2010/10/22

どぅなんちま、の話

ずいぶんと、昔の話。
ゆなぐにぬまやぐゎー、なんて知らなかった頃。

与那国島、祖内の宿で寝ていたら、襖を開けて猫が入ってきた。
私の寝ていた場所は、どうやら通り道だったらしい。
普通に、胸の上を歩いて行った。

踏み越えていった先に何の用事があったのか、それは知らない。
しばらくしたら戻ってきて、胸の上を通って出て行った。
開けた襖は、閉めていかなかった。

なつかしい、青春の思い出。


それはそうと。

与那国島が舞台のドキュメンタリー映画「老人と海」。
これは、ストレートにすごい作品だった。

82歳の漁師がサバニ(小舟)でカジキ漁に出る。
潮の具合か運のせいか、長いこと不漁が続く。
その後、ついに大物を釣り上げる。

大括りに言ってみれば、それだけの話。
だけど、それだけではない話。

20周年を記念して、ディレクターズ・カット版公開中。
映画『老人と海』公式サイト

鑑賞前の注意。
 船酔いする人は、酔い止め飲んでいった方が良いかもしれません。
 映画の大半を占める海のシーン。
 撮影するカメラも、撮影される小舟も、かなり揺れてます。


【おすすめ】
 Movie 「老人と海 ディレクターズ・カット版」 ジャン・ユンカーマン監督

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/06

古き良き?

海外作品の、日本語訳。

Star Trek が 宇宙大作戦 とか。

Mission:Impossible が スパイ大作戦 とか。

なんでも、大作戦つければ良いのかと思ってみれば。

Combat! とか Knight Rider は、そのままなんだよね。

でも、ナイト・ライダー を 夜のライダー と思ってる人はいるかも。

それはそうと。

Gorillas in the Mist が 愛は霧の彼方に。

これが、いちばん、意外性が高かったかも。

まあ、いずれも、良い作品ということで。

まとめて、おすすめしてみたり。

【おすすめ】
 Book 「スタートレック 完全ガイド」 別冊宝島
 Music 「not equal」  MONGOL800

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/28

百聞より一見

まずは、おすすめ。

なにはともあれ、おすすめ。

あとは、見てのお楽しみかな。

【おすすめ】
 Movie 「スラムドッグ$ミリオネア」 ダニー・ボイル監督

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/11

半神

字幕では、ワルキューレ。

台詞では、ヴァルキリー。

舞台はドイツだけど、映画はアメリカ製。

そういうことなんだろうな。

知らなかった歴史の、1頁。

侍になったり、ドイツ将校になったり。

役者は、いろいろ。

【おすすめ】
 Movie 「ワルキューレ」 ブライアン・シンガー監督

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/19

Which came first?

テレビに出ているから、有名人なのか。
有名人だから、テレビに出ているのか。

人気店だから、行列ができているのか。
行列ができているから、人気店なのか。

その他いろいろ、どっちがどっちか。
考えていると、時々判らなくなる。

判らなかったところで、困るわけではない。
ただ、割り切れない気持ちになるだけで。

割り切れなかった気持ちは、余りになるのか。
余った気持ちがあるから、割り切れないのか。

そのあたりも、判らなかったりする訳だけど。

"Man learns from history that man learns nothing from history."

これは意味が違うか。
まあいいや、それはそれで。

【おすすめ】
 Book 「ちいさい言葉をうたう場所」 糸井重里
 Music 「Between Mind & Heart」 Enigma

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/15

There must be the truth.

映画とかテレビドラマとかって、力を入れてない分野なんだけど。
力を入れてないなりに、興味のある作品チェックはするんだけど。

映画版シャーロック・ホームズ、制作状況チェック中。
何気に見つけてしまった、驚きの事実。


ジュード・ロウが、ワトソン博士。

ワトソン博士 といえば エドワード・ハードウィック。
シャーロック・ホームズ といえば ジェレミー・ブレット。

この組み合わせが一番いいとか、そんなことは言わないけれど。
それでも、それにしても。

Whenever you have eliminated the impossible, whatever remains,
however improbable, must be the truth.

ジュード・ロウがワトソン博士、監督はガイ・リッチー。

どんな映画になるんだろう。
クラレットとビスケットは出てくるんだろうか。

忘れた頃に、またチェックしてみよう。

【おすすめ】
 Book 「緋色の研究」  アーサー・コナン・ドイル
 Music 「浜千鳥」 Parsha cluB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/09

心配いらない?

スキムミルク、寒天、ところてん、にがりに納豆。
他にも、仲間がいたかもしれないけど、まあいいや。

で、今度は、バナナが仲間入りらしいね。
売り切れ続出らしいね。


テレビから流れてくる情報が、真実とは限らない
○○食べるだけで痩せるなんて、幻想に過ぎない

王様の耳が、ロバの耳だったり。
高価な衣装を着てるはずが、実は裸だったり。

そんなことに、ならないように。
忘れないうちに、メモしておこう。

【おすすめ】
 Book 「バナナと日本人-フィリピン農園と食卓のあいだ」 鶴見良行
 Music 「野茂英雄のテーマ HIDE~O」 DIAMANTES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/22

Go! LZR Go!

着たことないから、実感できないんだけど。

LZR RACER って、窮屈なんだってね。

一人では着られないくらいなんだってね。

着たことないから、よくわからないんだけど。

泳ぎ終わった選手が、水着をずらしてるあたり。

その窮屈さ、なんとなく感じられたりして。

それにしても。
水着の性能で、記録が伸びるというのは。
それはそれで、どうなのかと思わないでもない。

しかし、そのあたり賛否はあるにしても。
何も着ないで泳ぐわけには、いかないわけで。
競技は競技として、そういうものなんだろうか。

窮屈じゃなく、早く泳げる水着。
そのうち、できるのかな。

ついでだから、着ると仕事がはかどる服とか。
できないかな。

【おすすめ】
 Book 「フリーランチの時代」 小川一水
 Music 「二十九の春」 よなは徹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/16

うたがきこえる

最近の、勘違い。

コンビニで見た、映画のポスター。
"呪い"を"祝い"だと信じてた。
メイキング見て、気がついた。

"祝い"なら良くあるけれど、"呪い"はそう聞かない。
それだけの根拠に依ったが故の、単純な勘違い。
映画見に行く前に、気がついて良かった。

まあ、それでも。

考えようによっては、呪いも祝いも似たようなもの。
他人に対する強い思いという点では、変わらない。

愛情の反対は、無関心。
呪いといえど、関心があるだけましかもしれない。

ところで。
"祝い"を"+"、"呪い"を"-"と仮定した場合。
"呪い"を二乗したら、"祝い"になるんだろうか。

無関心を"0"と仮定した場合。
かけ算したら、"呪い"も"祝い"も"無関心"だろうか。

今日も、暑かった。

【おすすめ】
 Book 「日本妖怪大全」 水木しげる
 Music 「モノノケダンス」 電気グルーヴ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/15

とりあえず…

契約している、ケーブルテレビ。
何故か今月は、沖縄舞台の映画満載。

ホテル・ハイビスカス
ナビイの恋
豚の報い
ニライカナイからの手紙
ナミイと唄えば
チェケラッチョ

波照間&石垣のログも、まだ途中。
映画1本、見切れる時間も、なかなか持てず。

嬉しいけれど、困ったことだな。
とりあえずは、録画しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧