« 猫の語も借りたい。 | トップページ | Every dog has its day. »

2008/05/24

たかが、愛。

ふと考えた、わかりにくい、たとえ話。


たとえば。
あなたの腕に、蚊が留まって、血を吸い始めたとする。
その時あなたは、蚊に対して愛を感じることができますか?

たとえば。
腕に留まったその蚊が、あなたを愛していたとする。
その愛を、あなたは感じることができると思いますか?

わかりにくすぎて、自分でも何のことだか理解できないけど。

地球にとって人の存在は、おそらく蚊よりも遥かに小さい。
人の想いがどうであろうと、地球は人を愛さない。
人の存在が消え去っても、地球は変わらず回り続ける。

地球に対する人の愛は、限りなく Non-interactive.
そんな愛って、意味があるのかな。

そういう考え方もできる。

まあ、だけど、実のところ。
人が愛しているのは、人にとって都合の良い地球。

暑すぎず、寒すぎず、自然災害もあまり起こらない。
今日も明日も、いついつまでも、人にとって暮らしやすい。
そんな地球を維持するための「ちきゅうにやさしい」愛。

まあ、だから、実のところ。
人が愛してるのは、結局のところ、人だったりするんだ。
きっと、そういうことだ。

ああ、だけど、それにしても。
人が本当に人を愛しているというのなら。
どうして、すべての武器が楽器にならないんだろうな。

【おすすめ】
 DVD 「LIFE AFTER PEOPLE」 History Channel

|

« 猫の語も借りたい。 | トップページ | Every dog has its day. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/41301219

この記事へのトラックバック一覧です: たかが、愛。:

« 猫の語も借りたい。 | トップページ | Every dog has its day. »