« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/31

ダイビング・ログ 2009 May. 一切

【場所】 高知県幡多郡大月町一切

【日程】 2009.05.30~05.31

【コンディション】 
  晴 気温 22~28℃
  水温22~23℃ 透明度 10~15m

【ポイント&見た生き物】

 「ヒラバエ」
  ハナヒゲウツボ(幼体) 
   → 透明で平たい体、黄色の縁取り
  アケボノハゼ(2個体)
  サザナミヤッコ タテジマキンチャクダイ(幼魚)
  カメンタマガシラ
  サクラコシオリエビ(ピンクスクワットロブスター)
  ラッパウニに付くムラサキゴカクガニ

 「バンドウバエ」
  ホムラハゼ(大きめ個体)
  ダイバーにすり寄るカンパチ(若魚)
   →体表の寄生虫を落としたいらしい
  ホソカマス群れ約150匹
  セトイロウミウシ

 「ツトメノハマ キタ」
  イシダイ(大型成魚)
  サザナミヤッコ タテジマキンチャクダイ(幼魚) 
  ソラスズメに紛れるキイロハギ(幼魚)

各ポイント共通
 卵を守るクマノミ
 口内保育中のイシモチ類
 キビナゴ幼魚の群れ
   
風が強く波が出たため、2日目は1本で終了。
水温、透明度はまあまあ。

陸は陸で、お菓子をネコに狙われたり…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/30

しっぽの行き先

お腹を空かせて、飛び乗った机の上。

サンドイッチのビニール殻→中身が空なので、NG

おにぎり唐揚げ弁当の殻→においしか残ってないので、NG

菓子盆の個包装きなこ餅→がんばって袋を開けたけど、いまいち

同じく個包装キャラメルどら焼き→意外と美味しかったので完食

荒らされた跡から考察するに。
ネコの気持ちは、そういうことだったらしい。

ということで。
食べてみた、キャラメルどら焼き。

ネコが好きな味とは、とても思えなかった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/29

never knows

never knows

岡本太郎作「明日の神話」

渋谷駅にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/28

あうと・さいど

フェンスの役割は、大きく分けると二つあって。

一つは、中のものを、外に出さない。
もう一つは、外のものを、中に入れない。

さて、このフェンス。
その、どちらの役割を果たしているのか。

私には、分かりかねるところなんだけど。

いずれ、中にいようと、外にいようと。
フェンスはフェンスとして、そこにあるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/27

ゆずりあい

ゆずりあい

譲られた、後の、ユズリハ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/26

fly you fly.

fly you fly.

飛べない飛行機は、
飛行機と、呼べるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

閑古鳥渡る候

閑古鳥渡る候

閑古鳥渡る候

花も咲く頃。

微妙にピントがずれてるのは、ともかく。

それにしても、花々ずいぶん違うもの。

アジサイの、一見花びら。

あれは、花ではないんだよね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/25

薄めの品

マスク完売。

マスク品切れ中。

マスクは品薄の状態が続いております。

かつて、これほどにマスクが売れたことが、あったかと。
思ってみつつ、考える。

マスクって、いつから日本にあったんだろう。
いつからマスクと呼ばれてるんだろう。

ウイルスを吸い込まないため
ウイルスをまき散らさないため
どちらの効果が重要なんだろう。

閑話休題。
考える暇があるのは、よいことだ。

【おすすめ】
book 「たそがれに還る」光瀬龍
music 「七月節」よなは徹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/24

a problem about blank

長期出張でもなければ、ネット環境壊れてもない。

けど、4日も更新をサボってしまった…

別にたいしたことを、書いてるわけでもなし。

世の趨勢に、何ら影響するわけじゃないんだけどね。

たぶん、明日からは、もう少し更新しようかなと。

そんな予定で。

【おすすめ】
 Movie 「影絵劇 銀河鉄道の夜」 藤城清治
 Movie 「アタゴオルは猫の森」 ますむらひろし

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/19

来るべき?日のために。

近所のスーパーでも、新聞の広告でも。
各地で見かける、咳エチケット。

思い起こせば90数年前、スペイン風邪流行の折。
当時の内務省は、こんな標語を作ったらしい。

「『テバナシ』に『セキ』をされては堪らない」

緊急時には、わかりやすいのが一番。

「マスクをかけぬ命知らず」というのもあったらしいけど。
そうはいってもマスク、売り切れなんだよね。

幸いにも弱毒性。
かかっても、重篤な被害はなさそうなのが救いで。

強毒性が広がったときの予行演習。
してるのではないかと、思ってみたり。

とりあえず、体内アルコール消毒でもしておこう。
大典白菊 「白菊米 おりがらみ」。

肴は昨日の、若竹煮。
ショウガを少し、効かせても良かったな。

【おすすめ】
 Book 「「分かりやすい説明」の技術」 藤沢 晃治
 Music 「Silent Warrior」 Enigma

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/18

海山染みてぃ

季節のメニュー、若竹煮。

若い竹=タケノコで、若竹煮。
そう、思ってたんだよね。

ワカメの立場がないじゃないか。
そうとも、思ってみたり。

だけど、今日。
若竹煮作りながら、ふと気がついた。

若布と竹の子で、若竹煮。
きっと、そういうことなんだ。

長年の疑問、ひとつ解消。

作り方は…。
説明するまでも、ないですな。

【おすすめ】
 Book 「猫の建築家」 森博嗣
 Music 「でぃきらさ」 フェーシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/16

Brush your teeth.

赤ワイン、焼酎、もちろんビールにも合う、砂肝料理。

・うすい塩水の中で、砂肝の汚れを掃除する
・余分な水気を切って、5mm厚くらいにスライスする
・酒:ショウガ絞り汁=1:1をからめて、水気を切る
・まな板かバットに広げて、塩と粗挽きこしょうをまぶす
・しばらく置いて、反対側にも味付けする
・グリルの網の上に並べて、弱火~中火で焼く
・火が通ったら、できあがり

砂肝の、堅いところ。
筋とか、銀皮とか呼ばれてる、白っぽいところ。

堅いので、下ごしらえで取り除く。
レシピには、そんな風に書かれてたりする。

でも、この方法で料理すると、酒のつまみにとても合う。
特に、芋焼酎の湯割り、進むことこの上ない。

嘘じゃないよ。
歯と肝臓に自信があったら、試してみてね。

【おすすめ】
 Book 「旨い!本格焼酎飲み比べ」 一個人編集部
 Music 「変わらぬ「青」」 やなわらばー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/14

青い窓より

「ぴーーひょろろーー」といえば、トビ。
「すいーっちょん」といえば、ウマオイ。

遙か上空や、草むらから響いてくる。
いずれ、のどかな自然の音色。

が、しかし。
パソコンの内蔵ハードディスクから聞こえる。
ということになると、穏やかじゃない。

普通にパソコン仕事してたら、突然の青画面。

A problem has been detected and windows has been shut down
to prevent damage to your computer.
…if this is the first time you've seen this stop error screen,
restart your computer.

眺めていても仕方ないので、とりあえずリセットを。
かけたら、Windowsが起動しなくなってしまった。

BIOSの設定画面までは、普通に出てくる。
だけど、その先に進まない。

進まないだけじゃない。
「ぴーひょろろー」とか「すいーっちょん」だとか。
パソコンにあるまじき音が聞こえてくる。

BIOS設定画面ででHDDの状況。
確認したら、none 表示になっている。

内蔵ハードディスクに問題がある。
要するに、そういうこと。

わかっても仕方ないけど、そういうこと。
で、どうするかは、これからの話。

【おすすめ】
 Book 「こいぬとこねこは愉快な仲間」 ヨゼフ チャペック
 Music 「強く儚い者たち」 Cocco

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/12

まだ梅雨も見ぬ…

無視無視、虫虫、蒸し蒸し。

どれ一つとっても、あまりうれしくない。

それぞれに、それぞれの、意味はある。

そういうもの、なんだろうけどね。

こんな日には、すかっと爽やか。

軽井沢高原ビール。

【おすすめ】
 Book 「とりあえずビールやっぱりビール!」 中谷 和夫
 Music 「この島に咲きたくて」 池田卓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/09

Little Primrose

手に取るな やはり野におけ れんげ草 (滝野瓢水)

レンゲにしても、スミレにしても、何にしても。

野のものは、野にある姿が美しい。

持ち帰ろうなんて、考えないに限る。

Dsc07221

それにしても。

似てるのが、名前の由来と言うけれど。

色も形も似ていない、ような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/07

ダイビング・ログ 2009 May.柏島(生物編)

11月末以来、5ヶ月ぶりの海。
そんなにも長い間、潜ってなかったことに驚きつつ。
海の中は、やっぱり楽しい。

<ウツボの仲間>
 ウツボ トラウツボ サビウツボ ワカウツボ

<エソの仲間>
 ミナミアカエソ マダラエソ

<カエルアンコウの仲間>
 クマドリカエルアンコウ(クリーム×赤)

<カエルアマダイの仲間>
 ジョーフィッシュ(茶色)

<トゲウオの仲間>
 ヘラヤガラ アオヤガラ
 イシヨウジ
 ピグミーシーホース

<ウバウオの仲間>
 ハシナガウバウオ 

<マツカサウオの仲間>
 テリエビス アカマツカサ

<カサゴの仲間>
 カサゴ オニカサゴ ハナミノカサゴ キリンミノ 
 セミホウボウ

<ハタの仲間>
 オオモンハタ ユカタハタ ニジハタ
 キンギョハナダイ

<テンジクダイの仲間>
 アオスジテンジクダイ オオスジイシモチ カスミヤライイシモチ
 キンセンイシモチ クロホシイシモチ コスジイシモチ
 リュウキュウヤライイシモチ

<フエフキダイの仲間>
 イトフエフキ

<イサキの仲間>
 アジアコショウダイ(幼魚) コロダイ

<ヒメジの仲間>
 オキナヒメジ オジサン ホウライヒメジ ヨメヒメジ

<チョウチョウウオの仲間>
 チョウチョウウオ トノサマダイ ハタタテダイ

<キンチャクダイの仲間>
 アブラヤッコ キンチャクダイ レンテンヤッコ 
 タテジマキンチャクダイ(幼魚)

<スズメダイの仲間>
 アマミスズメダイ クロスズメダイ コガネスズメダイ
 ソラスズメダイ ミツボシクロスズメダイ
 フタスジリュウキュウスズメダイ マツバスズメダイ
 クマノミ

<タカノハダイの仲間>
 ミギマキ タカノハダイ

<メジナの仲間>
 メジナ

<ニシンの仲間>
 キビナゴ(大きめ個体の小さい群)

<ベラの仲間>
 アカササノハベラ イトヒキベラ イトベラ オトメベラ
 カミナリベラ コガシラベラ コガネキュウセン タコベラ
 ホンソメワケベラ ホンベラ ヤマブキベラ イラ

<ブダイの仲間>
 ブダイ アオブダイ

<キスの仲間>
 トラギス コウライトラギス カモハラトラギス

<ギンポの仲間>
 カモハラギンポ ニジギンポ ミナミギンポ 

<ハゼの仲間>
 ダテハゼ クビアカハゼ ハタタテハゼ
 ネジリンボウ ヒレナガネジリンボウ
 ホムラハゼ 
 ガラスハゼ

<ニザダイの仲間> 
 ニザダイ ツノダシ ニセカンランハギ

<カワハギ・モンガラカワハギの仲間>
 カワハギ
 ツマジロモンガラ

<フグの仲間>
 ウミスズメ シマウミスズメ ハコフグ
 キタマクラ ハナキンチャクフグ ハリセンボン
 イシガキフグ

【エビ・カニ】
 ガンガゼカクレエビ オトヒメエビ オドリカクレエビ
 オランウータンクラブ モクズショイ ゼブラガニ

【イカ・タコ】
 マダコ
 ?ダコ

【ウミウシ】
 ニシキウミウシ コイボウミウシ(たぶん)

【死に物】
 白骨化進行中のサカタザメ 同じくウツボ
 舵の効かなくなったボート…は、修理すれば生き返るか…
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/06

ダイビング・ログ 2009 May. 柏島

【場所】 高知県大月町柏島

【日程】 2007.05.03~05.04

【コンディション】 
  晴~曇り~雨 気温 20~22℃
  水温20~21℃ 透明度 5~10m

【ポイント&見た生き物】

 「後の浜1.5番」
  ホムラハゼ(全身よく見えた)
  レッドバックドラゴネット(一見ミヤケテグリっぽい…)
  クマドリカエルアンコウ(クリーム赤、大きめ)
  キビナゴ(大きめ個体)の小群

 「後の浜2.5番」
  ピグミーシーホース
  ジョーフィッシュ
  岩の間に巨大タコ
  モクズショイ ゼブラガニ

 「後の浜1番」
  ダルマオコゼ
  縄張り争いするオニカサゴ 
  ネジリンボウ
  小さいタコ
  キビナゴ(大きめ個体)群
  ムラサキウミコチョウ

 「後の浜1.5番」
  ネジリンボウ ヒレナガネジリンボウ
  オランウータンクラブ
  ニシキウミウシ

波風なし。初日は流れ少し。
水温は、前年同時期並み。
5月恒例の春濁り。

気づいてみれば、半年ぶりの柏島。
なので、経年変化が観察できてないんだけど。

ざっと見た感じ、ベラ少なめ、ハゼも微妙。
キビナゴの個体は大きいけど、群れは小さめ。

コガネスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、クマノミ。
例年の凶暴3種、なんだかおとなしかったような。

オニカサゴの縄張り争いは、なかなか見応えあり。
動画が撮れれば良かったと、こういう時には思う。

水中泳ぐウツボもたくさん。
この時期いつも多いような。

詳しいログは、また。
忘れないうちに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/05

No stop signs, No speed limit.

高速道路。

通行料が高いけど、速く走ることができる。
だから、高速道路。

ということは。
通行料が安くなれば、速く走ることができなくなる。

それは、それで、必然。

そんなわけ、ないですな。
閑話休題。

しかし、この連休。
予想はしていたけれど、あまりにも予想どおり。

"千円だから、意地でも高速を走るぞ渋滞。"

割引の対象にならないけど、高速道路を走らざるを得ない。
そんな人にとっては、迷惑千万な話だろう。

次に起きるのは、海の日あたりか…。


【おすすめ】
 Book 「海中ミュージアム」 楚山いさむ
 Music 「Lost Highway」 Bon Jovi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/04

灰猫茶猫

灰猫茶猫

灰猫茶猫

高速道路が意味不明に渋滞してることだし。
とりあえず、目つき悪い猫でも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/03

島美人

島美人

島美人

焼酎じゃないけど。
島の美人猫。
と、変わった色の猫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/02

Providing is preventing.

いつ来るかわからない.
わからないけど、きっと来る。

新型インフルエンザのパンデミック。

ということで、非常閉じこもりキット
考えたのは、早1年以上前。

食料、飲料水、生活水、各種生活雑貨。
手遅れになる前に、備蓄しておこう。

自分だけは、きっと大丈夫だろうとか。
縁起でもないことを考えないほうがいいとか。

そういう問題じゃないからね。
失敗から学べばいい、という話でもない。

備えあれば、憂いなし。

昼間の星もウィルスも。
目に見えないけど、確かにあるんだ。

ところで。

電気ガス水道、電話にメール、ネットにテレビ。
全部なくなっても、暮らしていけるかどうか。

この際、それも想定した方が、いいんだろうな。

【おすすめ】
 Book 「そうだったのか! 現代史」 池上彰
 Music 「さよなら」 かりゆし58

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »