« 火星から9800万キロ | トップページ | にわにはにわの »

2010/02/01

none of them any good.

いつもは、Non-native Japanese 多めの、インドカレー屋さん。
休日のせいか、小さい男の子連れのファミリー来店。

珍しいのか、出てくるお料理全部、興味津々な男の子。
メニューが読めないらしく、一つ一つ名前を聞いていく。

当然ながら、ナン&カレーが出てきた所でも、一言。

男の子「ねえ、この白くて大きいの、なんて言うの?」

お母さん「ナンだよ。」

男の子「だから、これ、なんて言うの?」

お母さん「ナンだってば。」

男の子「なんて言うのか聞いてるのにーー(半泣き)」

お母さん「だから、これはナンっていうパンなんだってば。」

以下省略。

何はともあれ、男の子。
ナンもカレーも、おいしかったらしい。
それが、なにより。

【おすすめ】
 Book 「一日一名言―歴史との対話365」 関厚夫
 Music 「Jai Ho」  Pussycat Dolls

|

« 火星から9800万キロ | トップページ | にわにはにわの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/47448793

この記事へのトラックバック一覧です: none of them any good.:

« 火星から9800万キロ | トップページ | にわにはにわの »