« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/31

cats in a cage.

cats in a cage.

おはようの、島猫たち。

仲良しにしても、暑くないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/30

遺産

遺産

というより、遺跡のような

煙突が、いつまで持つか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酸化鉄50%

酸化鉄50%

銅の精錬に、スラグはつき物

廃物利用の、からみ煉瓦

熱伝導も、有効利用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/29

history...

history...

古びた景色

あるいは、廃墟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角度は同じで

角度は同じで

テクニカルなアート と アートなテクニック

どちらがどっちか、適当か

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角度を変えた

角度を変えた

アートの一部。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/25

Where have summer gone?

風は清しく、蒼天高く。

それって、秋だよね。

まだ、夏休み終わってないのにね。

声をひそめたクマゼミ、アブラゼミ。

ラストスパートのツクツクボウシ。

宿題も、ラストスパートかな。

【おすすめ】
 Book 「海獣の子供」 五十嵐大介
 Music 「Where have All The Flowers Gone」 Joan Baez

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/24

帰らぬものに

その昔、夏の終わり。

研究室でコーヒーを飲もうと、カップに注ぎ、
窓際に置いたまま、存在を忘れて放置。

コーヒーが冷めるには、十分すぎる時が過ぎ。
気づけば、窓際に水分の抜けたカップコーヒー。

これに再びお湯を注げば、ホットコーヒーが。
できるのだったか、それとも否か。

試してみなかったのが、未だに心残り。


その同じ、夏の終わり。

研究室で、アイスコーヒーを作ろうと冷蔵庫へ。
カップコーヒを入れたまま、存在を忘れて放置。

コーヒーの筈なのに、なぜか醤油の香りがする。
よく冷えた、茶色の液体が醤油味だったのか否か。

試してみなかったのも、やっぱり心残り。

が、しかし、だからといって。
今から試してみたい、ほどのことではない。

【おすすめ】
 Book 「君の夢僕の思考」 森博嗣
 Music 「過ぎゆく夏」 中島みゆき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/23

ダイビング・ログ 2009 Aug. 香住

【場所】 兵庫県香美町香住

【日程】 2009.08.23

【コンディション】 
 晴れ 気温 28℃
 水温 26℃ 
 透明度 5~10m

【ポイント&コメント】

「佐津ビーチ」
 ・砂浜から、セルフのビーチ・ダイブ2本
 ・遅めのお昼は、浜茶屋はまなす
 ・梅雨明けて、爽やかな青空秋空
 ・海水浴は、さすがに少なめ

【魚など】

岩場~岬方面
 ウミタナゴ
 カサゴ メバル アイナメ
 キジハタ アオハタ
 マアジ(幼魚の群れ)
 マダイ(幼魚たくさん)
 イシダイ(幼魚の群れ、若魚)
 キジハタ アオハタ(幼魚)
 コブダイ(幼魚)
 オハグロベラ
 サビハゼ
 キヌバリ チャガラ
 カワハギ(幼魚) ヨソギ(幼魚) アミメハギ(幼魚)
 クサフグ
 アオウミウシ

砂地~オアシス・ロープ周辺
 カンパチ(若魚) ハマチ(若魚)
 スナゴチ トビヌメリ
 ヒメジ
 キジハタ
 サビハゼ
 カイワリ
 マアジ(幼魚の群れ)
 マダイ(幼魚あちこち)
 イシダイ(幼魚の群れ)
 カワハギ(幼魚) ヨソギ(幼魚) アミメハギ(幼魚)
 クサフグ
 ツメタガイの卵


【印象的だったこと】
・動きはいつも STOP and GO な、マダイ
・砂地すれすれで髭?触覚?を使いこなす、ヒメジ
・なんだか悠然とした、キジハタ、アオハタ、オハグロベラ
・集団行動でハッタリかます、イシダイ幼魚の群れ
・成魚の姿が想像できない、コブダイ幼魚
・上から見たら、漢字の八の字がある、カンパチ
・丸焼きサイズの、ハマチ
・砂に向かって口からジェット噴射の、カワハギ

さて、上記のうち、仲間はずれはどれでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/22

I'm here now.

ズッキーニ、長ナス、エリンギ、パプリカ。

縦に4等分して、しんなりするまでグリル。

一口大に切り分けて、ボウルに入れる。

オリーブオイルと柑橘果汁、塩、こしょう。

適当に混ぜて、マリネ液を作る。

グリル野菜とマリネ液を和えて、なじませる。

そのまま冷やしても、温かいままでも。

豚ヒレ肉のグリルに添えても、良いかな。

よく冷えた、辛口のリースリングとも好相性。

ただ。

作るとき、暑いのが、難点なんだよね…。

【おすすめ】
 Book 「エンド・ゲーム」 恩田陸
 Music 「I'm in love」 MONGOL800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/19

ダイビング・ログ 2009 Aug. 一切 (生物編)

<ウツボの仲間>
 ウツボ トラウツボ ハナヒゲウツボ(幼魚・成魚)

<ゴンズイの仲間>
 ゴンズイ

<エソの仲間>
 ミナミアカエソ マダラエソ

<トゲウオの仲間>
 ヘラヤガラ
 イシヨウジ ノコギリヨウジ
 ニシキフウライウオ

<ウバウオの仲間>
 ハシナガウバウオ 

<マツカサウオの仲間>
 アヤメエビス テリエビス アカマツカサ

<カサゴの仲間>
 ミノカサゴ ハナミノカサゴ

<ハタの仲間>
 オオモンハタ ユカタハタ アザハタ
 キンギョハナダイ キハッソク

<テンジクダイの仲間>
 キンセンイシモチ オオスジイシモチ コスジイシモチ
 リュウキュウヤライイシモチ

<フエフキダイの仲間>
 イトフエフキ

<キツネウオ>

<イサキの仲間>
 アジアコショウダイ(幼魚) コロダイ

<ヒメジの仲間>
 オジサン ホウライヒメジ ヨメヒメジ

<チョウチョウウオの仲間>
 チョウチョウウオ トゲチョウチョウウオ ハタタテダイ
 タキゲンロクダイ フエヤッコダイ

<キンチャクダイの仲間>
 キンチャクダイ タテジマキンチャクダイ(幼魚・成魚)
 タテジマヤッコ サザナミヤッコ シテンヤッコ

<スズメダイの仲間>
 アマミスズメダイ クロスズメダイ コガネスズメダイ
 ソラスズメダイ ミツボシクロスズメダイ
 フタスジリュウキュウスズメダイ ネッタイスズメダイ
 セナキルリスズメダイ オヤビッチャ
 クマノミ

<タカノハダイの仲間>
 ミギマキ タカノハダイ

<メジナの仲間>
 メジナ

<クロサギの仲間>
 クロサギ

<カマスの仲間>
 ホソカマス(群れ)

<ニシンの仲間>
 キビナゴ(幼魚の群)

<ベラの仲間>
 アカササノハベラ イトヒキベラ イラ オトメベラ
 カミナリベラ カンムリベラ クロフチススキベラ
 コガネキュウセン ホンソメワケベラ ホクトベラ
 ヤマブキベラ イラ ツユベラ(幼魚)

<ブダイの仲間>
 コブダイ アオブダイ ヒブダイ ?ブダイ

<キスの仲間>
 トラギス

<ギンポの仲間>
 カモハラギンポ ニジギンポ ミナミギンポ 
 セダカギンポ タテジマヘビギンポ

<ネズッポの仲間>
 ミヤケテグリ

<ハゼの仲間>
 ハタタテハゼ クロユリハゼ オトメハゼ
 アケボノハゼ

<ニザダイの仲間> 
 ニザダイ ツノダシ テングハギ

<カワハギ・モンガラカワハギの仲間>
 カワハギ アミメハギ
 ツマジロモンガラ メガネハギ ムスメハギ

<フグの仲間>
 シマウミスズメ ハコフグ ミナミハコフグ
 キタマクラ ハナキンチャクフグ ハリセンボン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/15

ダイビング・ログ 2009 Aug. 一切

そういえば、1週間前に潜ったんだった。
と、今頃になって、思い出し。

【場所】 高知県幡多郡大月町一切

【日程】 2009.08.8

【コンディション】 
  晴 気温 27~30℃
  水温23~26℃ 透明度 8~10m

【ポイント&見た生き物】

 「勤崎」
  ハナヒゲウツボ(成魚&幼魚セットで) 
  何かと邪魔をする コブダイ 
  遠慮なく近寄れる タテジマキンチャクダイ(成魚)
  うねりに揺られながら見た セダカギンポ
  水面近くに カマス群れ&メジナ群れ
  尾びれがギザギザの ?ブダイ?

 「サルガウド」
  一瞬でひっこんだ アケボノハゼ
  ニシキフウライウオ(黒)
  ヤミテンジクダイ のような?
  片面だけ黒点がある タテジマキンチャクダイ(成魚)
  すぐ逃げる サザナミヤッコ

各ポイント共通
 凶暴なクマノミ、ミツボシクロスズメダイ
 キビナゴ幼魚の群れ


水温は、中層までまあまあ。
でも、20m付近にサーモクライン、その下は寒い。
   
台風8号が四国から逸れたと思ったら、夜半から激しい雷雨。
山からの出水&崖崩れピンチで、2日目はダイビング中止。

漁港そのほか、被害が出てないことを祈りつつ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/09

a cage of rain.

a cage of rain.

よく降りますね。
というか。

どれだけ降るんだ。
と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカバナ一夜

アカバナ一夜

ハイビスカスの、表側。

一晩経てば、別の花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雨のち

大雨のち

濁流。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/08

rainy day and...

rainy day and...

九州と夕日が見える、はずの海。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後ろ姿の

後ろ姿の

あまり撮る人が、いないので。

ハイビスカスの、後ろ側。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/06

右向きの三角2つ

休診明けの週末前。
診療終了間際の、混雑した眼科。

間違いなく、忙しいのは、わかる。
患者の回転を早くしたいのも、わかるけどね。

検査や説明を、やたらと早口でするとか。
検査器具を、やたらと早く動かすとか。
それは、いかがなものかと思うわけよ。

聞き返すこと、戸惑うこと多々あり。
結局、スピードアップ効果は高くない。
見ていて、そんな気が、したんだよね。

ともあれ、みなさん。
お忙しい日々、お疲れさまです。

【おすすめ】
 Book 「パレオマニア」 池澤夏樹
 Music 「24時間の旅」 THE BOOM   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/04

I don't know much about it.

客観的な事実に基づいて。

そんなことを、言ってみたところで。

人間それぞれに、それぞれの主観があるもの。

同じ一つの出来事も、見る人変われば別のもの。


だからね。

真に客観的な事実なんて、人の世には存在しない。

とはいえ。

果たしてこれが、客観的な事実と言えるのか。

それはそれで、また主観の問題。

【おすすめ】
 Book 「日本人の知らない日本語」 蛇蔵&海野凪子
 Music 「To Tell the Truth」 菅野よう子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/02

似て似非ならず

西洋で言う、剣と魔法と妖精たちの世界。

日本でなら、刀と呪(まじな)いと妖怪たちの世界。

ということに、なると思うんだけど。

なんだか、違うものに聞こえてしまうような。

どうしてだろう。


ジョハリの窓と、浄玻璃の鏡。

こちらは、確かに違うんだけどね。


怪談の気分も、なかなか出ない夏。

【おすすめ】
 Book 「ワインの教科書」 木村克己
 Music 「遠い夏」 coi-na

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/01

秋を待つ季節

コウモリのあくびと、ぬるい夕方。

梅雨あけないまま、今年、八月。

涼しい、暑くない、どちらにしても。

夏の扉は、半開き。

【おすすめ】
 Book 「Flying Machine」 Andrew Nahum
 Music 「青く、白く、青く、輝く太陽」 大城クラウディア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »