« 冬至過ぎ… | トップページ | May it rest in peace. »

2008/12/24

幸せであるように。

幸せというのは、自分で見いだすもの。
他人や世間に求めても、手に入らない。

と、まあ、私としては思うわけだけど。

命の危険も、衣食住の心配も不安もない。
それだけで、十分幸せとじゃないかと。

そんな風にも、考えてみたりするわけだけど。

幸せになりたい。
自分のために、そう願うのも良いけれど。

幸せであるように、と。
他人の幸せを願っても、良いんじゃないか。

そんなことを考えたのは、どうしてだったか。
それはそれで、置いといて。

どの神様を信じる人にも、信じない人にも。
より良い明日が、来ますように。

【おすすめ】
 Book 「百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY」 
 Music 「子供らに花束を」 THE BOOM

|

« 冬至過ぎ… | トップページ | May it rest in peace. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/43518619

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せであるように。:

« 冬至過ぎ… | トップページ | May it rest in peace. »