« The news conference will be held. | トップページ | いつか行ってみたい場所 »

2010/12/02

読書の道具

クリスマス商戦を狙ってか、近々発売される国内向けの電子書籍端末。
大量の本を手軽に持ち歩けて、収納場所も取らないというのは魅力的。
そう考えて情報収集したものの、どうも手に入れたいと思えない理由。

・端末があっても、対応する電子書籍コンテンツがまだ少ない
・対応するコンテンツに、自分が読みたい物が含まれていない

コンテンツの充実は端末の普及を待って、ということかもしれない。
でも、どんな端末があっても、読みたいものがなければ意味がない。
コンテンツと端末。ニワトリとタマゴ。どちらが先でも必要な訳で。

ところで。

・電子書籍を買ってすぐ読めるよう、通信機能もある方がいい
・長時間読んでも目が疲れないよう、液晶じゃないほうがいい

そういう条件も考えると、Kindle は、いい電子書籍端末だと思う。

・電子書籍コンテンツの在庫がが多い
・端末だけでコンテンツの購入が可能
・目が疲れにくい電子ペーパーを使用
・速度はともかく、ネット接続も可能

ただし、取説もコンテンツも基本的に英語のみ、というのがネック。
日本語表示に対応はしたけれど、国内で販売されてないというのも。

Kindle Storeが全面的に国内対応。日本語書籍や雑誌なども、販売開始。
そうなればとても嬉しいんだけど。そうなることを期待してたんだけど。
残念ながら、そういう方向になりそうもない、国内電子書籍市場の現状。


Kindleにダウンロードした、著作権切れの無料コンテンツ。
今後1年では読み切れないくらい、たくさんあることだし。
これからの電子書籍市場を楽しみに、とりあえず様子見で。

 Book 「The Hitchhiker's Guide to the Galaxy」 Douglas Adams
 Music 「Welcome To The Machine」 Pink Floyd

|

« The news conference will be held. | トップページ | いつか行ってみたい場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/50190552

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の道具:

« The news conference will be held. | トップページ | いつか行ってみたい場所 »