« Snow falls softly. | トップページ | あらたまりあらたまる »

2010/12/31

星の海を往く想い

ずいぶん前に、ブログに書いたボイジャー探査機
今はどうしているだろうと気になって、調べてみた。

地球からボイジャー2号まで、光の速さで13時間と10分弱。
冥王星も遥か過ぎ、太陽系を離脱しようとしているところ。

同じくボイジャー1号までは、16時間と8分ちょっと。
こちらも太陽系の端を飛行中、外宇宙は目の前。

夜空にどう目をこらしても、見えるはずもない遙か遠く。
想像もできないくらいの彼方から、電波を送ってくる機体。

しかも、ボイジャー2号はツイートもしていたりする。
子供の頃には想像もできなかった世界。

先行したパイオニア同様、いつかは交信できなくなるだろう。
でも、太陽系の彼方、小さな探査機は飛び続けるだろう。

年が変わっても、年を取っても。
そのことは、忘れないでおこう。

【おすすめ】
 Book 「Beyond:Visions Of The Interplanetary Probes」Michael Benson
 Music 「Send Me A Song」 Celtic Woman


|

« Snow falls softly. | トップページ | あらたまりあらたまる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72676/50451732

この記事へのトラックバック一覧です: 星の海を往く想い:

« Snow falls softly. | トップページ | あらたまりあらたまる »