2013/12/16

ダイビングログ 2013.12.14,15 慶良間(座間味島)

サービス:コーラルダイバーズ
宿泊:ペンション星砂

12月14日

「サクバル漁礁」
・岩がちの斜面を移動中、逃げないイソマグロ(若魚)×3
・水深30mに漁礁、表面に若い枝サンゴ成長中
・漁礁の中にアカククリ成魚、周辺にグルクン群れ、ウメイロモドキ群れ。、逃げないイソマグロ(若魚)×2
・斜面沿いに帰り道、岩場にハナゴンベ、スミレナガハナダイオスメス中間とメスの群れ、ヨスジフエダイ群れ、付いてくるイソマグロ
・船下付近の浅場、砂地とサンゴ、デバスズメ、キホシスズメ、セナキルリ、逃げないイソマグロ
・船下の岩、トサカリュウグウウミウシ

「大浜(うはま)」
・白い砂地から緩やかな斜面、-10mのサンゴと岩の根
・ケラマハナダイ婚姻色ディスプレイ、スカシテンジクダイ、キンメモドキ群れて夏の気配
・-15m岩場にウミウチワ、イソバナ、間にアゴハタ、シモフリカメサンウミウシ
・船下の岩とサンゴと砂地、中層にアカモンガラ、ウメイロモドキ
・サンゴの間にスズメダイ幼魚たくさん

12月15日

「バベルの塔」ドリフト
・白い砂地にサンゴと岩の根、スズメダイたくさん、スカシテンジクダイ
・-14mモコモコしたサンゴ、ベラ類たくさん
・雑食の魚は緑のレーザーをエサと勘違いする(ベラ、オジサン、トラギス)
・平たいサンゴとモコモコしたサンゴの大きな根(バベルの塔)
・キンギョハナダイ、スズメダイいろいろ、穴の中に巨大ゴシキエビ
・-12m白い砂地、サンゴの根、生け垣状のファイヤーコーラル、間にクロヘリアトヒキテンジクダイ(すぐに逃げる)
・クロヘリイトヒキベラ、キンギョハナダイ、スズメダイたくさん

「阿真沖」カメ祭り
・白い砂地に若いサンゴ点々、タテヒダイボウミウシ
・-12m中層にカスミアジ×2、岩かげにモンハナシャコ
・-18m岩場の根ににアオウミガメ×2、一匹は逃げる、一匹はお昼寝中
・ヨスジフエダイ群れ、緑のレーザーで挙動不審、岩かげにクレナイニセスズメ
・-22m砂地にアオウミガメのち逃げる
・-16m砂地にハナミドリガイ
・-5m砂地に若いサンゴたくさん、サンゴの根にタイマイ、食事中
・-2m岩とサンゴの根の上にアオウミガメ、逃げて息継ぎ
・根の間にタイマイ、食事のち息継ぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/29

ダイビング・ログ 2012 Sep. 沖縄本島恩納村

【場所】 沖縄本島 恩納村 万座 (D or D) 

【日程】 2012.09.27~28

【コンディション】 
  曇り 気温 27℃ 水温27~28℃
  透明度 25m~ 良好   
  台風17号ジェラワット接近中のため波風うねりあり
  大潮が近いため時間によって流れあり

【ポイント&主な生き物】

「万座オーバーヘッドハング」 
 ・岩がちの地形、オーバーヘッドの岩が特徴
 ・アオウミガメお昼寝ポイント、大き目2匹+後からもう1匹
 ・横穴の岩陰に小さ目ホワイトチップ
 ・水面やや波立ちあり、水中は流れあり
 
「万座ドリームホール」
 ・岩の間に縦穴、真っ暗で大きなホール、横穴からドロップオフへ
 ・ホール内 リュウキュウハタンポ、アカマツカサ
 ドロップオフ カスミチョウチョウウオ、スミレナガハナダイ
          グルクン、キンギョハナダイ、アカモンガラなど
 ・岩の間からアオウミガメ、コバンザメ付き
 ・水中は流れとうねり少々あり

「なかゆくい」
 ・ポイント名は「ひとやすみ」の意味
 ・浅場は一面のユビエダハマサンゴ
 ・沖に白い砂地に点々と岩の根、漁網の漁礁?あり
 ・サンゴの周り スズメダイ、ベラの幼魚たくさん
 ・沖の砂地 卵を守るトウアカクマノミ、ヨスジフエダイの群れ
         ウミテング、ミナミホタテウミヘビ
 ・漁網の綱にオオウミウマ
 ・岩の陰にバイオレットボクサーシュリンプ

台風接近中の沖縄、石垣島に行く予定を変更して沖縄本島
島内でほぼ唯一潜れた感じの恩納村万座周辺でダイビング
少々流れがあったけど、透明度良く生き物たくさん
それにしても台風の暴風、すごかった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/04

ダイビング・ログ 2012 Jul. 加計呂麻島

Img_2831

【場所】 加計呂麻島 (Fishbone) 

【日程】 2012.07.06~07

【コンディション】 
  晴れ~やや曇り 気温 29~32℃ 水温27℃
  透明度 20m~   

【ポイント&主な生き物】

「安脚場中(アンキャバナカ)」
 ・サンゴと白砂がきれい、沖には岩の地形もあり

「ノロディ」
 ・沖の瀬に沿って岩の地形~オーバーハング、岩がちの斜面
 ・アカウミガメ、お散歩~ダッシュで逃げる
 ・スカシテンジクダイの群れ、オーバーハング内にたくさん
 ・アカククリ(成魚)群れ 13匹
 ・ハナヒゲウツボ(成魚)、大きいオニカサゴ
 ・フタホシタカノハハゼ
 ・シラヒゲアカスジエビ、ロボコンガニ

「カテツ」
 ・魚礁の間に白い砂地、サンゴの小さな根が点在
 ・サンゴ、魚礁に小さめのお魚たくさん
 ・サンゴの根の周りにケラマハナダイの群れ、小さめのナンヨウハギ

「赤崎」
 ・沖に向かって揺るやかに深くなる白い砂地
 ・砂地に生えるガーデンイール、泳ぐウミヘビ
 ・煮干しで釣れる、黒いジョーフィッシュ
 ・近づきすぎるとレギにアタックするクマノミ
 ・ヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウ
 ・ヨスジフエダイ、イットウダイの群れ
 ・エレガントヒオドシウミウシ

初上陸の加計呂間島。
ペンション来々夏(ココナツ)ハウス前のビーチから快適出航
夏の日差しの青い空、青い海。
来年も、また来ることが出来るかな。
20120706115011_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/29

ダイビング・ログ 2012 Jul. 奄美大島

【場所】 奄美大島 (ネイティブシー奄美) 

【日程】 2012.07.05

【コンディション】 
  晴れ~曇り 気温 28~31℃ 水温28~29℃
  透明度 20m~   

【ポイント&主な生き物】

「倉崎ビーチ」×2DIVE
 ・ホテル下のビーチからエントリー
 ・緩やかな砂地~深場はサンゴの根や岩場の地形もあり
 ・沖の方ではアオウミガメお散歩中

 キイロサンゴハゼ アカテンコバンハゼ
 頭に*アスタリスク模様、泣きぼくろのあるハナビラクマノミ
 ハナヒゲウツボ(成魚)
 大きいイラ
 サンゴの枝の中にミスジリュウキュウスズメダイ、ソラスズメ他幼魚
 サンゴの上にメガネゴンベ
 ニセアカホシカクレエビ ウミウシカクレエビonナマコ
 中層から水面にかけて小さめ個体のキビナゴの群れ

上陸は20年ちょっとぶり、ダイビングは初めての奄美大島。
深みのある奄美ブルーの海、爽やかに青い空が気持ちのいい梅雨明け。
チョウチョウウオ系、ヤッコ系、ベラ系などなど生き物たくさん、楽しいビーチ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/24

ダイビング・ログ 2011 Nov. 矢井賀

【場所】 高知県中土佐町矢井賀
【日程】 2011.11.23
【コンディション】
  曇り時々雨 気温12℃ 波、風なし
  水温22℃ 透明度 8m 少しだけ、うねりあり
          
【ポイント&コメント】

「まったいら」
 四角いコンクリート魚礁が並ぶ、平らな水底のポイント
 魚礁の上にソフトコーラルが群生、色鮮やかで綺麗

「仲崎」
 岩がちの地形が面白い、サンゴも綺麗なポイント
 水深20mの小さいアーチ内に、ウミガメのお昼寝場所
 岩陰、サンゴの影に魚もいろいろ

【見た魚など】

☆ウミガメ(大きめ)

キンギョハナダイ

キンセンイシモチ コスジイシモチ オオスジイシモチ

オジサン ホウライヒメジ

チョウチョウウオ トノサマダイ

キンチャクダイ レンテンヤッコ

タカノハダイ キハッソク

ハナハゼ ダテハゼ

クマノミ クロスズメダイ ソラスズメダイ セナキルリスズメダイ

アカササノハベラ イトベラ オトメベラ ニシキベラ ヤマブキベラ 
ホンベラ ホンソメワケベラ 

ツノダシ ニザダイ ニセカンランハギ

ツマジロモンガラ カワハギ

シマウミスズメ ハリセンボン キタマクラ
ハコフグ ミナミハコフグ

イセエビの子供 イソギンチャクカクレエビ オトヒメエビ

コイボウミウシ アオウミウシ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/07

ダイビング・ログ 2011 Jul. 多良間島3

【場所】 沖縄県宮古郡多良間村

【日程】 2011.07.11

【コンディション】 
  晴れ~曇り 気温 28~31℃ 水温28~29℃
  透明度 20m 流れとともに青い澄んだ水に入れ替わり  

【ポイント&主な生き物】

「パナダイぬグー(ハナダイの根)」
 白い砂地にサンゴの密生した根がたくさん
 サンゴの種類、色とりどりにたくさん、 巨大なオオアザミサンゴも
 根の周り アカネハナゴイ、ハナゴイ、クマザサハナムロ群れ
 キンギョハナダイ、スカシテンジクダイ、キンメモドキ群れも
 根の上層、海面近くに、ウミガメ 3匹、のち追加で 2匹 =計5匹
 沖の根を回るところに、アカククリ成魚 2匹
 後半から、流れに合わせて泳ぐ群れがキラキラきれい
 エキジット時、アンカーロープのブイに、コガネシマアジの幼魚

「海人君のヨスジ」
 白い砂地に大きい根が二つ、うねりの影響でできた砂紋がきれい
 サンゴの根の周辺に小魚の群れ、たくさん
 クマザサハナムロ、キンメモドキ、スカシテンジクダイ、ヨスジフエダイ
 ハダカハオコゼ(ピンク)の着いてた根の横で、記念撮影
 ゆっくり根の間を泳ぐ間に、ノコギリダイ、ヨスジフエダイ(大)群れ
 後半、流れとともに青い水がやってきて、すごく綺麗
… 

 低気圧の影響で、場所によっては少し波、うねりがあったけど
 どのポイントも、綺麗な多良間ブルー、元気なサンゴと魚たち。
 素敵な海だった。
 またいつか、行けたらいいな。
 
☆ 
3日間のダイビング、現地でお世話になったのは
 郷土マリンサービスJAWSⅡ
ありがとうございました☆ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/24

ダイビング・ログ 2011 Jul. 多良間島2

【場所】 沖縄県宮古郡多良間村

【日程】 2011.07.10

【コンディション】 
  晴れ~曇り 気温 28~31℃
  水温28~29℃ 透明度 30~30+m 多良間ブルーがきれい
  熱帯低気圧の影響で、うねりあり  

【ポイント&主な生き物】

「ミーツぬグー(三つの根)」
 大きな岩にサンゴが群生した根が3つ、海底の白砂がきれい
 ハナゴイ、ウメイロモドキ、クマザサハナムロのキラキラの群れも綺麗
 深場の砂地に物怖じしないガーデンイール
 岩陰にハナゴンベたくさん、バックにリュウキュウヤライシシモチ
 密生したサンゴがきれいな根の前に、アカククリ成魚(大)×3
 上層を行き過ぎるイソマグロ
 岩の間を素早く動くゴマモンガラ、ゆっくり泳ぐモンガラカワハギ
 魚たちの行動が面白くて、いくら見てても飽きない

「トゥカキンドロップ」
 潮通しの良さそうなドロップオフの地形
 中層にアカモンガラ、ゆるめの群れでたくさん
 根の周り~中層にアカネハナゴイ、ウメイロモドキ、クマザサハナムロ
 岩の隙間にノコギリダイ群れ、岩陰にサザナミヤッコ(大)
 遠目にカスミアジ、悠々と遠ざかる
 岩の間に小さいウミガメ、泳いで逃げる右後ろ足が動いてない?
 サンゴ周辺にヤッコの仲間、スズメダイ、ベラたくさん
 岩の周辺はブダイの仲間たくさん
 こちらも生き物たくさん、サンゴも綺麗、見るものが尽きない
   
「癒しの根」
 (低気圧の影響か波と風あり、移動中と水面は癒されない感じ)
 白い砂地、ポツリポツリとサンゴの根、キラキラと群れる小魚
 透明度が良く、白い砂地と青い海が融け合って遠く消えていく
 サンゴの根に、スカシテンジクダイ、キンメモドキ、キンギョハナダイ群れ
 つかず離れず中層に、アマミスズメダイ、キホシスズメダイ、キビナゴ
 根の間の谷状地形、リュウキュウイソバナが綺麗
 ベラ、ヤッコ、チョウチョウウオも、大小、種類たくさん
 砂地にゆらゆら葉っぱの振りで、ホシテンスの幼魚
 波とうねりはあったけど、名前の通り、癒しの水中風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/18

ダイビング・ログ 2011 Jul. 多良間島1

【場所】 沖縄県宮古郡多良間村

【日程】 2011.07.09

【コンディション】 
  晴れ~曇り 気温 28~31℃
  水温28~29℃ 透明度 20~25m
  熱帯低気圧の影響で、波、うねりあり  

【ポイント&主な生き物】

 「ディープブルー」
   ドロップオフ、きれいなブルーの海、群れる魚がキラキラきれい
   カスミチョウチョウウオ、アカネハナゴイ、ハナゴイ、タカサゴ類
     
 「パナリグー(離れ根)」
   大きな岩の根にサンゴが群生、どれも元気できれい
   沖の離れ根に、スカシテンジクダイ、キンメモドキがキラキラ
   サンゴの間に、チョウチョウウオ、ススメダイの幼魚たくさん
   根の周り~中層に群れる、クマザサハナムロ、ウメイロモドキ、ハナゴイ
   ベラ類、ハギ類も岩場周辺にたくさん
   遠目に泳ぐ、イソマグロ

多良間島、今更ながらログ第1日目。
熱帯低気圧が真上に発生。
移動も危ぶまれたけど、無事の多良間島上陸。
多良間ブルーの海と白い砂、生き生きしたサンゴに魚たち。
何とも言えず、幸せな海。
続きは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/19

ダイビング・ログ 2011 Jun. 柏島

【場所】 高知県大月町柏島

【日程】 2011.06.12

【コンディション】 
  曇り~雨 気温 26℃
  水温23℃ 透明度 15~20m

【ポイント&主な生き物】

 「後の浜3番」
   キビナゴ(小さめ個体)の群れ(20,000匹以上)
   -24m ゴルゴニアンシュリンプ、ハナヒゲウツボ(幼魚)
   アンカー元浅場 オランウータンクラブ(ミナミクモガニ)
             タコ、卵を守るクマノミ 
   岩の周り コケギンポの仲間(黄色、濃い赤×緑の模様)
 
 「サークルK」
   鉄枠周辺 アマミスズメダイ(幼魚)、卵を守るコガネスズメダイ 
   イソギンチャクに隠れるヒメイソギンチャクエビ
   人なつこいコブダイ(大)
   ホヤの中にカクレエビがいたらしい

梅雨の合間に、久しぶりの海。
波も風もなく、水中のコンディションも良好。
やっぱり、柏島は楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/23

ダイビング・ログ 2010 Aug. 柏島

【場所】 高知県大月町柏島

【日程】 2010.08.21

【コンディション】 
  晴~曇り 気温 30~32℃
  水温28~29℃ 透明度 10~20m

【ポイント&主な生き物】

 「民家下北」
  ブイのロープ アミメハギ幼魚 カワハギ幼魚 ニジギンポ
  中層 キビナゴ(小型)群れ カンパチ(若魚) タテジマヤッコ
  岩上 ニラミギンポ(黒×黄色) ヘビギンポ イシヨウジ
  岩陰 オトヒメエビ サビウツボ セナキルリスズメダイ
  鉄枠周辺 ハナミノカサゴ 隠れるカモハラギンポ
  カイメン上 サクラコシオリエビ(ピンクスクワットロブスター)
  イソバナ内 オルトマンワラエビ(2個体)

 「後の浜3.5番」
  中層 タイワンカマス群れ(約150匹) キビナゴ群れ(10,000匹以上)
     アカヒメジ群れ(約70匹) イッテンフエダイ(小さい群れ)
     メジナ(たくさん) コガネスズメダイ(まばらにたくさん)
  根の周辺 キンギョハナダイ、ソラスズメの群れ
       クロホシイシモチ(+テンジクダイ系)幼魚の群れ
       ↑を狙うミナミアカエソ ヘラヤガラ
       攻撃的なミツボシクロスズメダイ クマノミ
       ピカソなヤマブキベラ コガシラベラ ギチベラ
       サンゴに群れるフタスジリュウキュウスズメダイ
  岩陰 ウツボ トラウツボ サビウツボ 大きいユカタハタ
     ミナミハコフグ(幼魚) アジアコショウダイ幼魚
     大きめツユベラ幼魚
  水底 オニカサゴ(大小2匹、大が小を追いかける)
     トラギスの争い ヨメヒメジ(大) ハゼのいないテッポウエビ
  イソギンチャク内 アカホシカクレエビ イソギンチャクモエビ
           極小クマノミ幼魚

夏らしい、いい天気。波、風ともなし。
透明度も良好、水底はやや水温低め。

中層のキビナゴ、大きい個体と小さい個体がそれぞれに大群。
小さい群れで約3,000匹、流れてくる大群は軽く10,000匹以上。

後浜3.5番の根の回りに、キンギョハナダイ&ソラスズメ乱舞。
その回りに、クロホシイシモチ幼魚の大群。
ダイビングを始めた頃のキンギョ根が、帰ってきてたような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧