゴ(大きめ個体の群れ)

 キンギョハナダイ

 クロホシイシモチ キンセンイシモチ(小群)

 コロダイ

 ミギマキ タカノハダイ

 オジサン

 チョウチョウウオ シラコダイ ハタタテダイ タキゲンロクダイ 

 アカネキンチャクダイ アブラヤッコ キンチャクダイ
 サザナミヤッコ

 オキゴンベ

 クロスズメダイ ソラスズメダイ アマミスズメダイ スズメダイ
 ミツボシクロスズメダイ コガネスズメダイ マツバスズメダイ
 オヤビッチャ クマノミ 

 カミナリベラ ホンソメワケベラ アカササノハベラ イトベラ
 キュウセン ホンベラ ニシキベラ オトメベラ イラ 

 アオブダイ ブダイ

 コウライトラギス

 ガラスハゼ ハナハゼ クビアカハゼ

 ミナミギンポ

 ボラ(200匹を軽く超える群れ)

 ニセカンランハギ ニザダイ ツノダシ

 カワハギ

 キタマクラ シマウミスズメ ハコフグ ハリセンボン

【エビ・カニ】
 オトヒメエビ セミエビ(殻)

【イカ・タコ】
 アオリイカ

【ウミウシ・貝】
 ウミウサギガイ ホラガイ
 アオウミウシ

【コメント】
 ・全体に濁りがちな水中
  降り続いた雨のせいか、春濁りか…
 ・ダイコンが表示した水温、人それぞれに違ってた
  16℃、17℃、17.6℃、18℃   どれが正しいかは不明
  だけど、魚たちの数や種類からすると、水温上昇中な気配
 ・ヒランバエに突然現れた、ボラの大群
  群れには圧倒されたけど、ボラって微妙に締まらない顔かも 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/19

Hey! She's speaking!

Blogの隅で成長しつつある、ブログペットの子猫、まやぐゎー。

Blogの記事から言葉を覚えます。
そんな売り文句のとおり、私が書いた言葉を使ってしゃべる。

意味があるのかないのか、時に気になるフレーズも出てくる。
さっきクリックしたら、こんなことを言っていた。

"人に選べるとか思ってるの♪"

♪はともかくとして、いったい、何のことなんだろう。
考えても意味はないんだけど、ちょっと考えてしまった。

【おすすめ】
 Book 「 アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書」 村田薫
 Music 「いいあんべえ」 THE BOOM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/17

無理が通れば…

無理して頑張る必要はない。

無理してようと、してなかろうと。
自分以外の人にとっては、他人事。

私は、こんなに頑張ってるのに。
そう思ったところで、みんな他人事。

頑張るな、とは言わない。
だけど、無理して頑張る必要はない。

だからといって、投げ出せない。
それが、仕事だったりするわけだけど。

やれやれ。

【おすすめ】
 Book 「倚りかからず」 茨木のり子
 Music 「ちっぽけな勇気」 FUNKY MONKEY BABYS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/16

ささやかなれと

ほんっとに、どうでもいいようなことなんだけど。
もしかしたら、他にもあるのかもしれないけど。
最近、気になってることの一つ。

なんだか、チーズが高い。

20g入りのモッツアレラ、ゴーダ、チェダーのパック。
私の記憶が正しければ、以前は一つ100円だった。
安売りの時は、98円だった。

それが、このところ、値上がり続き。

最初は、128円。
あれっ?と思って注意してたら、続いて158円。
今日の買い物では、168円。

100円 → 168円。
これって、相当な値上げ幅じゃないだろうか。

モッツアレラ・チーズ乗せたフランスパン。
軽くトーストして、生バジルと生ハム挟んで。
美味しいトマトを添えて、軽めの赤ワインで乾杯。

ささやかな楽しみが、遠くなりませんように。

【おすすめ】
 Book 「チーズ図鑑」 丸山洋平
 Music 「穏やかなれ」 しゃかり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/15

A flying crow always catches SOMEthing.

昔住んでいた、2階建てのベランダ付きの部屋。
燕雀の巣の争奪戦が終わって、落ち着いたのもつかの間。
ある日ベランダに出たら、置いたはずのない物が落ちていた。

水色の幼児用の靴、片方。
白い合皮のスリッパ、片方。
欠けたCD-R、1枚と半分。
赤い線の入ったゴルフボール、1個。
ひび割れた車のバックミラーらしき物、1個。
何の模様も入っていない金色のスクリューキャップ、1個。

ベランダの隅にまとめて置かれた、見覚えのない物たち。
子どもが悪戯で投げ込んだにしては、どうも配置が不自然。

よく判らないから、当面静観することにした翌週。
2階の部屋を掃除していたら、窓の外でバサバサと羽根の音。

外を見たら、ハシブトガラスが1羽。
ゴルフボールをくわえて、ベランダの手すりにとまっていた。

こちらが見ていることに気付かない、ハシブトガラス。
ベランダの隅にゴルフボールをそっと置いて、飛び去った。

ベランダに置かれていた、いろいろな物。
どうやら、ハシブトガラスの宝物だったらしい。

スズメとツバメの巣に続いて、カラスの宝物隠し場所。
ベランダの用途としては、何か違うような気がする。

とはいえ、私自身はめったに使うこともないベランダ。
有効活用してるなら、それはそれでいいかと、そのまま2年。

時々見ると、場所が変わっていたり、違う物が増えていたり。
台風で飛び散ったあとには、同じ場所に集め直してあったり。
私の代わりにベランダを活用していた、ハシブトガラス。

私が引っ越してからも、宝物を集めていたのかどうか。
次に入居した人に、宝物を捨てられてしまってないか。

思い出すと、少しばかり気になったりもする。
今頃どうしてるんだろうなあ。

【おすすめ】
 Book 「カラスはどれほど賢いか」 唐沢孝一
 Music 「身ひとつ」 タテタカコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/14

椅子は左に我が身は右に。

別に、今書かなくてもいいようなことなんだけど。
思い出したので、書いておこう。

祖父曰く。

「人間の運命は決まっていて、なるようにしかならない。」
「悪いことが起こっても、人を恨むな、自分を悔やむな。」

その言葉をどう受け止めるかは、人によりけり。
とりあえず、孫はこんな人生観を持つに至った。

座右の銘 「人生楽ありゃ苦もあるさ」
座左の銘 「そのうちなんとかなるだろう」

おじいさん、ありがとう。


ところで。
どうして、こんなことを思い出したんだったかな…。

【おすすめ】
 Movie 「SMILE~人が人を愛する旅~」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/12

この世の春のなぐさみに

職場の知り合いから、自家製の葉わさび佃煮をいただいた。
初めて立ち寄ったJA直売店、地物のベイカがお値打ちだった。

冷蔵庫を開けたら、一昨日作った筍の煮付けが残ってた。
ついでに、純米生酒もよく冷えていた。

これだけ条件が揃ったら、やはり飲むしかない。
理由になってないような気もするけど、まあいいや。

ということで。
花曇りの1日に、乾杯!

一口飲んだところで、思いついた。
これまでに飲んだ、おすすめの日本酒特集。

忘れなかったら、そのうちします。
たぶん。

【おすすめ】
 Book 「純米酒を極める」 上原浩
 Music 「サクラ」 やなわらばー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/10

Life is life.

人間は必ず死ぬ生き物。
「死に至る病」の罹患率は100%。

生きてる間に、何ができるだろう。

考える間にも、時は過ぎ。
人生終わりへのカウントダウンは進む。

でも、死ぬまでは、生きている。
今はまだ、生きている。

生きてる間に、何かできるだろう。

Life is an opportunity, benefit from it.
Life is beauty, admire it.
Life is bliss, taste it.
Life is a dream, realize it.
Life is a challenge, meet it.
Life is a duty, complete it.
Life is a game, play it.
Life is a promise, fulfill it.
Life is sorrow, overcome it.
Life is a song, sing it.
Life is a struggle, accept it.
Life is a tragedy, confront it.
Life is an adventure, dare it.
Life is luck, make it.
Life is too precious, do not destroy it.
Life is life, fight for it.

      <Mother Teresa Life Is ...>

【おすすめ】
 Book 「日本の歴史をよみなおす」 網野善彦
 Music 「Heaven's hell 」 Cocco

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/09

?分間クッキング?

冷蔵庫の残りもの、ハクサイとスライスベーコンとエリンギ。

ザクザクと切って、適当にフライパンに入れて、蓋をする。
日本酒を少し振って、できる限りの弱火にかけて、しばし放置。

そういえば、フライパンを火にかけてたなと思い出す頃。
ベーコンのうま味が染み込んだ、野菜蒸しのできあがり。

そのままでも、塩、ポン酢、醤油、その他で味付けしても。
それぞれに、それぞれの味が楽しめますよ。

今日のおすすめは、ナンプラー。
ビールにも、焼酎にも、日本酒にも合う味でした。

キャベツやエリンギでも、美味しいんじゃないかな。
いつか冷蔵庫に残ってたら、試してみよう。

ということで、そんな感じの残り物野菜とキノコ&ベーコン。
冷蔵庫にあったら、試しにどうぞ。

【おすすめ】
 Book 「アメリカの小学校教科書で英語を学ぶ」小坂貴志,洋子
 Music 「こいなゆんた」 宮良康正 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

火曜日は花吹雪

心が亡ぶと書いて、忙しい。

「身を滅ぼす」とも言うけれど。

「心が亡ぶ」方が、ずっと哀しい気がする。

なにはなくとも、心が亡ぶことはないようにしよう。

身も心も、滅びも亡びもしないに越したことはないけどね。


と、書いてて気がついた。
滅亡って、滅んで亡ぶって書くんだ…。

【おすすめ】
 Book 「風が吹くとき」 レイモンド ブリッグズ
 Music 「目出度節」 宮良康正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/07

Begin with a single step.

満開の桜は、始まりのような、終わりのような。

咲いた花がこれから実を結ぶと思えば、始まり。

咲いた花が散ってしまうと思えば、終わり。

どちらにしても、考え方1つのことではある。

満開の桜の下で、なんとなく考えてみた。

桜にとっては、終わりも始まりもない年中行事。

考えるまでもないこと、なんだろうけど。

ところで桜、何か考えたりするんだろうか。

桜に聞いても、わからないだろうな。

というか、まったく脈絡がない話。

きっと、満開の桜のせいだ。

【おすすめ】
 Book 「木」 白洲正子
 Music 「EIEN」 GANGA ZUMBA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/05

抽出された標本として

ケーブルテレビをアナログからデジタルに切り替えた、昼下がり。
のんびりと配線の張り替えなどしていたら、電話がかかってきた。

着信通知を見たら、0120で始まる電話番号。
なんだか変なだなあと思いつつ、とりあえず出てみる。
相手が判らないので、愛想悪く、名乗りもせず受話器を取って。
耳に当てたら、プロと覚しきオペレーターさん。
立て板に水のごとく、話し始めた。


こちら○○社と申します。
いま、20代~30代の方を対象とした世論調査を行っておりまして。
そちらに、該当の年齢の方はいらっしゃいませんでしょうか。

年齢的には該当するけど、作業の途中。
無視しようかと思ったけど、考えてみれば初めての経験。
聞けば2~3分で終わる調査だと言うことだし。
思い直して、調査対象になってみることにする。


ではまず、ご職業を教えていただけますか。
年代は、20代、30代どちらでしょうか。
お住まいの市は、どちらでしょうか。

個人情報(というほどでもないか)確認が終わったら、調査開始。


福田政権について、お答えください。
1 支持している
2 支持していない

なるほど。
これが、世論調査による政権支持率の元データなんだ。


次に、支持している政党を次の項目から選んでください。
1 自民党
2 民主党
3 …

でもって、これが政党支持率の元データ。
さらに質問は続く。


国会で議題となったガソリンの暫定税率について…
民主党に対する福田総理の対応について…
ガソリン税の使い道についてどう考えるか…
二酸化炭素排出削減のための原子力エネルギーの利用について…

オペレーターさん、立て板に水なのはいいんだけど、前振りが長い。
シナリオがあるんだろうけど、それにしても、説明が長い。
質問を聞く頃には、最初の説明を忘れそうになる。

説明が長いから、時間もかかる。
2~3分で終わると言った割に、通話時間は5分を超えている。
いったいいつになったら終わるんだろう。
そう思いはじめた頃、こんな一言。


あと少しで質問が終わりますので…。

途中でやめるのも申し訳ないので、つきあうことしばし。
立て板に水の説明と質問が続いて、いい加減飽きてきた頃。


次の質問で最後になります。

そう言われると、なんだか名残惜しい気もする。


ご協力ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

立て板に水のまま電話は終わり。
結局のところ、通話時間8分弱。
どう考えても2~3分じゃなかったけど、まあいいか。
この結果が、いつどんなところに出てくるか、ちょっと楽しみ。

そういえば、一つ失敗。
うちの電話番号、どこで調べたのか、確認するのを忘れてた。
今度かかってきたら、聞いてみよう。


【おすすめ】
 Book 「図説 日本妖怪大全」 水木しげる
 Music 「世情」 中島みゆき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/03

オモイデに、なる日まで。

朝の来ない夜はない。
止まない雨はない。

とは言ってみるものの。

いつになったら朝が来るのか。
いつになったら雨が止むのか。

さっぱり期待できないときもある。

だけど、それでも。
地球は太陽の周りを回っているわけで。

朝はいつか、必ずやって来る。
雨はいつか、必ず上がる。

それは間違いないから、あきらめないに限る。

頑張らなくても、あきらめない。
立ち止まっても、引き返さない。

そういうことに、しておこう。

【おすすめ】
 Book 「思い出したら、思い出になった。」 糸井重里
 Music 「笑」 笹川美和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/01

Have a Nice Doomsday!

突然ですが、世界は明日で終わります。

それからもう一つ。

4月1日がエイプリルフールというのは、嘘です。

それでは皆さん、良い終末を。

そんなこと書いてる間に、今日も残り2時間。
お日柄も良く、ビールも旨い。
良いことだなあ。

【おすすめ】
 Book 「国のない男」 カート・ヴォネガット
 Music 「I Still Do」 The Cranberries

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »