« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009/01/31

Where are they from?

部屋の模様替えしてたら、出てきたんだよね。
ずいぶん前、とある用件で書いた書かされた文章。

今となっては信じられないことに、原稿用紙に手書き。
役に立つことはないだろうけど、一応デジタル化しておこう。


「ゴミはどこから来るのか」
 ゴミ収集日、我が家の前にあるゴミステーションには、入りきらないほどのゴミ袋が積み上げられる。数百メートルと離れていない隣のステーションも同様。それらはゴミ収集車に押し込むように積み込まれ、運ばれていく。週2日のペースで繰り返される光景だ。
 ゴミ問題、ゴミ減量といわれて久しい。今のペースでゴミが増え続ければ、焼却場で処理できない、埋め立てる場所がなくなる、として「ゴミ非常事態」を宣言し、住民に対して積極的にゴミ減量を呼び掛けている自治体もある。それにしても、これほどのゴミが、いったいどこから発生してくるのだろうか。
 ゴミとは何か、改めて考えてみた。辞書の定義によれば、不要物や役に立たないものがゴミということだ。各家庭や個人にとって不要となったものが捨てられるのだから、その意味では家庭から出るゴミは確かにゴミなのだろう。
 ところで、不要物とは何だろう。たとえば、家庭におけるアルミ缶は、中身を飲んでしまえば単なる空き缶になる。利用するといっても、せいぜいたばこの吸い殻入れくらいのものだろう。しかし、大量に集めれば、省コストのアルミニウム原料として利用することができるそうだ。ということは、社会的にはアルミ缶は不要物ではない、つまりゴミではないということになる。 アルミ缶の分別収集が行われている地域もあるが、燃えないゴミとしてスチール缶などと一緒に捨てられていることも多い。このように、必ずしもゴミと言えないものをゴミとして処理しなければならないことが、ゴミが減らない一因ではないだろうか。
 不要物について、もう一つ気になることがある。包装用の箱や袋、あるいは肉や魚の販売に使われている発泡スチロール製のトレイは、開封し中身を取り出してしまえば不要物になる。家庭から出されるゴミのうちかなりの割合を占めているのが、それら包装ゴミという話も聞く。このように、流通・販売の過程でのみ利用され、家庭に持ち込まれた後は不要となる資材が使われていることも、ゴミの量を増やす原因となっているのではないだろうか。
 ゴミ減量について各地域で様々な取組が行われている。分別収集、資源ゴミの回収などゴミと再利用可能なものを分ける取り組みは特に多く、容器包装リサイクル法もその追い風となるだろう。しかし、分別方法が分かりにくいといった理由により、まだ利用可能なものがゴミとなっていることも多いらしい。また「分別回収してリサイクルしましょう」と呼びかけられているゴミの中には、流通・販売過程を見直すことで元から発生しなくなるものもある。
 これからのゴミ対策は、ゴミが発生してからだけでなく、ゴミになりうる物の生産、流通、販売から、消費に至る過程の見直しから始めることが必要なのではないだろうか。

分別収集とか、スーパーでのスチロールトレイ回収とか。
そういえば、これ書いた時点は、まだ珍しかったんだった。
400字詰めの原稿用紙ともども、時代の流れを感じるなあ。

しかし、新しいパソコンのIME、変換効率が、実に悪い。
やっぱり、日本製にするべきかな。

【おすすめ】
 Book 「そのバイト語は止めなさい」 小林作都子
 Music 「Beyond The Century」 Adiemus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/30

【おすすめ】のまとめ

年始休暇+成人の日連休のおかげで、長編いろいろ読破できた1月。
時々は、家でゆっくりするのも良いもので。

次に長編読破できるのは、いつになるだろうなあ。

隔月刊のお気に入り雑誌が、休刊になってしまったから、
その分、本読む時間に回そうかな…。

「O・ヘンリ短編集」        O・ヘンリ
「ガラスにはいった太陽」      イリーナ・キルピチニコワ
「偽善エコロジー」          武田 邦彦
「無伴奏ソナタ」           オーソン・スコット・カード
「あさひやま動物園ガイドブック」 旭山動物園くらぶ
「ワイン生活」            田崎真也
「南の島の恋の歌」        Cocco
「14歳からの哲学」        池田晶子
「国のない男」           カート・ヴォネガット
「航空自衛隊小松基地救難隊 RESCUE WINGS」トミイ大塚
「シャングリ・ラ」          池上永一
「疾走!千マイル急行」      小川一水
「あやしい健康法」         徳永太, 竹内薫, 藤井かおり
「深海のYrr」            フランツ・シェツィング
「カモメ識別ハンドブック」     氏原巨雄・氏原道昭

 Movie 「ヤーチャイカ」     覚 和歌子・谷川俊太郎


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/29

おくりもの

丸ごと一尾の魚を盛りつけるときは、頭が左。
丸ごと1匹の魚を飲み込むときは、頭が先。

前者の理由はよく判らないけど、後者の理由は単純です。
尾びれを下にして飲み込んだら、喉に鱗が引っかかるから。

もっとも、魚を丸ごと飲み込む人は、そういないですね。
そういうことをするのは、たいていは鳥の仲間。

たとえば、カワセミ。

水中に飛び込んで、魚を捕まえた瞬間。
頭がどちらを向いてるかは、時によって違います。

で、水から上がって、岩や木の枝にとまって一息。
くわえた魚を、そこらに叩きつけて弱らせるのが第1段階。

魚が逃げる心配がなくなったら、ここで第2段階。
くちばしを器用に使って、くわえた魚の向きを変えます。

うまい具合に頭が自分の方を向いたら、魚を一飲み。
あとは何食わぬ顔をして、首を曲げ伸ばしてみたり。

ところで、カワセミ。

捕った魚は、自分で食べるだけとは限りません。
オスからメスに、プレゼントすることもあります。

ちなみにその時は、尾びれを自分に向けてくわえます。
理由は簡単、そうするとメスが魚を食べやすいから。

ちなみに、この行動は"求愛給餌"といわれます。
読み方は、"きゅうあいきゅうじ"です。

参考まで。

気に入った相手に、食べるものを提供する。
なんとなく、人間も同じ行動をしているような気がします。

好むと好まざるとに関わらず、チョコレートをプレゼントする。
これが同じ行動かというと、検討の余地が広いようです。

魚の丸飲みから、話がずれましたね。
それはそれで、そのうち…。

【おすすめ】
 Book 「O・ヘンリ短編集」 O・ヘンリ
 Music 「笑ってよエンジェル」 中島みゆき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/28

About a piece of Japanese pottery.

"猿投"と書いて、"さなげ"。
愛知県は、豊田市の北部にある地名。

なぜ猿を投げるのかというと、昔の話。
景行天皇が、悪さをした猿を海に投げ捨てた。
その猿がここらの山に住み着いたので、猿投と呼ばれた。

そんなふうにも言うのだけれど。
可哀想な猿の身の上、誰がどう聞き取ったのやら。

ちなみに、猿投の近くには、"足助"という地名もあり。
これは、"あすけ"。

猿投 → さるなげ → さなげ
足助 → あしすけ → あすけ

これは、言語的に同じ現象なのかどうか。
少し気になるところだけど、現時点では手持ち情報不足。


それはそうと。

なぜ猿投のことを書いたかというと。
焼き物について、語ってみたかったからなんだけど。

いらんこと書いてる間に、タイムアップ。
続きはまた、そのうち。

とりあえず、黄瀬戸と織部は好きかな。
こんな織部も、あるんだけどね。
 
 D1000091

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【おすすめ】
 Book 「ガラスにはいった太陽」 イリーナ・キルピチニコワ
 Music 「LOVE~winter song~」 福原美穂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/27

独り言、ひとりごち。

お金で買える物ってね。
所詮、お金で買える価値しかないんだよね。

お金があるかないか。

全くないよりは、あるほうが良いのは認めるけど。
ありさえすれば良いかというと、そうでもないわけで。

くれるものなら、もらっておけと。
まあ、そういう考え方もあるんだろうけど。

タダほど高いものはない。
とまあ、そんな風にも言われる世の中。

お金を配りさえすれば、なんとかなる。
何がなんとかかは別として、何かなんとかなる。

そういうものでは、ないような気がするんだけどね。

【おすすめ】
 Book 「偽善エコロジー」 武田 邦彦
 Music 「労働CALLING」 怒髪天

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/26

いずれ此岸か

小学校4年の夏、神戸の異人館で聞いた解説。


日本で見られるレンガ積みには、イギリス積とフランス積があります。

長辺が並んだ層と、短辺が並んだ層が交互に積まれた、イギリス積。
一つの層に長辺と短辺が交互に並び、互い違いに重なった、フランス積。

見た目の美しさは今ひとつだけど、強度に優れたイギリス積。
見た目が華麗だけど、強度が今ひとつのフランス積。

それぞれ特徴がありますが、どちらが良いかは、使う場所にもよりますね。

折しも、シャーロック・ホームズと、アルセーヌ・ルパン。
小学校の図書室にあったシリーズを、平行して読んでいた頃。

イギリスとフランスの違いは、レンガの積み方にまで現れるのか。
しみじみ感心したせいか、未だに忘れていない。

とはいうものの、覚えているのはフレーズのみ。
美しさとか強度とか、実際の違いは、よく判ってなかった。


それをなぜ今ごろ書いているかというと、きっかけは北海道。

旧北海道庁、赤レンガの建物の壁面が見事なフランス積。
これは確かに美しいと、改めて感動したもので。

高層ビルの間にあってさえ圧倒される、レンガの建物。
120年前なら、その存在感はどれほどのものだったか。

なんだか、想像の枠を超えてしまいそうな話。

【おすすめ】
 Book 「無伴奏ソナタ」 オーソン・スコット・カード
 Music 「人鳥哀歌」 tacica

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/24

How exciting!

思えば、パソコンとお付き合いを始めて、はや18年。

デスクトップから、ノート、またデスクトップ、ミニノート。
メーカーを変え、オプションを変えることの繰り返し。

ひとつ前のPC買った時の記事見たら、これでどうやら8代目。
正確には8台目かもしれないけど、気分的には8代。

当時と比べると、PCの性能は何倍になったことやら。
変わってないのは、最初に電源入れる時の、わくわく感。

ということで、この記事は新しいデスクトップで作成。
読む人にとっては、まったく関係ないだろうけど。

データの移行とか、設定の詰めとか残ってるんだよね。
壊れたままのプリンタも、買いに行かないといけないし。

することたくさんあるけど、どれもが楽しい。
ということで、今日はこの辺で。

わくわく。

【おすすめ】
 Book 「あさひやま動物園ガイドブック」 旭山動物園くらぶ
 Music 「366日」 HY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/23

あと半年

2009年7月22日。
これは、何の日?

私が思ってるのと同じ意味で、即答する人。
果たしてどれだけいるだろう。

それは別として、この日は日食。
縁が欠けただけの2年前と違って、場所によっては皆既日食。

今住んでる辺りでも、三日月のような太陽が見られるはず。
夏真っ盛りの太陽が欠けたら、気温も変わるんじゃないだろうか。

このところ、月食環境にはあまり恵まれてなかったけど。
曇りや雨だとしても地上の明るさが変わるから、日食体験はできる。

どんなことになるんだろうなあ。
それにしても、楽しみだなあ。

【おすすめ】
 Book 「ワイン生活」 田崎真也
 Music 「君ヲ想フ」 元ちとせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/22

しょっぱい話

しょっぱい話

いやあ。
差別化が進んでるとは聞いたけど、缶コーヒー。

キャラメル風味のり塩味

そんな商品があるとは、さすがに驚いた。
甘いもの嫌いなのに、つい買ってしまったじゃないか。

って、違いますな。
シールの位置が絶妙な、ほんのり塩味。
お味は微妙だったけど。


塩と言えば、ソルティドッグ。
この冬はやりの和テイストを取り入れたら、どうだろう。

ゆず果汁と米焼酎で、塩犬。
グラスの縁には、ゴマ塩添えて。

彼女を口説くのに、役に立つかは知らないよ。

【おすすめ】
book「南の島の恋の歌」Cocco
music「焼け野が原」Cocco

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/21

from 43゜north

from 43゜north

とっくに帰ってはいるのだけれど、しつこく北海道。

ワン・オブ三大がっかり名所、札幌時計台。
がっかりとは言え、名所は名所らしい。

ところで、最近名産品になった生キャラメル。
牛乳を銅鍋でコトコト煮詰めるところから始まる。
という製法からして、どう考えても生ではない。

生ではないのに、生キャラメル。
その辺り、誰も問題にしないのは、どうしてだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/19

鳥類と哺乳類

鳥類と哺乳類

鳥類と哺乳類

ペンギンもシロクマも。
仲良きことは、佳きことかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

行列二種

行列二種

行列二種

ペンギンと人間。
物見高いのは、どっちだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/18

beer.

beer's daun.

beer's daun.
麦とホップを使ひてビイルといふ物となる。
そういうことだったらしい、明治9年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの日か。

いつの日か。
雪像になるもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北辰の地

北辰の地

北辰の地

木と紙と漆喰じゃなくて、煉瓦とモルタル。
120年前の最先端。
未だ現役。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

sunny morning.

sunny morning.
でも、夕暮れの運河とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/17

雪に思う

雪に思う

雪に思う

どんな雪であれ、どこの雪であれ。
猫には寒いだけだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の大地?


北の大地?

地面じゃないけど、とりあえず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/15

But me no buts.

暑い夏と、寒い冬。
寒い夏と、暑い冬。
どっちがいいか、一概には決めがたい。

そうはいっても、ここ日本。
程度の差はあれ、夏暑く冬寒い。
それが前提で、物事動いている。

冬寒いのは、寒いなりに。
夏暑いのは、暑いなりに。
それ以外の季節は、それなりに。

そうあってくれるのが、ありがたい。

そういえば最近、霜柱を踏んでない。
寒くないからじゃなくて、土がないから。

なんだか、それは問題な気がするな。

【おすすめ】
 Book 「14歳からの哲学」 池田晶子
 Music 「安里屋ユンタ」 夏川りみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/14

格式確保

今日の気になる間違い。

「品確法」が時々「品格法」になってるんだよね。

「ひんかくほう」で「品確法」に変換される筈なんだけどなあ。
古いIME使ったのか、「ひんかく・ほう」で分割変換したのか。
まあ、それはどちらでも良いんだけど。

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」
全部発音してると長いので、短縮化して「品確法」。

だから、「品格法」は間違いなんだけど。
字面見ながら、ふと考えてしまった。

これって、もしかして。

「国民の品格確保の促進等に関する法律」
そんな名前の、別の法律の短縮形だったりするんじゃないか。

…いくらなんでも、そんなわけないな。

訳のわからないことを考えつくときは、頭が疲れている。
きっと、そういうことだ。

【おすすめ】
 Book 「国のない男」 カート・ヴォネガット
 Music 「マタアイマショウ」 SEAMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/13

ぺたっ。

その昔、まだ子供の頃。
大きな数の単位が無意味に気に入っていた。
特に気に入ってたのは、漢字複数で表す単位。

恒河沙、阿僧祇、那由他、不可思議、無量大数。
こうがしゃ、あそうぎ、なゆた、ふかしぎ、むりょうたいすう。

口に出して読み上げるだけで、わくわくしたもので。
算数苦手な割に、そんな単位に心躍った理由は不明。

それはともかく。
最近、気に入った数字の単位。

  ペタ (peta) = 10の15乗

その昔覚えた、単位系接頭辞"くまがてら"。
キロkilo、メガmega、ギガgiga、テラtera の次。

パソコンのハードディスク、大容量化が著しい昨今。
カタログ見てると、普通に1テラバイトあったりする。

初期の外付けHDD、20メガバイトでも感動したのに。
値段も、別の意味で感動的だったのに。

時代は変わる。

そのうちにペタバイトのHDDも出るんだろうなあ。
次の買い換えは、そのころかな。

ペタバイトHDDのパソコン。
略して、ぺたPC。

勝手に命名してみたりして。
そのころまで、ブログが続いてるかな。

【おすすめ】
 Book 「航空自衛隊小松基地救難隊 RESCUE WINGS」
                            トミイ大塚
 Music 「ひょっこりひょうたん島」 GO!GO!7188

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/11

Good day for you good day for me.

何かしてても、しなくても。

時間というのは進んでいくわけで。

この世界にある幸せ。

総量は一定なのか、違うのか。

答えのでない考えを繰り返す。

その間にも、時間は流れている。

差し迫って今日するべきこと。

それはとりあえず、終わったと。

それで、良いことにしてみよう。

【おすすめ】
 Book 「シャングリラ」 池上永一
 Music 「満月の夜に亀が笑う」 ◎ターシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/09

水洗いなしで

刻んだマッシュルームとベーコンをフライパンに入れる。

できれば、テフロン加工とかの焦げ付かないフライパン。
そうじゃないなら、フライパンに予め、薄く油を引いておく。

フライパンに蓋をして、ジワジワと弱火に掛ける。
本を読むなり、他の料理を作るなり、当分の間放置する。

フライパンを火に掛けていたことを、ふと思い出す。
ベーコンの脂とマッシュルームの水分が出て、いい香り。

フライパンの蓋を開けて、塩と粗挽き黒胡椒で味付けをする。
好みにもよるけど、柚胡椒でもいいかもしれない。

ちょっと薄味くらいに仕上げて、強火にする。
フライパンをあおって、軽く水分を飛ばす。

火を止める直前に、醤油を少し入れて、ざっと一混ぜ。
マッシュルーム&ベーコンのできあがり。

かりっと焼いたフランスパンに乗せてどうぞ。
軽目の赤ワインや辛口のロゼワインと合わせても、良い感じ。

と言いつつ、今日はツノギの煮付けで日本酒だったりする。
この時期、肝がおいしいんだよね。

では、乾杯。

【おすすめ】
 Book 「疾走!千マイル急行」 小川一水
 Music 「この愛を届けよう」 DIAMANTES 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/08

丑に惹かれて。

さて、ここで質問です。

"ガンジー" と "ジャージー" の共通点は何でしょう。

ヒント:今年の干支は?

茶白まだら模様のガンジー。
茶色で白斑のあるジャージー。

残念ながら、ガンジーとは親しくお付き合いしたことがない。
ので、ジャージーの話など。

ジャージーの子牛は、かわいい。

小柄で華奢な体に、キラキラと大きな瞳、長いまつげ。
人間の女の子と同じ言葉で誉めたいくらい、かわいい。

ジャージーの子牛は、人懐こい。

知らない人が来ると、好奇心いっぱいの眼差しを向けてくる。
柵から身を乗り出して、遊んでもらおうとする。

かわいくて、人懐こいジャージーの子牛。
見ていて、実に微笑ましい。

だけど、ジャージーはペットじゃない。

牝は乳用、牡の多くは肉用。
乳用じゃなくなった牝も肉用。

まあ、だいたい、そういうことになっている。

人懐こくて、かわいいジャージーの子牛。
彼らは、人間の食べ物になるために生きている。

ジャージーに限ったことでは、ないんだけれど。
人間、他の生き物の命を消費しなければ生きられないんだなと。
丑年最初の丑の日に、つくづく考えてみた。

【おすすめ】
 Book「あやしい健康法」 徳永太, 竹内薫, 藤井かおり
 Music 「君は今」 タテタカコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/06

Beauty is only skin deep.

地面の上に立って、まっすぐ上。
雲のない晴れた日には、結構遠くまで見える。

高度3万フィートの飛行機は軽く見えるわけだし。
38万キロ離れた月や、1AU向こうの太陽も見える。
相手方にもよるけれど、何光年彼方の星や星雲も見える。

180度向きを変えて、まっすぐ下。
晴れた日も雨の日も、これは結構見えない。

普通に地面に立っていれば、地下0メートル。
船から海をのぞき込んだところで、数十メートル。
自分が住んでいる場所ながら、よく判らないものだ。

されど、今日とて。

3万フィートを飛ぶ飛行機。
38万キロ彼方の月、もっと遠い金星。
どれだけ遠いか判らない、宇宙空間。

空には、いろんな物が見える。
で、足元にはアスファルトとコンクリート。
インターロッキングにグレーチングと、時々まさ土。

目に見えぬ、地球の中身は、何だろう。

さて、自分はいったい、何が言いたかったのか。
判らなくなってきたあたりで、終わりにしよう。

【おすすめ】
 Book 「深海のYrr」 フランツ・シェツィング
 Music 「誇らしゃ」 よなは徹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/04

終日

ヤーチャイカで思い出したので、カモメの話。

夏の海。
ひねもすのたりな春の海ではなく、夏の海。
広がる大海原、青い空に入道雲、沖を行く1羽の鳥。

「海はいいね~、ほら~カモメも飛んでるよ~」

そんな人が、おそらく年に1人はいるであろう夏の海。
実際、年に5回は聞く気もするけど、それは間違い。
日本の夏、海には普通、カモメはいません。

"夏の海にいるのは あれは カモメではありません
 夏の海にいるのは あれは ウミネコばかり…"

中原中也を真似ている場合ではないけれど。
ウミネコもカモメの仲間ではあるんだけれど。

カモメ セグロカモメ ユリカモメ。
いろんなカモメが飛び交う冬の海を想いつつ。
ふと、標準和名的に、こだわってみたり。

ウミネコについての説明は、また今度。

【おすすめ】
 Book 「カモメ識別ハンドブック」 氏原巨雄・氏原道昭
 Music 「ヤーチャイカ ~もしこの星に」 中村紗理

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/01

一里塚に一理。

いやあ、休みに1日中家にいるのも、どうかと思って。
とりあえず、題名が気に入った映画を見に行ったわけ。

あらすじも予告編も、予備知識なしだったんだけど。
舞台が偶然にも、昔住み込みで働いてた村で。

八ヶ岳を望む景色とか、村の人たちの名前とか犬とか。
懐かしいの、懐かしくないのって。

映画自体もさることながら、ほんと良かったなあ。

そういえば、今日は元日。
一年の始まりの日だったらしいね。

そうはいっても、時空連続体。
始めも終わりも、あったものじゃないわけで。

今日が始まりでも、半年先がが始まりでも。
どうだっていいんじゃないかと思ってみたりもする。

思いつつも、一応は謹賀新年。

時空連続体と言えば、この宇宙の物質。
ビッグバン以降、ずっと循環してるんだよね。

この世界の生き物も、生きてない物も全部。
宇宙ができた時の物質で構成されている。

だから、すごく小さい物質のレベルで考えたら。

どんな生き物も、生きてない物も、いつかまた。
別の生き物や、生きてない物に生まれ変わる。

そういうことになるんだろうなあ。

ビッグバンの前と、ビッグクランチの後。
それは、ちょっとばかり気になるけれど。

また来年の元日にでも考えよう。

【おすすめ】
 Movie 「ヤーチャイカ」 覚 和歌子・谷川俊太郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »